*

牡蠣エキスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 健康食品・サプリ

http://kenko.karada555.info/wp-content/uploads/2015/09/oyster.jpg
こちらでは、牡蠣エキスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。
牡蠣エキスの効果・効能や特徴・摂り方を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。
【健康食品を健全に摂る為の注意事項】
・食品やサプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・含有成分と薬の相互作用と言うものがあります。含有成分との組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。
薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 牡蠣エキス

牡蠣エキスの概要

最近はやりの牡蠣エキス。
どのようなもので、どういったしくみではやっているのかみてみましょう。

牡蠣エキスに含まれる「タウリン」

牡蠣エキスにはタウリンという物質がたくさん含まれています。
タウリンは、胆汁酸の分泌を進め、肝臓のはたらきを強くする効果を持ちます。
また、肝臓の細胞を再生させる効果も大きく、解毒作用も強いです。

タウリンのはたらき

タウリンは、血液の中の毒素や活性酸素や活性水素、つまり「悪いもの」を退治して、血液をさらさらにしてくれるはたらきがあります。
血液がさらさらになることで、血の巡りがよくなり、新陳代謝も活発になり、からだの免疫力も高くなります。
またタウリンは一言でいうと肝臓によいものなので、脂肪肝の予防の効果も期待できます。
脂肪肝とは、肝臓を脂肪が取り巻いた状態、つまり、肝臓が肥満していることです。
脂肪肝になると、動脈硬化などを引き起こしやすくなります。
しかしタウリンが肝臓に入ると中性脂肪は取り除かれ、取り除かれた中性脂肪をからだの外に尿として排出する役割もしています。
さらにタウリンには、インスリンの分泌を促す効果もあると言われています。
インスリンの分泌は糖尿病と深く関わっているので、糖尿病の予防にも効果があるのです。

グリコーゲンも含まれている

牡蠣エキスには「グリコーゲン」という物質も含まれています。
グリコーゲンは、そのほとんどがエネルギーに変わりやすいという性質を持っています。
ですから、グリコーゲンを摂ることで疲労回復に効果があり、グリコーゲンもまたタウリンと同じように、肝臓のはたらきを補助します。
グリコーゲンは普段は肝臓や骨格筋などにたくわえられていて、激しい運動をするときのエネルギー源になります。
また、タウリンと同様に、血糖値を維持するはたらきも持っています。
牡蠣エキスには主にタウリンやグリコーゲンが含まれています。
タウリンもグリコーゲンもともに、肝臓のはたらきをよくする効果があります。

牡蠣エキスの成分や栄養素と、期待できる効果

牡蠣エキスの成分や栄養素と、それらによって期待できる効果をみていきます。

タウリンの効果

タウリンの基本的な効果は、胆汁酸の分泌をよくし、肝臓のはたらきをよくすることです。
さらに肝細胞を再生させたり、毒素を分解する効果もあります。
いずれにしても肝臓によいということですね。
タウリンが肝臓にかかわるいちばん大きな効果として、脂肪肝の予防があげられます。
脂肪肝とは、肝臓のまわりに脂肪がまとわりついた状態で、そうなると動脈硬化が起きやすくなったりします。
タウリンは肝臓のなかで中性脂肪を取り除くはたらきをするので、脂肪肝の予防に有効なのです。
また糖尿病と関わりの深いインスリンの分泌を促すので、糖尿病にも効果があります。

グリコーゲンの効果

グリコーゲンとは、牡蠣に含まれる炭水化物の一種です。
魚介類に炭水化物が含まれるのは珍しいことですが、牡蠣にはグリコーゲンが大量に含まれているのです。
炭水化物のなかでも特にグリコーゲンは、エネルギーに変わりやすいという特徴を持っています。
グリコーゲンからできたエネルギーはふだんは肝臓や骨格筋などに含まれていますが、激しい運動をするときにこのエネルギーがつかわれます。
またグリコーゲンには、タウリンと同じ様にインスリンの分泌を促す効果もあります。
ですからグリコーゲンも糖尿病にも効果があるといえます。

亜鉛や銅などのミネラルの効果

牡蠣にはまた、ほかの貝と同様、亜鉛や銅などのミネラルをたくさん含んでいます。
亜鉛は、新しい細胞ができるときに必要とされるミネラルで、亜鉛が足りなくなると細胞の成長が妨げられてしまいます。
また亜鉛が不足すると、味覚や嗅覚がよわくなることもあるそうなので、人が生きていくうえで欠かせないミネラルのひとつといえるでしょう。
一方で銅は、鉄から赤血球をつくるのを助ける栄養素です。
赤血球にはベモグロビンという、鉄を成分とした赤い色素があります。
銅は、鉄がこのヘモグロビンをつくるために必要なところへ運んでいく働きをしています。
このため、からだのなかで銅が少なければ、赤血球がうまくつくれず、貧血になってしまうのです。
牡蠣エキスには、タウリンやグリコーゲンは肝臓のはたらきを助け、細胞を成長させる亜鉛や、貧血を予防する銅がたくさん含まれています。

牡蠣エキスの一般的な摂り方

牡蠣エキスにはどんな摂り方があるのかをみていきます。

おてごろなサプリメントや錠剤

牡蠣エキスを摂るには、やはり今はやりのサプリメントが多いようです。
種類もたくさんあります。
宣伝文句としては「疲れやすく、老化を感じる人に」「血圧が高い人に」「お酒を飲むことが多い人に」「かぜをひきやすくなった人に「お肌に透明感がなくなった人に」ということばが並んでいます。
人間が自分のからだではつくりだすことのできないミネラル、特に亜鉛を含んでいることを強調しているものが多いです。
またタウリンのはたらきで肝機能を向上させ、インスリンの分泌を促進して糖尿病を予防するといったはたらきを勧めているものもあります。

「牡蠣そのもの」を食べる

もちろん牡蠣そのものを食べることが、牡蠣エキスを摂るためにはいちばん手っ取り早いです。
食べかたとしては、加熱してもいいですし生食でもかまいません。
牡蠣には細菌やウイルスがいる場合があるので、できれば加熱して細菌やウイルスを除去して食べるほうがよさそうです。
しかし天然の牡蠣は、食べられる季節が決まっています。
旬は秋から1月ごろだといわれています。
牡蠣は9月ごろに産卵を終え、それからあとの時期は、次の産卵のために栄養素をからだのなかに蓄えていきます。
次の産卵が始まるのが5月ごろなので、それまでの期間の牡蠣に、牡蠣エキスもたくさん含まれているということになります。

牡蠣エキス+オルニチン

牡蠣エキスとシジミに含まれる成分のオルニチンとをまとめた商品がたくさん市販されているようです。
この2つを合せることでどんな効果が得られるのでしょうか。
まず牡蠣エキスには、基本的に肝機能を高めるはたらきだあります。
次にシジミ含まれるオルニチンとは、からだのなかではタンパク質をつくらない「遊離アミノ酸」に分類されます。
そのためほかのアミノ酸に比べて、食べものから摂ることが難しいアミノ酸ということになります。
さらにシジミには、ビタミンB12がたくさん含まれています。
ビタミンB12には、貧血を予防する作用があります。
またシジミには牡蠣と同じように、カルシウム、亜鉛、銅などのミネラルや、肝臓のはたらきをよくするタウリンも多く含まれています。
つまり、ますます肝臓によいということですね。
牡蠣の摂り方にはサプリメントや牡蠣そのものを食べるといった方法があります。
牡蠣とシジミ(オルニチン)をいっしょに摂ることで、より肝臓のはたらきをよくすることができます。

牡蠣エキスの注意点

基本的には肝機能をよくするはたらきをもつといわれる牡蠣エキス。
副作用はあるのでしょうか。

亜鉛の摂りすぎによる銅欠乏性貧血

亜鉛はほかのミネラルに比べて毒素が低いといわれていますし、摂りすぎると尿としてからだの外に出ていってしまう性質も持っています。
それでもあまりに長い期間にわたってたくさんの亜鉛を摂ってしまうと、からだの外に排出しきれなくなって、副作用が現れます。
そのひとつに銅欠乏性貧血という症状が起きるといわれています。
これは腸での銅の吸収をじゃまするはたらきをしてしまうためだそうです。
牡蠣エキスを含んだ商品の中には、健康をサポートする目的を強調するために亜鉛を多く含ませたものもあるようです。
しかしこれも指示書どおりに摂取していれば問題はないとは思いますが、亜鉛の摂りすぎには注意してください。
また亜鉛のとりすぎは腎臓障害も引き起こすといわれていますので、長期間にわたる過剰摂取はひかえましょう。

牡蠣そのもをから牡蠣エキスを摂る場合

牡蠣にはよく知られているように、毒素を含む時期があります。
毒素をもった牡蠣を食べてしまうと、食中毒を起こしてしまいます。
ここで説明するまでもないと思いますが、加熱した牡蠣でも牡蠣がにがてなかたは食中毒を起こします。
ご自身の体質を知った上でお召し上がりください。
牡蠣ににがてなかたで、牡蠣エキスを摂りたいと思われたかたは、サプリメントで摂ることをお勧めします。

お腹が痛くなるかもしれない

牡蠣エキスには代謝をよくするはたらきもあります。
「代謝」には腸のはたらきをよくするということも含まれているので、牡蠣エキスを摂りはじめる前まで便秘で悩んでいたかたは、牡蠣エキスを摂りはじめると、急に腹痛を覚えることがあるかもしれません。
しかしこれは「副作用」と呼べるほどの悪いものではありません。
このときに起きる腹痛は、それまでに動いていなかった腸がはたらきはじめた証拠です。
しばらくがまんしているうちにお通じもよくなってくるかもしれません。
亜鉛を長期にわたって過剰摂取することは危険です。
また、牡蠣を食べることによる食中毒にも気をつけましょう。
牡蠣エキスを摂りはじめて腹痛を覚えても、腸がはたらきはじめた証拠なので気にすることはなさそうです。
つまり牡蠣エキスにはほとんど副作用がないのです。

牡蠣エキスのよい点、悪い点

牡蠣エキスのよい点と悪い点とをみてみましょう。

牡蠣エキスのよい点

牡蠣エキスに含まれるタウリンやグリコーゲンはいずれも肝臓のはたらきをよくします。
中でもグリコーゲンはエネルギーを蓄えるはたらきもしています。
グリコーゲンは、激しい運動をするときにつかわれたり、お腹が空いているときの血糖値を調整するはたらきをするので、糖尿病の予防に役立ちます。
タウリンには血圧を下げるはたらきがあります。
タウリンはそのほかに、肝細胞の再生を促したり、目の新陳代謝を促進したり、ストレスを減らし、貧血を予防したりするといったはたらきがあります。
亜鉛には、免疫機能を高め皮膚組織を回復するはたらきや、味覚をよくするはたらきがあります。
アスパラギン酸にはからだを疲れにくくし、さらに疲労を回復するはたらきがあります。
グリシンは睡眠の質をよくしたり、関節の炎症をおさえたりするはたらきがあります。
そして、貧血のもっとも多い原因とされる鉄も含まれているので、鉄欠乏性貧血といわれているかたにはとても効果的です。
カルシウムも含まれていて骨を丈夫にし、骨粗鬆症の予防になります。
タウリンは精子を増やすはたらきを持ち、葉酸には妊娠や、妊娠を予定している人に必要とされる酵素を含んでいるので、不妊の治療にもおおいに役立ちそうです。

牡蠣エキスの悪い点

牡蠣エキスに含まれている亜鉛が、副作用を引き起こすことがあるといわれています。
これは亜鉛が、腸で銅を吸収するのを妨げるため、銅欠乏性貧血になることがあるからです。
しかしこれはよほど長期間にわたって過剰に亜鉛を摂った場合に限っていえることです。
あとは、牡蠣そのものを食べたとき、食中毒になるおそれがあるということ。
また牡蠣エキスには腸のはたらきをよくする効果もあるので、それまで便秘がちだったかたが摂りはじめると、お腹が痛くなったりすることがあるそうです。
しかしこれも副作用といえるほど悪いものではありません。
牡蠣エキスにはたくさんのよい栄養素が含まれています。
過剰摂取をつづけない限り、めったに副作用があらわれることはなさそうです。

牡蠣エキスを摂った人の口コミ、感想(よい点)

からだによいたくさんの栄養素を含んだ牡蠣エキス。
実際に摂った人たちの良い口コミをみてみます。

疲れにくくなった

もともと「最近疲れが取れにくくなったなと」感じていたかたの口コミです。
「朝も起きるのがらくになり、夕方になっても疲れを感じなくなった」と書いてありました。
エネルギーの源グリコーゲンの効果でしょうか。

10年以上ものリピーターさんの口コミ

このかたはもともと肝臓が弱くお酒もほとんど飲めなかったそうです。
肝臓の疲れが原因で肌にしみができたりもしていたそうです。
しかし牡蠣エキスと摂りはじめてからは、まずすぐに元気になりしみが消えた、といいます。
肌はいっそうくすみがなくなりきれいになり、目の下のくまもうすくなり、保湿の役割もするようで、肌がしっとりとしてきたそうです。
全身の疲れを感じることも少なくなったうえに、それまでほとんど飲めなかったお酒も、たまに少しなら飲めるようになったそうです。
タウリンなどの成分が、肝機能を改善させたのでしょう。
このかたは「手放せません」と書いて口コミを終わっています。

飲んだ日の翌朝の顔が違う

よくお酒を飲まれるらしいかたからの口コミです。
「飲んだ次の朝、顔がまったくむくんでいない」のだそうです。
しかも疲れがまったく残っておらず、寝起きもすっきりしていて二日酔いの感じがぜんぜんしないそうです。
これもまたタウリンなどが肝機能を強めてくれているのでしょう。

からだが軽くなる

このかたは疲れやすく、疲れが取れにくくて困っていたかたです。
牡蠣エキスの入ったサプリメントを摂りはじめてすぐ、からだが軽くなったように感じたそうです。
またこのかたは食生活も乱れがちだったそうですが、牡蠣エキスにはたくさんの栄養分が含まれているので、栄養面にも安心ができて、一石二鳥だと喜んでいます。
牡蠣エキスの入ったサプリメントなどを摂ったかたがいちばん強く感じていることは、肝機能の改善のようです。
肝臓が弱くなり、肝機能を改善することで美肌効果も得られるとはすごいですね。

飲めなくなっていたお酒を、また飲めるようになった

このかたは、もともとたくさんのお酒を飲んでいたようです。
それがある時期を境にお酒が飲めなくなっていたそうです。
しかし牡蠣エキスを摂るようになると、またお酒が飲めるようになって大喜びしています。
このかたはこの牡蠣エキスのリピーターさんなのだそうです。
やはり肝臓へのはたらきが大きいようですね。

「チャンポン」も平気、腸も良好

1年以上摂っているかたの口コミです。
それまではお酒を飲んだ翌日は、気分がどんよりしたりからだがシャキっとしなかったりしていたそうですが、摂りはじめてからは、飲んだ翌朝がとてもすっきりしているそうです。
しかも、いろんなお酒を合せて飲む、いわゆる「チャンポン」をしても翌日に残らないというのです。
おまけにこのかたは、このサプリメントを摂りはじめてから、腸の調子もよくなって、このサプリメントをとても重宝しているということです。

女性の更年期障害と不妊への効果

このかたは不妊に、このかたのお母さまは更年期障害にそれぞれ悩んでおられたようです。
不妊のかたはほうはまだ結果は出ていないそうですが、お母さまは顔がほってったりすることがなくなったそうで、とても喜んでいらっしゃるそうです。
牡蠣エキスに含まれる葉酸には不妊を改善する効果があり、タウリンには精子を増やす効果があると言われていますので、ご夫婦2人で摂られたらより早く結果がでるかもしれません。
また別のかたは、つわりがらくになったと書かれていました。

疲れ目対策、花粉症対策、夏バテ対策

「目の疲れがらくになった」とか「花粉症がなおったようだ」とか、「夏の終わりに夏の疲れが出たときに飲むと、元気になった」という口コミがいくつもありました。
たくさんの栄養素を含んでいる牡蠣エキス。
期待した以外の効果も得られるかもしれません。

牡蠣エキスとうつ病との関係

牡蠣エキスにはうつ病を改善するはたらきも含まれているそうです。
現代社会に多くみられるようになってきたうつ病、うつ症状。
ここではうつ病との関係について紹介してみます。

亜鉛とアセン

「うつ病の人には亜鉛とアセンが足りていない」と、このかたは知人に言われたそうです。
亜鉛とアセンの両方を一緒に摂ることができるのは、牡蠣エキスだと知り、このかたは試しに1か月摂りはじめたそうです。
すると1週間目くらいで、まずはすぐに眠れるようになったそうです。
とはいえこのかたの場合は、「睡眠薬を飲んですぐに」という意味です。
それまではお薬を飲んでも数時間は眠れなかったそうです。
すぐに眠れるようになっただけではなく、睡眠の質もよくなった、つまり熟睡をできるようになったそうです。
しだいにおふとんに入っただけですぐに眠れるようになり、眠りが改善されたせいか、牡蠣エキスに含まれるほかの成分の影響でエネルギーがたまったのかはわかりませんが、とにかく日中に元気が出るようになったそうです。

タウリンとグリコーゲンの効果か

「内因性うつ病の患者に牡蠣エキスを使ったところ、改善がみられた」という報告があるそうです。
「内因性うつ病」というのは、うつ状態になる原因がよくわからないため、現在のところ治療が難しい病気だとされているそうです。
この報告では、牡蠣エキスでうつ病が改善したのは、タウリンとグリコーゲンの影響ではないかと書いています。
タウリンには、脳下垂体ホルモンの分泌を促進する作用があるので、神経系のトラブルを改善する効果が期待されます。
一方でグリコーゲンは、いくつものブドウ糖の集合体です。
ということは、脳のはたらきを活性化するのに欠かせないエネルギーの源なのです。
牡蠣エキスにはグリコーゲンがたっぷりと含まれているので、うつ病にも効果があったのではないかと考えられています。
牡蠣エキスには、一般的にうつ病の人に足りていないといわれている亜鉛とアセンを含むため、不眠の解消や体力の回復に効果がありそうです。
またタウリンが脳下垂体を刺激し神経系のトラブルを改善するうえに、グリコーゲンが脳のはたらきを活性化させるので、うつ症状の改善が期待されそうです。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → 牡蠣エキス

関連記事

【フジッコ】カスピ海ヨーグルトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

自分で作れる!【フジッコ】カスピ海ヨーグルト ここ最近、あらためてヨーグルトの優れた効果が注目

記事を読む

フィチン酸の効果・効能・特徴・含まれる食品

これまでフィチン酸という成分は私たちの体内でミネラルの吸収を妨げるなどマイナス面が多いとされる成

記事を読む

カカオポリフェノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

「カカオポリフェノール」はポリフェノールの一種なのですが、その名の通りカカオに含まれている成分で

記事を読む

LS1・K12乳酸菌の効果・効能・特徴

乳酸菌といえば、腸内というイメージが強いと思いますが、最近では腸だけでなく口腔内衛生、つまりお口

記事を読む

カルノシンの効果・効能・特徴・含まれる食品

活性酸素には主要な4種類が存在するのですが、「カルノシン」にはその中の水酸化ラジカル、塩素系ラジ

記事を読む

やずやの「雪待にんにく卵黄」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやの雪待にんにく卵黄とは? やずやの雪侍にんにく卵黄とは、1997年3月に発売した株式会社

記事を読む

ラブレ菌の効果・効能・特徴

ラブレ菌という名前をCMなどで耳にしたという方も多いのではないでしょうか。 どことなく可愛

記事を読む

マカの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、マカという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 マカの効

記事を読む

ブルーベリーの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、ブルーベリーという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

やずやの「プルーンぷる~んコラーゲン」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは? やずやのプルーンぷる~んコラーゲンとは、プルーン果汁

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノ

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつ

舌がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

舌がん(ぜつがん)とは口腔(こうくう)がんの一種です。 口腔がんと一口にいっても

陰のう水腫を詳細に:原因,症状,検査,治療など

陰のう水腫とは? 陰のう水腫(いんのうすいしゅ)とは、左右の精巣(睾丸)が格

メタボリックシンドロームを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に伴う

→もっと見る

PAGE TOP ↑