*

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 DHA・EPA


魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。
ある調査では魚とn-3不飽和脂肪酸摂取量、そして肝がんとの関係性について調べられています。
その調査では、男女9万人のなかで11年の追跡調査が行われ、398人が肝がんの診断を受けています。
調査によって算出されたn-3不飽和脂肪酸と各自の不飽和脂肪酸摂取量を比べ、5つのグループに分類されています。
そして、1番少ないグループと、ほかのグループの肝がんリスクを調査しています。

その結果、n-3不飽和脂肪酸が豊富な魚、そしてEPA, DPA, DHAなどのさまざまな有効成分が含まれるn-3不飽和脂肪酸をたくさん摂取しているグループのほうが、肝がんの発症リスクが低いということが判明したのです。
くわしい数値は表をご確認ください。

肝がんのほとんどはB型やC型肝炎ウイルスの感染者から発症します。
そのため、肝炎ウイルスで陽性だった人を対象に調べたところ、結果はそれほど大きく変わりませんでした。
特にC型肝炎ウイルスが陽性だった人に限定すると、n-3不飽和脂肪酸摂取量が多いほど肝がんのリスクが低下することがわかったのです。
数値については表をご覧ください。

n-3不飽和脂肪酸には抗炎症作用をもつことがわかっています。肝がんの大半はB型・C型肝炎ウイルスによって起こる慢性肝炎を発症してから起こるので、n-3不飽和脂肪酸は慢性肝炎への抗炎症作用によって発症を抑制している可能性があります。
n-3不飽和脂肪酸はインスリン抵抗性を緩和する働きがあることもわかっています。
最近はたくさんの疫学研究で肥満や糖尿病によって肝がんになりやすくなることが知られています。
そのため、インスリン抵抗性は肝がんのリスクに直結すると推定されています。
肝がんのリスクが低下するのは、抗炎症作用だけでなく、n-3不飽和脂肪酸によるインスリン抵抗性の緩和も理由に含まれていることが示唆されています。

関連記事

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

魚には水銀が含まれている?

魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。 しか

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑