*

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 DHA・EPA


魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。
ある調査では魚とn-3不飽和脂肪酸摂取量、そして肝がんとの関係性について調べられています。
その調査では、男女9万人のなかで11年の追跡調査が行われ、398人が肝がんの診断を受けています。
調査によって算出されたn-3不飽和脂肪酸と各自の不飽和脂肪酸摂取量を比べ、5つのグループに分類されています。
そして、1番少ないグループと、ほかのグループの肝がんリスクを調査しています。

その結果、n-3不飽和脂肪酸が豊富な魚、そしてEPA, DPA, DHAなどのさまざまな有効成分が含まれるn-3不飽和脂肪酸をたくさん摂取しているグループのほうが、肝がんの発症リスクが低いということが判明したのです。
くわしい数値は表をご確認ください。

肝がんのほとんどはB型やC型肝炎ウイルスの感染者から発症します。
そのため、肝炎ウイルスで陽性だった人を対象に調べたところ、結果はそれほど大きく変わりませんでした。
特にC型肝炎ウイルスが陽性だった人に限定すると、n-3不飽和脂肪酸摂取量が多いほど肝がんのリスクが低下することがわかったのです。
数値については表をご覧ください。

n-3不飽和脂肪酸には抗炎症作用をもつことがわかっています。肝がんの大半はB型・C型肝炎ウイルスによって起こる慢性肝炎を発症してから起こるので、n-3不飽和脂肪酸は慢性肝炎への抗炎症作用によって発症を抑制している可能性があります。
n-3不飽和脂肪酸はインスリン抵抗性を緩和する働きがあることもわかっています。
最近はたくさんの疫学研究で肥満や糖尿病によって肝がんになりやすくなることが知られています。
そのため、インスリン抵抗性は肝がんのリスクに直結すると推定されています。
肝がんのリスクが低下するのは、抗炎症作用だけでなく、n-3不飽和脂肪酸によるインスリン抵抗性の緩和も理由に含まれていることが示唆されています。

関連記事

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑