*

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

公開日: : 最終更新日:2016/09/13 DHA・EPA


虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。
狭心症や心筋梗塞などの病気はすべて虚血性心疾患と呼ばれます。
心臓の筋肉に血液を届けて酸素と栄養素を行き渡らせる冠動脈が、動脈硬化や血管けいれんの影響を受けて、血液の循環が悪化することがあります。
その結果、心臓は酸欠を起こし、胸痛などの症状があらわれます。

近年行われた研究にこの虚血性心疾患発症のリスクと魚・n-3脂肪酸摂取の関係性を調査したものがあります。
この調査では成人男女に向けて食事内容を調べ、魚とn-3系脂肪酸をどの程度摂取しているかを明らかにしました。
そして、摂取量のちがいと虚血性心疾患リスクを比較し、その関係性についてデータをまとめたのです。

調査では258人の虚血性心疾患が確認されたため、魚の摂取量によって分類した5つのグループ間で比較しました。
肥満や喫煙、男性、高齢など危険因子となる要素はそういった影響を除外してから魚との関係性について検討しています。
その結果、摂取量がもっとも少ないグループよりも、そのほかのグループはリスクが低下し、摂取量が1番多いグループは40パーセント低下していることがわかりました(表を参照)。
すべての虚血性心疾患のなかで、確かな診断が可能な心筋梗塞に限定すると、リスクの低下がよりわかりやすくなります。

魚に多く含まれるn-3脂肪酸には血小板凝集能の阻害、血液をさらさらにする作用があります。
これが魚を摂取することで虚血性心疾患を予防できる理由のひとつと言われています。
そういった仮定のもと、追加調査として虚血性心疾患のリスクをEPAとDHAの摂取量ごとに5つのグループに分類して比較しています。
その調査で摂取量が1番多いグループの虚血性心疾患の危険性は、1番少ないグループと比べておよそ40%少ないことが明らかとなりました。
また、心筋梗塞に限定した場合、魚と同じように1番多いグループでは60%ほど、ほかのグループでも40%程度低いという結果が得られました。

関連記事

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

核黄疸の原因・症状・治療・予防

約80%のの新生児には、誕生した当初、皮膚が黄色くなる新生児黄疸(しんせいじおうだん)

偽痛風の原因・症状・治療・予防

偽痛風(ぎつうふう)には痛風という言葉が含まれているため、同じような病気のように思える

難治性下痢症の原因・症状・治療・予防

難治性下痢症とは「なんちせいげりしょう」と読み、主に生まれて間もない子どもに起こる症状

舌炎の原因・症状・治療・予防

舌炎(ぜつえん)と聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、わかりやすく言えば「舌に口内炎ができ

子宮がんの原因・症状・治療・予防

子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担っています。 子宮がん

→もっと見る

PAGE TOP ↑