*

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

公開日: : 最終更新日:2016/09/13 DHA・EPA


虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。
狭心症や心筋梗塞などの病気はすべて虚血性心疾患と呼ばれます。
心臓の筋肉に血液を届けて酸素と栄養素を行き渡らせる冠動脈が、動脈硬化や血管けいれんの影響を受けて、血液の循環が悪化することがあります。
その結果、心臓は酸欠を起こし、胸痛などの症状があらわれます。

近年行われた研究にこの虚血性心疾患発症のリスクと魚・n-3脂肪酸摂取の関係性を調査したものがあります。
この調査では成人男女に向けて食事内容を調べ、魚とn-3系脂肪酸をどの程度摂取しているかを明らかにしました。
そして、摂取量のちがいと虚血性心疾患リスクを比較し、その関係性についてデータをまとめたのです。

調査では258人の虚血性心疾患が確認されたため、魚の摂取量によって分類した5つのグループ間で比較しました。
肥満や喫煙、男性、高齢など危険因子となる要素はそういった影響を除外してから魚との関係性について検討しています。
その結果、摂取量がもっとも少ないグループよりも、そのほかのグループはリスクが低下し、摂取量が1番多いグループは40パーセント低下していることがわかりました(表を参照)。
すべての虚血性心疾患のなかで、確かな診断が可能な心筋梗塞に限定すると、リスクの低下がよりわかりやすくなります。

魚に多く含まれるn-3脂肪酸には血小板凝集能の阻害、血液をさらさらにする作用があります。
これが魚を摂取することで虚血性心疾患を予防できる理由のひとつと言われています。
そういった仮定のもと、追加調査として虚血性心疾患のリスクをEPAとDHAの摂取量ごとに5つのグループに分類して比較しています。
その調査で摂取量が1番多いグループの虚血性心疾患の危険性は、1番少ないグループと比べておよそ40%少ないことが明らかとなりました。
また、心筋梗塞に限定した場合、魚と同じように1番多いグループでは60%ほど、ほかのグループでも40%程度低いという結果が得られました。

関連記事

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

魚には水銀が含まれている?

魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。 しか

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

DHA・EPAサプリを摂ったからといって知能が高くなる確証は無いらしい?

一時期、DHAの摂取をつづけると、知能が高くなるという話が出回りましたが、これは本当のことなので

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑