*

DHA・EPAサプリ、乳児の脳の発達には有効な報告も有る

公開日: : 最終更新日:2016/08/29 DHA・EPA


DHAは摂取しても知能が高くなるという確証があるわけではありません。
しかし、授乳中の女性がDHAを意識的に摂ることで、乳児にいい影響を及ぼすということは言われています。

DHAが体のなかで特に多く存在しているのが、脳内です。
脳の発達にはDHAは重要な役割を果たすと言われており、妊娠20週くらいから胎児の脳のDHAは増加して、生まれてからも増えていきます。
この期間にDHAを十分に補給することは非常に大切だと言われています。
DHAの供給は当然ながら母親で、お腹にいる胎児は胎盤から、出産後は母乳からDHAを取り入れます。
特に母乳に含まれるDHAは赤ちゃんに伝わりやすいため、赤ちゃんの脳の発達を促進する働きが期待できます。

授乳中、妊娠中の母親は赤ちゃんのためにDHAを摂取することが望ましいですが、一部の魚は水銀などの有害物質を含むため食べ過ぎには注意しなければいけません。
有害物質を多く取り込んでしまうと、お腹の赤ちゃんにもなんらかの悪影響が及ぼされる場合があります。
心配な場合はサプリメントを利用するなど、摂取の仕方を工夫するといいでしょう。
サプリメントはDHAなどの有効成分のみが抽出されており、水銀は除去されている状態です。
もちろん、魚にはDHAのほかにさまざまな栄養素が含まれているため、サプリメントを利用するからといって魚をまったく食べなくていいわけではありません。
サプリメントは補助的な役割と理解して、妊娠中や授乳中はバランスの良い食生活を心がけることが大切なのです。

選ぶ粉ミルクも工夫してみることをおすすめします。
最近の粉ミルクにはDHAが含まれているものが多いですが、なかにはDHAを増量しているものもあるので、そういったものを選ぶのもいいでしょう。
粉ミルクにはほかにもさまざまな有効成分が含まれているものがあるので、DHAと合わせて必要な栄養素を効率よく摂取するといいかもしれません。

関連記事

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

DHA・EPAサプリを摂ったからといって知能が高くなる確証は無いらしい?

一時期、DHAの摂取をつづけると、知能が高くなるという話が出回りましたが、これは本当のことなので

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑