*

摂っちゃいけない人は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 DHA・EPA


DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。
サプリメントは忙しい人でも手軽に栄養摂取ができる優れものですが、たくさん飲めばいいというわけではなく、用量や用法を守ることが大切です。
摂取量などをきちんと守れば安全に利用できますが、副作用などが起こる可能性もあるので100%安全とは言い切れません。
消化器官が弱い人は、サプリメントを多く飲むと下痢や吐き気、胃もたれ、胸焼けなど消化器官に関する副作用が起こりやすいと言われています。

消化器官が弱いからといってサプリメントは飲まないほうがいいというわけではありませんが、飲む場合には体調の変化などに注意したほうがいいでしょう。
心配な場合は医師に相談することをおすすめします。

出血が止まりにくい人も、DHAやEPAのサプリメントを飲む場合に注意が必要です。
これらの成分は血液をさらさらにする作用をもちます。
血管を丈夫にする、粘度の高い血液をさらさらにするなどの健康効果が期待できますが、出血したときに血液を凝固させる血小板の働きが弱まる可能性があります。

もともと出血が止まりにくい人は、血がなかなか止まらなくなる恐れがあるので注意が必要です。
虫歯治療中で抜歯などをする予定がある人、仕事の関係で傷を負いやすいという人は、サプリメントを利用する場合は気をつけなければいけません。
心配な場合は、一定期間サプリメントの服用を控えたほうがいいでしょう。

また、一部の薬はサプリメントとの飲み合わせが悪いこともあるため、念のため医師に相談することをおすすめします。
基本的には適量を守れば、重大な健康被害が起こることはありませんが、体質やそのとき飲んでいる薬によっては多少のリスクはあるので、気をつけることが大切です。
サプリメントを飲んでいてなんらかの体調の変化があった場合は、服用は中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

関連記事

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

実は、DHA・EPAの摂取不足な日本人

日本では古くから魚を食べる習慣がありましたが、最近は魚をほとんど食べないという人が増えています。

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

DHA・EPAサプリ、乳児の脳の発達には有効な報告も有る

DHAは摂取しても知能が高くなるという確証があるわけではありません。 しかし、授乳中の女性がD

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑