*

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

公開日: : 最終更新日:2016/08/03 DHA・EPA


DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いでしょう。
人によっては魚がどうしても苦手で、食べられないという人もいるかもしれません。
そういった場合に役立つのが、DHAやEPAが配合されたサプリメントです。
最近はさまざまなメーカーから、DHAやEPAのサプリメントが販売されています。
そこで気になるのが、魚を食べるのとサプリメントを利用する場合で同じ効果が得られるのかどうかということです。

DHAとEPAの摂取については、魚から取り入れる場合も、サプリメントを利用する場合も効果は同等だと言われています。
とはいえ、魚をまったく食べずに、サプリメントだけで栄養素を摂ろうとするのはよくありません。
魚にはDHAやEPA以外にも、カルシウムやたんぱく質などのさまざまな栄養素が含まれています。
サプリメントではこういった栄養素を摂取できないため、魚を完全に排除するのは健康上よくありません。
これはDHAやEPAのサプリメントに限ったことではなく、すべての栄養素に言えることです。
サプリメントはあくまでも補助的な役割だということを理解し、普段の食事のなかで栄養バランスを整えていくことが大切です。

DHAやEPAが配合されたサプリメントは多種多様で、価格帯も1ヶ月に500円ほどのものもあれば、1万円以上するものもあります。
どれを選べばいいのかわからない場合は、目的に応じて1日の摂取量を考え、それに合ったものを選ぶといいでしょう。
サプリメントを飲む目的が健康維持であれば1日400mg程度、生活習慣病を予防したいのなら1000mgほどが摂取量の目安となります。
摂取量は当然ながらメーカーによってちがいますが、安価なものは1日の摂取目安が100mg程度と設定されていることも多いので、注意が必要です。
価格だけでなく、摂取量にも注目して自分に合ったものを選択することが大切です。

関連記事

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。 そのため、普段の食

記事を読む

摂っちゃいけない人は?

DHAやEPAはさまざまな健康効果が期待できるため、たくさんのサプリメントに配合されています。

記事を読む

実は、DHA・EPAの摂取不足な日本人

日本では古くから魚を食べる習慣がありましたが、最近は魚をほとんど食べないという人が増えています。

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑