*

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

公開日: : DHA・EPA


魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。
せっかく魚を食べるのなら、効率よく栄養素を摂取したいものです。

もっとも効率よくEPAやDHAを摂取するのなら、お刺身やお寿司がおすすめです。
有効成分が崩れることなく、無駄なく摂取することができます。
DHAの場合、1日に1~1.5g摂取するといいと言われているため、マグロの場合は4~5きれ、ブリの場合は6~7きれほどが適量です。

EPAやDHAは魚の脂身にたくさん含まれています。
煮魚にすると脂肪分が煮汁に溶け出してしまうため、魚だけ食べて煮汁を残すとEPAやDHAはあまり摂取できません。
焼き魚の場合は、脂が出ないように調理することが大切です。
照り焼きやムニエル、ソテーなどの調理法は脂が出にくいので、おすすめです。
焼きサンマの場合は半分ほど、小さなイワシを焼く場合は2尾くらいで1日に必要なEPAとDHAを摂取することができます。

避けたほうがいい調理法が、揚げ物です。
DHAは揚げ油にほとんど流れ出てしまうため、身を食べても成分をしっかり摂取することができません。
もちろん、揚げ油を食べることはできないので、魚の身だけでは不十分なのです。
揚げ物にするのなら、少し多めに魚を食べるようにするか、サプリメントなどで足りない分を補給したほうがいいでしょう。
小さな魚であれば丸ごと揚げることで、魚に含まれる栄養素を無駄なく摂取することができます。

魚の缶詰で摂取するという方法もあります。
サバの水煮缶の場合は4分の1程度、イワシの味付け缶の場合は半分ほどで1日の摂取量をとることができます。
缶詰は煮汁に成分が溶け出していることが多いので、できれば身だけでなく煮汁も一緒に飲むようにしましょう。

また、魚を食べる場合は、新鮮なものにこだわって、旬のものを選ぶようにすることが大切です。
旬の魚はしっかり脂がのっているため、EPAやDHAをたっぷり含みます。

関連記事

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑