*

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

公開日: : 最終更新日:2016/07/25 DHA・EPA


魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや本マグロ、サバ、マダイ、ブリ、サンマなどで、DHAが多く含まれるのが本マグロやマダイ、ブリ、サバ、サンマ、マイワシ、サケなどです。
本マグロのトロはEPAとDHAともにたくさんの含有量を誇っています。
ちなみに、同じ本マグロであっても赤身の場合は、それほど多く含まれません。
トロを毎日食べられればそれで問題ありませんが、トロは価格が高いので現実的ではないかもしれません。
その場合は、マイワシなど安めの価格のものを取り入れるようにするといいでしょう。

カツオはEPAやDHAが多く含まれる魚として知られていますが、秋にとれたものと春にとれたものでは含有量が異なります。
春にとれたカツオは初がつおと呼ばれ、脂はやや少なくあっさりと引き締まった味です。
秋にとれるカツオは戻りがつおと言われ、脂がしっかりのった濃厚な味わいです。
EPAやDHAは魚の油に多く含まれるため、脂が十分にのった秋のカツオのほうがたくさんの有効成分が含まれるのです。

ブリも同じで、夏にとれたものと冬にとれた寒ブリでは脂の乗り方がかなり変わってきます。
さっぱりした味わいの夏に水揚げされたブリを好む人も多いですが、EPAやDHAの含有量だけでいうと寒ブリのほうが多く摂取できます。
効率よくEPAやDHAを摂取するなら、脂ののりのいい冬場のブリを食べるようにしましょう。

魚を食べる場合は、特定の種類ばかり食べると飽きやすいので、いろいろな魚をバランスよく食べるのがおすすめです。
EPAやDHAを多く含む魚はたくさんあるので、調理方法なども工夫して飽きないように舞西の食生活に取り入れていくことが大切です。

関連記事

魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について

虚血性疾患は心臓に十分に血が供給されていない状態のことを言います。 狭心症や心筋梗塞などの病気

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。 人間が体内で合成することができず、食事から

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

DHA・EPAサプリ、乳児の脳の発達には有効な報告も有る

DHAは摂取しても知能が高くなるという確証があるわけではありません。 しかし、授乳中の女性がD

記事を読む

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

魚には水銀が含まれている?

魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。 しか

記事を読む

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑