*

オメガ3系とオメガ6系のバランスが肝心

公開日: : 最終更新日:2016/07/23 DHA・EPA


脂肪にはさまざまな種類があることが知られています。
人間が体内で合成することができず、食事から摂取しなければいけないのが必須脂肪酸です。
必須脂肪酸の代表格とも言えるのがオメガ3系とオメガ6系などの脂肪酸です。
オメガ3系の脂肪酸にはEPAやDHAα-リノレン酸などがあり、オメガ6の脂肪酸にはリノール酸、アラキドン酸などの種類があります。

オメガ6脂肪酸は植物油や動物の脂に多く含まれているため、洋食を食べる機会の多い現代人は意識しなくても多く摂取しています。
一方、魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸は、魚の摂取量の減少とともに取り入れにくくなっています。
そのため、オメガ6脂肪酸の摂取量が極端に多く、オメガ3脂肪酸の摂取量が少ないといった、バランスが崩れた状態に現代人は陥りやすくなっているのです。

脂肪酸は人間が生きていくうえで欠かせない大切なもので、両者をバランスよく摂取することが重要となります。
オメガ6脂肪酸から生成される生理活性物質は免疫反応を過激化して、心血管系の病気のリスクを高めて動脈壁にプラークを生成して血栓が生まれる原因となります。
オメガ3脂肪酸はEPAをつくり出し、炎症抑制系の生理活性物質の生成を助けます。

オメガ6脂肪酸は菓子類や菓子類やファストフードなどの食品に多く含まれます。
普段からこういった食品を食べる機会が多い人は見直して、控えめにするといいでしょう。
オメガ3脂肪酸は生の青魚やクルミなどのナッツ類、海藻などに含まれるので、普段の食事に取り入れてみることをおすすめします。
脂質のバランスを改善しただけで花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状がやわらぐこともあるので、アレルギーに悩んでいる人は脂質のバランスを見直してみるといいでしょう。
オメガ3系脂肪酸は熱に弱いため、できるだけ加熱せずに食べることも大切なポイントです。
バランスを見直すとともに、食べ方も工夫してみましょう。

関連記事

魚には水銀が含まれている?

魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。 しか

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

効率よくEPAやDHAを摂取する食べ方とは?

魚にはEPAやDHAなど人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。 せっかく魚を食べるの

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

実は、DHA・EPAの摂取不足な日本人

日本では古くから魚を食べる習慣がありましたが、最近は魚をほとんど食べないという人が増えています。

記事を読む

脂肪酸の種類と特徴とは?脂肪の有益な働きと注意点!

脂肪には色々な種類があり、その有効性や問題点などそれぞれに違いが有ります。 脂肪や肥満やメタボ

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

DHA&EPA+ビタミンDの効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑