*

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

公開日: : DHA・EPA

視力回復

網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。
網膜はさまざまな物質で構成されていますが、そのひとつがDHAで40~60%をしめると言われています。
DHAは脳細胞などにも含まれていますが、その割合はそれほど多くありません。

網膜はほかの場所よりもDHAが多く含まれていると言えるのです。
そのため、目の働きや視力を保つためには、非常に重要な意味をもちます。
DHAが十分に摂取できていないと、視力が低下することもわかっています。

DHAは血液脳関門を通って脳に入り込むことができる成分ですが、それと同じように血液網膜関門も通ることが可能です。
そのため、網膜に入り込むことができるのです。
そういった働きがあることから、脳と同じように食事などからの摂取によって網膜に存在するDHAを補給することができます。
DHAの摂取は特に乳幼児に必要と言われているため、乳児用のミルクにはDHAが多く含まれるものもあります。
DHAの摂取によって網膜にいい影響を及ぼすことは、さまざまな実験によって証明されています。

網膜内でのDHAは細胞をやわらかくする作用があり、同時に反射機能を向上させる働きもあります。
そのため、視力を向上させる効果があることが見込まれています。
近視や動体視力の回復といった、視力にまつわるいろいろな効果もあると言われています。

視力は脳の機能が低下することで落ちると言われています。
DHAは脳の活性化にも効果的だと言われているので、こういった意味でも視力回復が期待できるとされています。

漁師として働く人は、一般的に視力がいい人が多いと言われています。
海の様子や天候変化を観察するために遠方を見ることが多いというのも理由に含まれますが、普段から魚をよく食べてDHAを多く摂取していることも関係していると言われています。
そのため、魚を普段の食生活に取り入れるようにして、視力の維持や回復をしていくことが大切だと言えます。

神経細胞の死滅を防ぐ

活性酸素が増えすぎると、人間の体にはさまざまな影響が及ぼされます。
脳内でこの活性酸素が多くなると、神経細胞の障害、あるいは死滅のリスクが高まります。
アルツハイマー型認知症やストレスによる情緒障害、精神病などはこういった活性酸素による悪影響が関係していると言われています。

DHAを積極的に摂取すると、大脳における活性酸素を取り除く力が高まることがわかっています。
これは実際に動物実験などで実証されていることで、その効果は確かなものだと考えられています。
また、神経細胞そのものが自殺のような形で少しずつ死滅してしまうことがあります。
これはアポトーシスという現象ですが、DHAを積極的に摂取することでこの現象を抑えることができると言われています。

老化の影響は体のさまざまな場所にあらわれますが、脳の機能も年齢を重ねるにつれて衰えていきます。
年を取ると忘れっぽくなる、あるいは物覚えが悪くなるということはよく言われますが、これらは脳の衰えによるものだと考えられています。
脳の衰えは細胞の減少によって起こると言われ、神経細胞の数は若い頃と比べて明らかに減少します。

細胞が少なくなるということは、脳細胞に含まれるDHAも同じように消失しているということです。
そのため、食事からDHAを補給しなければ、脳の衰えはとどまることなく進んでしまいます。
最近は肉食中心の食生活に変化して、ただでさえ魚に多く含まれるDHAの摂取量は減少していると言われています。
毎日確実に失われていくDHAをしっかり補給していかなければ、脳の機能を維持することはむずかしくなるでしょう。

老化によって脳細胞が大きく減って記憶力や学習能力、判断力が衰えたとしても、魚をしっかり食べる、あるいはサプリメントなどで補給すれば、残っている脳細胞のDHAを増やすことは可能です。
日頃の食生活に気をつけて、DHAの不足に気をつけることが大切だと言えるでしょう。

炎症の原因物質の産生を抑える

神経細胞にダメージを与える物質としては活性酸素がよく知られています。
しかし、それだけではなく、サイトカインという炎症性の物質も神経細胞によくない影響を及ぼすことがわかっています。
サイトカインは病原菌やがん細胞を攻撃する物質として、白血球によって生成されることが確かめられています。

この物質は抗原が感作リンパ球と結合した際に、リンパ球から分泌されるたんぱく質のことを言います。
これまでに数十種類のサイトカインが確認されており、特にインターロイキン、インターフェロンなどが広く知られています。

サイトカインはいろいろな疾患の発症抑制、生体機能のコントロール、感染予防、抗腫瘍作用、細胞の増殖や分化のコントロール、炎症反応、免疫系の調節などの働きがあると言われています。
サイトカイン自体、あるいはサイトカインの働きを邪魔する物質がいろいろな病気の治療に用いられることもあります。

サイトカインはわたしたちの体になくてはならない物質ですが、過剰に生成されることがあります。
そうすると神経細胞の機能が低下してしまうことがあります。
DHAはサイトカインが必要以上に生成されるのを抑制させる働きがあると言われています。

ある研究では魚に多く含まれるDHAが、炎症を抑える働きをもつことが実証されています。
研究ではさまざまな油が比較されましたが、とりわけ魚の脂に含まれる抗酸化作用は非常に強く、もっとも炎症を防ぐことができるのはDHAだと結論づけられています。

実験ではごま油やキャノーラ油、フラックスオイル、オリーブオイルなどと魚油が比べられましたが、魚油に含まれるDHAはもっとも強い抗炎症作用が確認されたとされています。
一般的に健康のために魚の油は1日に4~6グラムほど摂取したほうがいいと言われています。
魚油は魚の種類や季節によってDHAやEPAの含有量は変化するので、それを考慮したうえで十分に摂取していくことが大切となります。

中性脂肪・コレステロールを減らす

魚などに多く含まれるDHAやEPAは、体内の中性脂肪やコレステロールを減らす作用があります。
中性脂肪はそのまま体に蓄積されるよりも、エネルギーに変換され消費するのが望ましいとされています。
使用されずに余ってしまったエネルギーは中性脂肪として合成されて体にとどまってしまいます。

DHAやEPAは体の中で脂肪を再合成されて物質を減少させて、脂肪の生成を抑えることができます。
中性脂肪は体に必要なものでまったくないのは困りものですが、余分にあると健康に悪影響を及ぼします。
DHAやEPAはそういった余分な中性脂肪の蓄積を抑えることができるのです。
また、DHAやEPAは脂肪分解酵素の生成を促します。

そのため、より脂肪が分解されるようになるのです。
脂肪が生成されてしまっても、分解ができれば体への蓄積は防げます。
さらに肝臓から血液への中性脂肪の分泌も抑制するので、総合的に中性脂肪を減らすことができるのです。

ただし、中性脂肪は単純に下がればいいというものではなく、正常な値を維持することが大切です。
DHAやEPAは下げるだけでなく、適正値に保つ作用もあるので、安心して継続的に摂取することができます。

DHAやEPAにはコレステロールを下げる作用もあります。
これらの成分はLDLコレステロールを減少させ、HDLコレステロールを増加させます。
LDLコレステロールは動脈硬化の発生に深い関係性があるため、抑制させる必要があります。

2つのコレステロールは適正なバランスを保つことが大切なので、魚を積極的に食べてDHAやEPAを摂取することが望ましいでしょう。
さらに血液をさらさらの状態にする効果もあるので、健康のためには是非摂取しておきたい成分です。

中性脂肪やコレステロールを減らすには、食事とともに生活習慣を改善することが大切となります。
魚を食事に取り入れるとともに、生活習慣を整える工夫もしていくようにしましょう。

認知症の防止

認知症は社会的な問題のひとつで、今後も増えていくことが懸念されています。
日本国内では医学の進歩によって平均寿命が伸びていますが、その分認知症を発症する人が増えているといえるのです。

認知症にはいくつか種類があり、そのひとつがアルツハイマー型の痴呆症です。
これは原因が明らかになっていませんが、ひとたび発症すると脳の細胞が次々と萎縮してしまいます。
なかでも大きな影響を受けるのが海馬で、重い障害が起こることがわかっています。
動脈硬化の進行によって起こるものもあります。
病状が進行することで脳の血管が切れる、もしくは脳細胞の一部が死滅されることで認知症となります。

どちらの認知症にも働きかけるのが、DHAです。
若者と高齢者の脳を確認したときに、量が異なるのがDHAだと言われています。
高齢者に不足した分のDHAを継続的に与えることで、脳の働きを回復できないかと考えられたわけです。

アルツハイマー型の認知症は、記憶を司る海馬のシナプスが多く破壊されます。
そのために、認知症という症状が起こります。
症状が出ている人の脳を確認すると、DHAの量が極端に少なくなっていることがわかります。
DHAが不足しているということは、シナプスの材料となるリン脂質やたんぱく質が合成できなくなるということです。
そのため、脳の情報伝達が円滑に行われず、記憶学習機能が低下してしまいます。
DHAを積極的に取り入れることは、脳細胞の活性化につながります。
それがアルツハイマー予防に結びつきます。
発症してからもまだ残っている脳細胞を活性化させることができるため、脳細胞の働きを高めることができます。

日本人はこのタイプの認知症は肉食中心の欧米人と比べて少ないと言われてきましたが、最近は食生活の変化によって日本国内でも発症者が増えているとされています。
アルツハイマー型のことはすべて明らかになっているわけではありませんが、DHAが深く関わっているのではないかと考えられています。
今後の研究によって、明らかにされることが期待されています。

一方の動脈硬化によって起こる認知症は、脳の内部で血管障害が発生して血行不良が起こります。
そして脳細胞がこわれてしまうことで痴呆が進行してしまうのが脳血管性の認知症の正体です。

この脳血管性の認知症は、脳の血行が悪化することによって必要な酸素や栄養素が行き届かなくなってしまうことで起こります。
そのため、血管障害が発生しないように血液の粘度を低くしてさらさらの状態にしておくことが予防につながります。

DHAやEPAは動脈硬化を予防するとともに血栓の生成を防ぎます。
それによって高血圧やコレステロールの蓄積も抑制できるので、脳血管性の認知症の予防につながります。
脳血管性の認知症でも、アルツハイマー型の認知症と同じように、DHAが予防や改善に効果的だということがわかっています。

ある研究では、複数の患者に半年間DHA投与を行い、摂取前と比べて動作性知能や言語性知能を比べています。
その結果、多くに改善がみられています。

DHAやEPAは脳の血管障害が起こってしまっても、残存する細胞の活性化に効果があらわれることがわかっています。
その結果、記憶障害などの症状が改善すると言われています。
ラットを用いた実験でも、DHAを投与したラットと与えていないラットでは、脳の虚血によって発生する記憶障害の程度が変わってくるという結果が出ています。

また、脳の神経細胞は生まれてから増加することはなく、年齢を重ねるとともに減少していきます。
しかし、DHAを継続的に摂取して脳に刺激を与えることで神経細胞は活性化します。
脳はこの刺激が多いほど活性化しやすいため、継続的な摂取は大切です。

特に年齢を重ねてから脳に刺激を与えることはとても重要です。
物忘れや認知症を防ぐためには、DHAやEPAを多く含む魚を積極的に摂ることが必要となります。

生活習慣病の防止

近年の日本は生活習慣病が増えており、社会的な問題となっています。
生活習慣病で特に多いのが肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧などです。

これらは問題視されており、糖尿病や脂質異常症、高血圧は自覚症状が特に見られないまま、動脈硬化へと進展していきます。
いきなり心筋梗塞や脳梗塞が発生することもあるので、注意が必要です。

こういった生活習慣病が増加傾向にある理由のひとつが、食生活の変化だと言われています。
もともと日本人は魚中心の食生活で、寿司や刺身など魚を生で食べることもしていきました。
しかし、最近は食の欧米化や肉食が増えたことで、魚を食べる機会は昔と比べて少なくなったと言われています。
その影響もあって、病気による死亡率も上昇傾向にあります。

なぜ魚に生活習慣病の予防効果があるのかは、魚に含まれるEPAやDHAによるものだと言われています。
食生活の変化によって魚の摂取量は少なくなり、EPAとDHAの摂取量が減少したことが、生活習慣病の増加に影響していると考えられるのです。

EPAとDHAは血液に含まれるLDLコレステロールを減少させて、HDLコレステロールを増加させ、これによって血中脂質を改善します。
その結果、動脈硬化や高脂血症の予防につながると言われています。
血管の老化予防や血中脂質の改善、血小板凝集抑制といった作用があるため、血栓が生じにくくなります。

そのため、心筋梗塞や脳血栓の予防にもつながります。
EPAとDHAは血糖値を低下させる働きもあるため、糖尿病予防の効果も期待できます。
また、EPAとDHAは脂肪を燃焼してエネルギーに変換する褐色脂肪細胞を活性化させる作用があります。

そのため、肥満予防や改善効果が見込めます。
そういった理由から、EPAとDHAには生活習慣病を予防する効果があると考えられます。
生活習慣病にはほかにも食生活の乱れや運動不足、喫煙習慣なども関係しているので、ほかのことにも目を向けることが大切です。

高血圧を予防

高血圧は動脈の血管壁に生じる血液の圧力が高まる状態を言います。
高血圧の基準数値はいろいろな説がありますが、日本国内では最高血圧が140mmHg以上、 最低血圧が90mmHg以上を高血圧というのが一般的です。

高血圧を発症する人の多くは、動脈硬化も発生しています。
血管が硬質化して柔軟性に欠けると血行が悪化します。

そのため、血液を贈る圧力があがって高血圧になります。
そういった経過から、動脈硬化によって高血圧が引き起こされるという考え方もできます。

高血圧を予防するためには血管を柔軟な状態にする必要があります。
DHAやEPAは血液中の脂質バランスをコントロールしてさらさらにする働きがあるので、積極的に摂取することが大切です。

DHAやEPAが十分に摂取できないと、赤血球がかたくなってしまい、毛細血管まで血液が届かなくなります。
さらに血中のコレステロールや中性脂肪が増加して、血管壁に血小板がくっつきやすくなって、血管がはさまって血の巡りが悪化します。
そして、心臓のポンプの圧力が強くなって血圧が上昇します。
DHAは赤血球を柔軟な状態にするとともに、毛細血管自体の柔軟性も高める働きがあることがわかっています。
さらに血液中のEPA濃度が低いと、血液がドロドロの状態となってしまって、血栓が生じやすくなることが判明しています。

2つの栄養素を摂取して、血中の脂質バランスを整えると、血管の健康も保ちやすくなります。
その結果、血流がよくなって心臓に生じる負担も軽減されます。
そして、血圧を低下させることができるのです。

現代の食生活では意識していないと、DHAやEPAといった栄養素を十分に摂取することができません。
その影響で高血圧になってしまうリスクは昔と比べて高まっていると言えます。
普段の食生活を工夫して、十分な量のDHAやEPAを摂取することが大切だと言えるでしょう。
不足していると感じる人は、普段の食生活を見直すことが必要です。

活性酸素を抑制

美容や健康の分野でよく聞かれる活性酸素は、酸化させる働きが強いという特徴をもつ物質です。
老化の原因というイメージが定着していますが、もともと活性酸素はその強い殺菌作用によって、体に侵入した細菌類を取り除く働きがあります。
また、酵素の働きを促す作用もあり、体には欠かせない成分と言えます。

活性酸素はただ生活をしているだけでも、体のなかで生成されます。
呼吸によって入り込んだ酸素のなかで、一定割合が活性酸素にかわります。
活性酸素は体に必要な成分ではありますが、増えすぎると血管に悪影響を及ぼし、癌化や老化を促すと言われています。

活性酸素は摂取カロリーを低く抑えることで、生成される量が少なくなることが明らかになっています。
筋肉をつかうような運動をすることで、体での活性酸素の除去が活発化します。

ただし、激しすぎる運動をすると除去されにくなります。
活性酸素が増える原因はいろいろで、ストレスや大気汚染、食品添加物などがよく知られています。
こういった要素が複雑に絡み合うことで、活性酸素は増加します。

活性酸素はその名が示す通り酸素が活性化することですが、
活性酸素が増えると老化が早まるため、体のなかのさまざまな組織が劣化してしまいます。

生活習慣病や肌トラブルなどは、この活性酸素によって生じると言われています。
シワが増える、息切れを起こすといった状態も、活性酸素の増加によるものだと言われています。

サバやイワシなどに多く含まれるEPAやDHAは、活性酸素を取り除く働きがあるとされています。
DHAは活性酸素と結びつくことで、DHAが酸化されます。
しかし、酸化したDHAは取り除かれて細胞の酸化を抑えることができます。

そのため、活性酸素を効果的に除去するためには、EPAやDHAを十分に摂取することが大切となります。
普段から魚類を食べるようにする、サプリメントなどを飲むようにするなど工夫して、取り入れることが重要だと言えるでしょう。

アレルギー・アトピー改善

アレルギー性疾患は近年発症者が増えている症状で、アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギー、気管支ぜんそくなどがあります。
アレルギーを抱える人は多く、日本人の2人にひとりはなんらかのアレルギー性疾患を発症しているという説もあります。
それほどわたしたち日本人にとって、アレルギー性疾患は身近な病気だと言えるのです。

アレルギー性疾患がが増えている理由はいろいろ考えられ、遺伝的要素や環境的要因があると言われています。
そのほかにも、食生活の乱れに原因があるとも考えられています。
最近の日本人は高脂肪・高カロリーの動物性脂質、そしてリノール酸の過剰摂取の傾向にあると言われています。

アレルギーが起こる直接的な原因はPAFやロイコトリエン、ヒスタミンなどだと言われていますが、そのほとんどは体のなかの脂肪酸から生成されることが判明しています。
特にリノール酸を多く摂ることでアラキドン酸から発生するロイコトリエンはとても強く、アレルギー症状の要因と考えられています。
これらの物質は体に必要なものではありますが、過剰摂取はよくない影響を及ぼします。

こういったアレルギーに、DHAやEPAは働きかけます。
リノール酸を多く摂るとことでアラキドン酸から発生するいろいろな生理活性物質の生成を抑え込みます。
具体的な働きについては研究や実験が行われている段階ですが、アトピー性皮膚炎への有効性は広く証明されています。

抗アレルギー薬はアラキドン酸やアラキドン酸由来の生理活性物質がつくられるのを抑えることでアレルギーを緩和します。
しかし、こういった抗アレルギー薬は副作用のリスクがあり、まったく安全とは言い切れないのが現状です。

DHAやEPAの摂取は同じくアラキドン酸やアラキドン酸由来の生理活性物質がつくられるのを抑えられますが、食品に含まれる成分なので、副作用のリスクはありません。
アレルギー性疾患を予防するためには、日頃からDHAやEPAを摂取することが大切です。

抗ストレス作用

DHAは継続的に摂取すると、ストレスの軽減やリラックス効果があると言われています。
ある実験では子どもの攻撃性を調べ、DHAを多く摂っていた子どもは攻撃性が低下したことが判明しています。
DHAにリラックス効果がある理由に関しては、まだ明確にはわかっていません。
しかし、その一因と言われているのが、セロトニンという物質です。

セロトニンは必須アミノ酸の一種であるトリプトファンからつくられる脳内ホルモンのことを言います。
この物質はメラトニンという睡眠と深い関係性にある物質に変わります。
不眠症の人やうつの人はセロトニンやメラトニンが通常よりも少ないことが多く、睡眠や精神状態と深く関わっていることがわかっています。

セロトニンは幸せホルモンとも言われるほど、精神状態に大きな関わりがあると認識されているのです。
そのため、ストレスを軽減させるためには、体のなかでセロトニンが多く分泌されるようにすることが大切です。

DHAはセロトニンの分泌を円滑にする働きがあり、ストレスの緩和に効果があると考えられています。
DHAは脳内に入り込むことができる物質で、記憶を司る海馬に特にたくさん確認されています。
また、脳を生成している多くは脂質で、同じ脂質で脂肪酸でもあるDHAは脳の働きになくてはならない物質と言えます。

DHAが脳内に十分に存在すると情報伝達回路が円滑化されて、集中力や記憶力が高まると言われています。
セロトニンは神経伝達物質でもあるため、DHAは情報伝達能力を高めるためにセロトニンの活動が円滑になります。
そして、ストレスの軽減やリラックス効果に結びつくと考えられるのです。

DHAとEPAは魚に多く含まれますが、魚を多く食べる国はうつ病患者が少ないというデータもあります。
こういったことからも、DHAやEPAを摂取することがストレスの予防や改善につながると考えられます。
サプリメントなどをうまく活用して、十分に摂取するようにしましょう。

脳内の情報伝達の活性化

DHAには脳神経や脳細胞に作用して、脳の働きを活性化するという効果があると言われています。
なんとなく集中できない、ぼんやりしてしまうといった場合は、DHAが十分に摂取できていないかもしれないので、食生活を見直すことが望ましいでしょう。
脳内のDHAを食品などから補うことで、頭がクリアな状態となって記憶力や学習能力を高められると考えられています。

食事によって取り入れられたDHAやEPAは小腸から吸収されます。
そして血液によって体のさまざまなところに届けられます。
血液は脳にも広がっているため、脳にも成分は運ばれます。

脳は人間にとって重要な部位なので、どんな物質でも脳に到達できるというわけではありません。
必要のない物質は経路を通ることができず、脳に至ることはないのです。
しかし、DHAは関門を通過することができるため、脳に到達することが可能です。

DHAは脳への情報伝達に必要不可欠な成分のもととなり、脳を活性化させる働きをもちます。
また、集中力や記憶力、判断力を向上させることもわかっています。
魚を食べると頭がよくなるということはよく言われますが、これは魚に多くのDHAが含まれているからだと考えられます。
継続的なDHAの摂取は、脳の発育に欠かすことができず、非常に有効だと言われています。

DHAは脳を活性化するさまざまな働きをもつと言われています。
情報伝達をスムーズにすることはもちろん、痴呆症などの脳の病気や脳の老化に優れた効果をあらわすと考えられています。
受験勉強や資格試験の勉強などは、特にDHAを多く摂取することが望ましいとされています。

脳の働きが良くなって、集中力や記憶力を向上させることができるはずです。
特にDHAを多く乳児期に摂取すると知能指数に好影響を与えるとも言われています。
市販されている乳児向けのミルクの多くにDHAが含まれることからも、その効果はうかがい知ることができます。

脳内の情報伝達の活性化

魚を食べると頭がよくなるということは昔から言われていますが、これは魚に含まれるDHAなどの成分によるものだと考えられます。
魚の脂には脳の発達や働きを高めるのに大切な栄養素であるDHAがたっぷり含まれています。

DHAは体のさまざまな組織に含まれますが、特に多く見られるのが脳や神経細胞です。
これらの組織が発達するうえで、DHAは必要不可欠な栄養素だと言われています。

脳の発達が著しい胎児期から乳児期の期間の脳に見られるDHA量を調べたところ、DHA量は妊娠20週くらいから少しずつ増えて、生後も増加がつづくことがわかりました。
こういったことからも、DHAは脳やの発達に欠かせない要素だということが言えるでしょう。

また、DHAは脳がもつ情報伝達機能を助ける働きがあることがわかっています。
DHAは脂質のなかでも、特にやわらかいという特徴をもちます。
脳の神経細胞の細胞膜に多くのDHAが含まれていると、その細胞膜は柔軟性を保持しやすくなります。

脳が活発に働くときには、神経細胞で情報が伝達されています。
そのときに神経細胞の細胞膜の柔軟性が維持されていると、情報のやりとりが円滑となります。
しかし、神経細胞の細胞膜が硬い状態だと情報伝達がスムーズにされにくくなります。

神経伝達物質には、いくつかの種類があります。
代表的なものとしては、セロトニンやアセチルコリン、ドーパミンなどが知られています。
こういった物質はすべて記憶や学習能力などに、影響を及ぼすことがわかっています。
さらにうつ病や情緒不安傾向にある人の脳では、この分泌や働きがうまくいっていないことも確認されています。
DHAはそういったトラブルの予防や改善にも大きな効果が期待できると言われているのです。
また、DHAには神経細胞のアンテナである樹状突起と軸索を増やす働きもあり、その成長とも深く関連しています。
こういった組織が成長すれば、情報伝達はより円滑になります。

神経細胞の成長を促す

DHAはさまざまな働きをもちますが、そのひとつが脳の血管の若返らせて血行をよくするということです。
脳内では血管障害が発生すると、血流が悪化します。
そうすると脳細胞がこわれてしまって、認知症などが起こることがあります。
このタイプの認知症は脳血管性の認知症と呼ばれ、脳の血行不良によって脳の働きに必要な酸素や栄養素が十分に行き届かないことで起こります。

そのため、血管障害が起こらないように、血行をいい状態にしておけば予防することができます。
脳の血行不良は認知症以外にもさまざまな病気のきっかけとなることもわかっています。
そういった病気を予防するためには、血行を改善することが大切です。

DHAやEPAは動脈硬化を防ぎ、血栓が生成されないさらさらの血液を維持する作用があるため、コレステロールや高血圧なども予防できます。
そのため、脳血管性の認知症が起こることも防ぐことが可能となるのです。

すでに脳血管性の認知症に陥っているケースでも、DHAを摂取する意味はあると言われています。
実験では脳血管性の認知症患者にDHAを与えると、言語性知能や動作性知能が改善されるということがわかっています。

DHAを継続的に摂取すると、脳の血管が若返って血行もよくなります。
DHAには悪玉コレステロールを減少させ、赤血球の変形能を強化する、さらに血栓の生成を抑制する働きがあるため、血管にいい影響を与えるのです。
血行が改善されれば、神経細胞のひとつひとつに必要な分の酸素や栄養素が届けられます。
そのため、その機能や働きが活性化されるのです。

また、血管が若返ることで、認知症のきっかけとも言われる脳卒中の発生リスクも大きく減少するということがわかっています。
また、血管の壁にコレステロールや中性脂肪がたまって硬くなると、動脈硬化が起こります。
これは命に関わる重大な病気なので、DHAを十分に摂取して、病気を予防していくことが大切となります。

関連記事

過剰摂取の心配は?副作用は?

魚に多く含まれるEPAやDHAは体にさまざまな効果をもたらすことが知られています。 しかし、い

記事を読む

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットの効果・効能・口コミは?

ナットウキナーゼ&DHA・EPAセットとは、小林製薬株式会社より発売されたソフトカプセルタイプの

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

DHA・EPAサプリ、乳児の脳の発達には有効な報告も有る

DHAは摂取しても知能が高くなるという確証があるわけではありません。 しかし、授乳中の女性がD

記事を読む

魚とDHA・EPAサプリメント効果は同じ?

DHAとEPAは体にいいですが、毎日コンスタントに魚を食べるというのはむずかしいという人は多いで

記事を読む

魚には水銀が含まれている?

魚はEPAやDHAをはじめとして、わたしたちの健康に必要な栄養素をたくさん含む食材です。 しか

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

DHA習慣の効果・効能・口コミは?

DHA習慣とは、株式会社エバーライフで取り扱われているソフトカプセルタイプの健康食品です。 外

記事を読む

DHA・EPAサプリを摂ったからといって知能が高くなる確証は無いらしい?

一時期、DHAの摂取をつづけると、知能が高くなるという話が出回りましたが、これは本当のことなので

記事を読む

EPAやDHAの含有量は魚ごとに異なります

魚100gあたりに含まれるEPAやDHAの含有量を見てみると、EPAが多く含まれるのはマイワシや

記事を読む

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

→もっと見る

PAGE TOP ↑