*

アスタキサンチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

公開日: : 健康食品・サプリ, 抗酸化物質


「アスタキサンチン」はカロテノイドの中でも抗酸化力が強く、特に外で紫外線に当たったときや私たちの細胞内のミトコンドリアでエネルギーを生成するときに発生してしまう活性酸素の一種である「一重項酸素」の消去に効果があります。
その抗酸化力は非常に強力でビタミンEを摂取した場合の1,000倍、βカロテンと比べると100倍もの抗酸化力が期待できるという実験結果もあるほどです。
「一重項酸素」は肌に発生する活性酸素はシミやシワ,たるみなどの原因になるのですが、アスタキサンチンを配合した化粧水やクリームなどの化粧品で肌の抗酸化をするのは活性酸素対策として有効です。
「アスタキサンチン」はサケやイクラ,エビ,かになどに含まれる赤~橙色の色素です。
サプリメントや化粧水,クリーム,美容液などの化粧品にもアスタキサンチンが配合されるものが増えてきましたが、これはヘマトコッカス藻という藻類からアスタキサンチンを抽出することが可能になったためです。
また、LDLコレステロールが酸化するのを防ぐ力も強力です。
1日0.6mg以上「アスタキサンチン」を摂取するとLDLコレステロールが酸化されるまでの時間が延びるという実験結果があります。
その他にも目の老化防止にも有効だとされていますし、免疫力の正常化や脳細胞を活性酸素から守るため痴呆症の予防効果、特に加齢性黄斑変性症の予防や白内障の予防に効果があるとされています。
化粧品などを使わずに「アスタキサンチン」を摂取するならば、それを多く含む食材は魚でサケやタイ、キンメダイ、鯉、イクラなど。
甲殻類ではエビやかになどに多く含まれています。

関連記事

アップルペクチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「アップルペクチン」とはその名のとおり、りんごに含まれるペクチンという食物繊維のことです。 ミ

記事を読む

発酵ブラックジンジャーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

発酵ブラックジンジャーとは・・・・・ 昔に比べて日本人の体温が1℃低くなっているといわれており

記事を読む

やすみーなの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

やすみーなとは やすみーなとは、赤坂LOHAS(ロハス)が販売元である、スティックタイプのサプ

記事を読む

アサイーの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、アサイーという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 アサ

記事を読む

プロポリスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、プロポリスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。 プ

記事を読む

サプリメントの正しい摂り方

現代人にとってサプリメントは、栄養補助や健康維持のために欠かす事の出来ないものになっています。

記事を読む

アリシンの効果・効能・特徴・含まれる食品

「アリシン」とはニンニク・ネギ・タマネギなどのユリ科ネギ属の植物でできるもので、強烈なニオイや涙

記事を読む

フラバンジェノール (OPC)の効果・効能・特徴・含まれる食品

不規則な生活習慣やバランスの悪い食事、喫煙やストレス、不眠などによって発生する活性酸素を体内で抑

記事を読む

イチョウ葉エキスの効果・効能や特徴・摂り方を詳しく

こちらでは、イチョウ葉エキスという健康食品の効果・効能や特徴・摂り方などについてご紹介してます。

記事を読む

ビタミンEの効果・効能・特徴・含まれる食品

若返りの栄養素として注目を集めているのがビタミンEです。 トコフェロールとも呼ばれ、強力な抗酸

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑