*

アリシンの効果・効能・特徴・含まれる食品

公開日: : 健康食品・サプリ, 抗酸化物質


「アリシン」とはニンニク・ネギ・タマネギなどのユリ科ネギ属の植物でできるもので、強烈なニオイや涙の元となっている物質です。
自生している状態では発生しませんが、調理の際に刻んだり傷つけることで、アリインが酵素アリナーゼと反応してつくられる硫黄化合物が、「アリシン」です。
さて、その効果ですが、ガンを防ぐ(発ガン抑制)強力な抗酸化物質であることが知られています。
また、「アリシン」は食用油などに溶けると、アホエンという、これもまたイオウ化合物がですが、このアホエンには抗ガン作用の他に、血栓を予防・改善する作用が報告されており、いずれも強い抗酸化物質といえます。
その他、風邪や気管支炎の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌・抗菌力があり、胃潰瘍を引き起こすピロリ菌やO-157菌という協力な菌にも有効と言われています。
ところで、栄養素としても必要なビタミンB1は水溶性で熱に弱い性質です。
基本的に、調理における損失が多く、食品中に含まれる総量のうち半分から1/3は失われるといいます。
そこで、この「アリシン」を含むタマネギやニンニクといっしょに調理すると、ビタミンB1と結合しアリチアミンとなり、損失がすくなくなり吸収されやすくなります。
ビタミンB1は糖をエネルギーに変換するのに不可欠な栄養素で、B1が不足するとエネルギーへの変換が不完全になり、乳酸が増えます。
しかし、ビタミンB1は必要量以上は吸収されませんので、「アリシン」があると、小腸で(アリシン+ビタミンB1)どんどん吸収され、肝臓に貯えられます。
貯えられたビタミンB1が糖をエネルギーに変えていくのでスタミナが出るのだと言われています。
こうした副産物的な効果もあり、非常に優秀な物質といえますね。

関連記事

乳酸菌EPSの効果・効能・特徴

乳酸菌EPSというのは、乳酸菌がつくりだす多糖体のことで、食物繊維と同様の効果をもちます。食物繊

記事を読む

ナスニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

強い抗酸化作用があるポリフェノールですが、中には色素の一種などがあります。 この色素成分に強い

記事を読む

ルチンの効果・効能・特徴・含まれる食品

美白のビタミン、風邪予防のビタミンと言われるのがビタミンCですね。 果物や野菜などから取り入れ

記事を読む

EF乳酸菌の効果・効能・特徴

EF乳酸菌とは、正式名称を「エンテ・コッカス・フェカリス菌」といい、1906年イギリス人のF・ア

記事を読む

善玉元気の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

善玉元気(ぜんだまげんき)とは、フローラ健康科学研究所により発売されたスティック・ゼリータイプの

記事を読む

トコトリエノールの効果・効能・特徴・含まれる食品

ビタミンEの一種であるトコトリエノールには活性酸素に対する防御力の強さが特徴で強い抗酸化作用があ

記事を読む

「乳酸菌革命」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

あの乳酸菌革命が新しく生まれ変わった! ちまたに出回る数多くの乳酸菌配合商品の中でも特に人気の

記事を読む

メチオニンの効果・効能・特徴・含まれる食品

肉類や魚類、乳製品などから取り入れたタンパク質は、アミノ酸という成分に変わり体を形成する為に必要

記事を読む

酵素で便秘解消

酵素で便秘解消!酵素で腸内環境が改善!

酵素で便秘解消… 酵素とは、生命活動を行なうあらゆる生物に必ずある物質です。体内に摂り入れた

記事を読む

KW乳酸菌の効果・効能・特徴

KW乳酸菌は、キリングループが開発した乳酸菌として知られているものです。 一般的に乳酸菌と

記事を読む

酒さ様皮膚炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

酒さ様皮膚炎とは 酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)とは、長期間、顔に副腎皮質(ふく

近視を詳しく:原因・症状・検査・治療など

近視とは 眼に入ってきた光が角膜(かくまく)、続いて水晶体(すいしょうたい)を通って

急性胆のう炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

急性胆のう炎とは 急性胆のう炎(きゅうせいたんのうえん)とは、肝臓で産生された胆汁(

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)とは 涙は悲しいできごとがあったときや、感動し

ロコモティブシンドロームを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ロコモティブシンドロームとは ロコモティブシンドローム(ろこもてぃぶしんどろーむ)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑