*

食道アカラシアの病気の原因・症状・治療

公開日: : 胃・食道の病気

食道アカラシ
食道アカラシアとは噴門無弛緩症(ふんもんむしかんしょう)と呼ばれることもあり、食道の神経の異常により蠕動(ぜんどう)運動が起こらなくなり、下部食道括約筋が広がらなくなることで、食べ物の通過障害や食道の異常拡張が起こる病気のことをいいます。
胃の病気の中では珍しく、中年の方、特に女性に引き起こされている割合が高いのが特徴です。

食道アカラシアの原因

食道アカラシアの主な原因としては、食道の括約筋が開かないことが挙げられます。
また、口にしたものを胃へと送るために必要な蠕動運動が起こらないことも、食道アカラシアの原因となります。

食道アカラシアの症状

嚥下(えんげ)障害があり、固形物や流動物を飲み込むことが難しくなります。
それから、口にした食べ物の逆流、嘔吐、胸や背中の痛み、胸やけなどの症状が引き起こされることもあります。
なお、食道アカラシアの症状は冷たい飲食物を摂ったり、ストレスや過労が原因でひどくなるのが特徴です。

食道アカラシアの検査と診断

食道X線検査、食道内圧検査、内視鏡検査などを行うことにより、食道アカラシアかどうかを診断します。
食道X線検査はバリウムを使用し、食道から胃に流れるバリウムの様子や食道の拡張具合を調べます。
食道内圧検査は食道の内圧の高まり具合を調べ、下部食道括約筋のゆるみや食道の動きを検査する方法です。
内視鏡検査は食道の拡張や粘膜を調べますが、がんが引き起こされていないか確かめることも検査の目的に含まれます。

食道アカラシアの治療の方法

従来の治療方法は開腹手術が代表的でしたが、いまは内視鏡手術が多くなっています。
開腹しないで済むぶん、傷口が小さくなるのが特徴です。
また、食道の中にバルーンを挿入し、膨らませることにより拡張させる治療方法も行われています。
しかしながら、バルーンによる拡張術は食道アカラシアが再発する可能性があります。
カルシウム拮抗剤などによる薬物療法が選択されることもありますが、補助的な位置付けであり、これで治ることはありません。

関連記事

胃炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

胃炎とは、胃の粘膜が炎症を起こした状態のことをいいます。 はじめのうちは胃の粘膜の表面がた

記事を読む

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

胃けいれんの原因・症状・治療

胃けいれんとは、胃の胃壁と呼ばれる部分に存在する筋層が過度に緊張することで発生する、上腹部の痛み

記事を読む

胃潰瘍の原因・症状・検査・治療法など

胃潰瘍はストレスで胃酸と粘液のバランスが崩れることで起こることが多く、胃酸が胃や十二指腸の粘膜を

記事を読む

胃に穴が開く?胃穿孔の原因・症状・治療など

病気が原因となって胃に穴が開くことがあります。 その病気とは何なのか、どういう症状があるのかな

記事を読む

胃神経症(神経性胃炎)の原因・症状・治療

胃の精密検査をいくらおこなっても、がんや潰瘍はもちろん、患者の訴えに相当するような病気がないのに

記事を読む

食道神経症の原因・症状・治療

食道神経症とは、食道にこれといったおかしな点が見当たらないのに、食道に関する症状などを訴え、疾患

記事を読む

急性胃粘膜病変の原因・症状・治療

急性胃粘膜病変 どんな病気(概要) 急性胃粘膜病変とは、AGML(Acute Gastric

記事を読む

食道憩室の原因・症状・治療

食道憩室(けいしつ)とは、食道壁の一部が外側に張り出し、小さいポケットが食道にできている病気のこ

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療

たんぱく漏出(ろうしゅつ)性胃腸症とは、血液の中に含まれるたんぱく質のうち、特にアルブミンが消化

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑