*

心房粗動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

公開日: : 心臓・血管の病気

心房粗動とは

心臓の内部は上下左右の4部屋に区切られており、上側の左右2部屋を左心房(さしんぼう)、右心房(うしんぼう)、下側の左右2部屋を左心室(さしんしつ)、右心室(うしんしつ)とよびます。

心臓は体全体に血液を送り出すポンプの役割を担っていて、弱い電気を発生させて収縮していますが、電気は右心房にある洞結節(どうけっせつ)という、発電所のような働きをしているところで作り出されており、ここで作り出された電気は、まず心房へと流れていって心房の収縮を起こし、次に変電所のような働きをしている房室結節(ぼうしつけっせつ)を通過して心室の収縮を起こし、電気信号は消えてしまい、電気信号が消えると心臓は緩んで拡張します。

洞結節で作り出される電気は一方通行で、次の収縮と拡張は新たに洞結節で発生した電気によって引き起こされます。

この収縮と拡張の一定のリズムのことを拍動(はくどう)とよび、健常な場合は1分あたり60~100回ほど、一定間隔の規則正しいリズムで起こっていて、血液はこの心臓の拍動によって全身へと送り出されているのです。

心臓の拍動によって送り出された血液によって発生した圧力が、体全体の動脈へと伝わると、動脈が拍動を起こすのですが、このことを脈拍(みゃくはく)とよびます。
正常な人では、心臓の拍動と同じく、脈拍も一定間隔の規則正しいリズムでトン・トン・トンと打っています。

しかし、一瞬でも脈が不規則になってしまえば、それはすべて不整脈(ふせいみゃく)とよびます。
心房粗動(しんぼうそどう)も不整脈の一種であり、頻脈性不整脈(ひんみゃくせいふせいみゃく)に分類されています。

不整脈には頻脈性不整脈のほかに、大きくわけて徐脈性不整脈(じょみゃくせいふせいみゃく)と期外収縮(きがいしゅうしゅく)があります。

頻脈性不整脈・徐脈性不整脈・期外収縮とは

頻脈性不整脈は基本的に、脈が正常より速くなるタイプの不整脈、徐脈性不整脈は脈が正常より遅くなるタイプの不整脈、期外収縮はときどき脈に狂いが生じるタイプの不整脈です。

正常な脈はトン・トン・トンと一定間隔で規則正しいリズムで、1分あたり60~100回ほど打っていますが、頻脈は100回以上、徐脈は50回未満、脈打つのが特徴です。

また、期外収縮はトン・トン・トトンと早いタイミングで打つ脈があったり、トン・トン・・トンと一拍あく脈があったりするタイプの不整脈です。

心房粗動はどういう不整脈?

発症率は1.6%、男女別では男性の割合が高く、高齢になるほど発症率が高まる不整脈です。

また、弁膜症(べんまくしょう)や心筋症(しんきんしょう)など、心筋に負荷のかかる病気がある人、高血圧(こうけつあつ)で心肥大(しんひだい)がある人などに引き起こされるリスクが高くなっています。
ただ、種々の検査を実施しても、特別な異常がなく心房粗動を起こすこともあります。

脈拍数によっては胸がどきどきする動悸(どうき)が起こることがあり、血流がよどむことによって心房内で血液のかたまりである血栓(けっせん)が形成されて、その血栓が血流に乗って脳まで到達し、脳の血管が詰まってしまうと脳梗塞(のうこうそく)を起こす恐れがあるほか、いったん発生するとなかなか自然におさまらず、もともと機能が低下した心臓に心房粗動が発生すると、多大な負担になって肺に水が貯留する心不全(しんふぜん)を招いてしまうこともあります。

心房粗動の原因

心房粗動のしくみ

正常な心臓では、右心房の洞結節で発生した電気信号が心房を収縮させ、房室結節を経て心室を収縮させたあと、電気信号は消えてしまい、心臓は弛緩して拡張する、そして新たに洞結節で作り出された電気信号が心房を収縮させ、房室結節を経て心室を収縮させるという収縮と拡張の一定のリズムがずっと繰り返されています。

収縮と拡張の一定のリズムは拍動とよび、拍動によって送り出された血液によって生じた圧力が動脈に伝わり、動脈の拍動=脈拍を起こします。

しかし、心房粗動では多くの場合、心房内の三尖弁(さんせんべん)のまわりを電気信号がグルグル回って、心室へと電気が流れにくい状態になります。
三尖弁のまわりとは別のところで大きく回ることもありますが、そのようなケースはさほど多くはありません。

4回に1回、心房の電気信号が心室に届くことを4対1伝導、3回に1回の割合で届くことを3対1伝導、2回に1回の割合で届くことを2対1伝導、すべて届くことを1対1伝導のように表現します。

引き起こされる症状は、心室まで届く電気信号の数によって違いがあります。

詳しくは後述する「心房粗動の症状」の項目をご覧ください。
なお、三尖弁は右心室から肺へと血液が送り出されるとき、右心房へと血液の逆流が起こらないようにする役割を担っています。

心房粗動のリスクを高める要素

心房粗動は、年齢の高まりに伴って発症率が増します。
また、弁膜症や心筋症、高血圧による心肥大など、心臓の病気がある人ではリスクが高まります。

ただ、このような心臓の病気がなくても生じる、種々の検査が行なわれても、とくに異常が発見されない人に心房粗動が起こることもあります。

心房粗動の症状

心房で発生する電気信号の数と症状

心房粗動では、心房内で電気信号がグルグル回り、心室へと信号が届きにくくなっています。

心房が1分あたり240回の電気信号を発していて、心室に4回に1回の割合で信号が届くとすると、脈拍数は1分あたり60回です。
この場合には、胸がどきどきする動悸の症状が気になることは少ないです。

しかし、心室に信号が届くのが倍の2回に1回の頻度になると、脈拍数は1分あたり120回の頻拍(ひんぱく)になり、このぐらいの割合になると動悸が気になる症状になりやすいです。

動悸以外の症状

心房粗動で起こり得る症状としては、動悸以外に胸の痛みや不快感を感じることがあります。

また、胸の症状以外には、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)といって体がだるくなる症状、めまい、冷や汗の症状も、心房粗動で起こり得る症状です。

ほかには、血流がよどみ心臓内で血液のかたまりである血栓が作られて、その血栓が血液の流れに乗って脳まで到達し、脳の血管を詰まらせてしまうと脳梗塞を起こしてしまいます。

さらに、心房粗動はいったん引き起こされるとなかなか自然におさまることがなく、もともと機能が弱まった心臓に心房粗動が引き起こされると、大きな負担になって肺に水が貯留する心不全を招くリスクがあります。

心房粗動の検査・診断

不整脈を自分で調べる方法はある?病院へ行く場合は何科がいいの?

不整脈の疑いの有無を確認するため、自分の脈をはかる方法があります。

人さし指、中指、薬指の腹を、手首の内側の血管が透けて見えるあたりの親指側にあてると、脈を打っている場所が見つかります。
正常な脈拍は1分あたり60~100回ほど、トン・トン・トンと一定間隔で規則正しく打っています。

脈拍が100回以上では頻拍、50回未満あるいは間隔が2秒以上あくと徐脈の疑いが、ときどきトン・トン・トトンと速く打ったり、トン・トン・・トンと一拍あいたりするような場合には、期外収縮の疑いがあります。

脈拍の打ちかたに気になるところがあった、胸がどきどきする、体がだるい、めまいがする、冷や汗が出るといった症状があるという人は、医療機関へ行きましょう。

また、医療機関へ行くときの診療科に関してですが、内科、循環器科、循環器内科、心臓内科のほか、不整脈科などでも対応してくれます。

病院では心房粗動をどうやって調べる?

心房粗動の診断は、心電図で行ないます。
心臓で発せられている電気信号を検知し、波の形で表されたものが心電図です。

心房から心室へと電気信号が届く頻度が高いと判断に困ることがあるため、その場合には薬によって心室へと届く頻度を少なくして、心房の波形を確認しやすくするケースもあります。

好条件で心電図をとることができれば、三尖弁のまわりをグルグル回る心房粗動なのか、別のところを回る心房粗動なのかの区別が可能です。

この検査は、心房粗動の治療の選択肢に含まれている、カテーテルという管を使用する方法を実施しやすいかどうかを見極めるのに役立ちます。

ホルター心電図検査

丸一日、連続で心電図を記録する検査方法です。
胸に電極を装着し、小さく軽い装置を携帯し、心電図をとります。

短時間のみ記録を行なう、通常の心電図検査では知り得なかった異常を発見できる可能性が高まります。
装置が邪魔に感じたり、水に弱くお風呂やプールなどが制限されたりする以外は、苦痛に感じるようなことはありません。

心房粗動の治療

頻拍に対する治療

心房で発生した電気信号が心室に届く頻度が高く、頻脈の状態になっている人に対しては、心室に届く電気信号の回数を少なくする薬が使用されています。
ベータ遮断薬(しゃだんやく)、カルシウム拮抗薬(きっこうやく)が、そのために効果を発揮してくれます。

心室に届く電気信号が少なくなることにより、心房は依然として心房粗動の状態でも、胸がどきどきする動悸は軽減されます。
なお、点滴薬では心房粗動がおさまらないことが多く、抗不整脈薬(こうふせいみゃくやく)の使用は逆に症状が悪化してしまうこともあります。

また、症状が強く、なかでも肺に水が貯留して呼吸困難を起こしているような人に対しては、ベータ遮断薬やカルシウム拮抗薬のような心臓の収縮力をわずかに低下させるような薬は選択されず、電気ショックをかけることで心房粗動を停止させる形になります。

脳梗塞の予防を目的とした治療

心房粗動で血流がよどみ、血液のかたまりである血栓が心房内で形成され、血栓がはがれて血流に乗り、脳まで到達して脳の血管が詰まると、脳梗塞が引き起こされることがあります。

脳梗塞は命を落とすことにもなりかねない病気であり、助かったとしても社会復帰が難しく、自力での歩行が不可能になったり、寝たきりになったりしてしまう病気です。
長く心房粗動が持続しているような人に対しては、血栓が形成されるのを防ぐ薬が選択されています。

主なものとしてはワルファリンがあり、この薬は抗凝固薬(こうぎょうこやく)といって、血栓の形成を抑制する強力な作用があります。

心房粗動の快復&予防を目的とした治療

カテーテルアブレーションという治療方法があり、正式名称は経皮的(けいひてき)カテーテル心筋焼灼術(しんきんしょうしゃくじゅつ)といいます。

カテーテルアブレーションは、太ももの付け根や首の静脈からカテーテルという細長い管を挿入し、血管を通じて心臓の内部まで進めます。
そして不整脈の発生源となっているところを高周波電流で焼くことで、不整脈を起こさなくさせます。

およそ95%の人に治療効果があり、再び症状が起こってしまうのは高く見積もっても10%ほどまでとされています。
手術は局所麻酔をほどこして行ない、所要時間は平均で1時間ほどですが、手術を受ける人の体の構造によっては、1時間ほどでは終了しないこともあります。

関連記事

脱水症を詳細に:分類,原因,症状,検査,治療,予防,術後など

脱水症とは(概要) 人間の体の大半は体液(血液、リンパ液、唾液、粘液、汗、消化液および尿な

記事を読む

心臓の大動脈弁に異常が起こる病気の原因・症状・治療

大動脈弁狭窄症の概略や原因について 左心室と大動脈の間にある大動脈弁が充分に開かなくなる病気で

記事を読む

肺の病気が原因で起こる心臓の病気

肺性心の概略や原因について 肺の病気が原因で、肺へ血液を送っている右心室に負担が生じて機能が低

記事を読む

心不全を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

心不全とは 心臓は、体中に血液を送り出すポンプの役割を担っています。 心不全(しんふぜん

記事を読む

感染性心内膜炎症を詳細に:原因,症状,治療,予防など

感染性心内膜炎症とは(概要) 私たち人間の心臓には心内膜(しんないまく)というなめらかな膜があ

記事を読む

心臓の心室・心房に異常が起こる病気の原因・症状・治療

心室頻拍の概略や原因について   心室頻拍を詳細に:原因,症状,検査,治療など 心室細動

記事を読む

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつあつしょう

記事を読む

心房細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心房細動とは 心臓の内部は4部屋に仕切られており、上側の2部屋は右心房(うしんぼう)と左心

記事を読む

リンパ浮腫の概略や原因について

リンパ浮腫の概略や原因について リンパは体内の体液循環の1つで、リンパ管が静脈に沿ってほぼ全身

記事を読む

心臓の洞結節に異常が起こる病気の原因・症状・治療

洞不全症候群の概略や原因について 心臓の右心房の上部にある電気的刺激の発生場所である、洞結節や

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノ

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつ

舌がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

舌がん(ぜつがん)とは口腔(こうくう)がんの一種です。 口腔がんと一口にいっても

陰のう水腫を詳細に:原因,症状,検査,治療など

陰のう水腫とは? 陰のう水腫(いんのうすいしゅ)とは、左右の精巣(睾丸)が格

メタボリックシンドロームを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に伴う

→もっと見る

PAGE TOP ↑