*

「当帰芍薬散」「加味逍遙散」は女性にピッタリの漢方薬

公開日: : 最終更新日:2016/04/06 , 漢方薬


健康を意識した際に気になるものはいくつも出てきますが、古くから「体に穏やかな薬」として知られる漢方に興味を持つ人も多いでしょう。
そのなかでも今回はとくに女性にぴったりとされる「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)と「加味逍遙散」(かみしょうようさん)をご紹介します。

当帰芍薬散の女性に嬉しい効果

当帰芍薬散は漢方についての原典にも記されており、古い時代から女性のための漢方として用いられてきた漢方薬です。
体力が弱く貧血の傾向がある、冷え性に悩んでいる、疲れやすい、めまい・立ちくらみを起こしやすい、むくみや体のコリが気になる、頭痛・腰痛に悩まされている人に効果があります。
また、月経不順や月経痛、月経異常など女性特有の悩みにも対応します。

加味逍遥散の女性に嬉しい効果

加味逍遥散も古くから女性のために処方されてきた漢方薬です。
こちらも当帰芍薬散と同じように、月経不順や月経痛の軽減にも効果がありますが、こちらは精神的な不安要素にも効果がある点がポイントです。
女性が陥りやすい月経時や妊娠・出産後のストレスの軽減、また更年期障害によって引き起こされる焦燥感や不安・イライラの軽減にも処方されることが多いでしょう。
またそれらがもととなった便秘の改善にも用いられます。

漢方ってとっつきにくい?

近年は漢方をおもに処方する病院も増え、そのほかにも漢方についてのアドバイスを行なう場もあり、かたいイメージはほぼないと言っても良いでしょう。
現代の生活環境に合わせ、飲みやすい錠剤タイプも多くあります。
ただしそのほかの薬と同じように漢方の効果によって飲んではいけない時期、飲み合わせ、飲んではいけない年齢などの注意点があり、場合によっては副作用も発生するため、医師に相談のうえで試すのが良いとされます。
そのほかの薬と同じく、自己判断での使用には危険が伴うということを覚えておきましょう。
正しく使用することでさまざまな悩みの解決につながります。

関連記事

食欲不振・胃もたれ・膨満感におススメの胃薬一覧

イノターゼ内服液G 30ml×3本 特 徴 イノターゼ内服液Gは、ウコンなど6種の健

記事を読む

食べすぎによる消化不良改善におススメの胃薬一覧

ガロニン 120錠/240錠 特 徴 ガロニンは、脂肪分の多い食事をとると胃がもたれ

記事を読む

食べすぎ・飲みすぎ・胃痛におススメの胃薬一覧

JPS 新ファイトップ(細粒) 20包 特 徴 新ファイトップ(細粒)は消化酵素、制

記事を読む

アレルギーを詳しくご紹介!

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この

乾癬について

乾癬という病気は、皮膚の免疫異常で発症する膠原病(自己免疫疾患)のひとつであることが解って

花粉症について

こちらでは、花粉症対策に関する様々な情報をお伝えしています。今や国民病とも言えるほ

アトピー性皮膚炎について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、「アトピー性皮膚炎とは表皮、なかでも角層の異常に起

リウマチ(関節リウマチ)について

ここでは、「関節リウマチ」について詳しくご説明しています。 関節リウマチはその発

→もっと見る

PAGE TOP ↑