*

統合失調症の治療についてのまとめ

公開日: : 精神・心の病

作業療法

統合失調症の治療として作業療法が挙げられます。
これは、作業療法士が担当する作業療法で、作業を通してよりよい生活を送れるよう統合失調症の患者を助けることが目標です。
作業のなかには、室内ゲーム、散歩、絵画、木工、陶芸、袋詰め作業、園芸、農作業、製パンなど多岐にわたるものがあります。
統合失調症の場合、対人関係を調和の取れたものにし、精神安定を計っていくことが狙いになります。
統合失調症の患者がやってみたいと感じるものに取り組み、達成感や満足感を味わうことができるなら、回復に向けてよいリハビリとなります。
さらに、作業療法によって毎日同じ時間に起き、作業することで規則正しい生活リズムを取ることができます。
病気の時は、リズムがつかみにくいので作業はその助けになります。
また、同じ病気を持つ他の人と関わることで、対人関係の経験を積み、協調性を持てるようになります。
さらに、集中力、持久力高めて、思考力がまとまりやすいようにリハビリできます。

精神・心理療法

統合失調症の治療法に精神・心理療法があります。
統合失調症の場合、抗精神病薬を使い、症状を抑えることが必要ですが、それと同時に精神真理療法を進めることで心のケアをしていくことができます。
抗精神病薬は脳の神経細胞に影響を加えて症状をコントロールしますが、精神、心理療法は体の内面、心の状態を理解して助けを与えていくプログラムです。
普通、精神科医が1対1で行いますが、病院では複数の統合失調症患者が、複数の病院スタッフと共に精神心理療法を行うようになっているところもあります。
集団で行うことにより、社会とのかかわりを意識し、また、他の人と共に努力していこうという、気持を起こしやすくなるのがいいところです。
精神心理療法では、精神科医は患者の心にあるものを理解すること、思考を整理すること、安心感を与え、気楽になれるようにすること、抱える問題を共に考えること、訴えることを支持し、努力を評価するようにすることがされます。

薬物療法

統合失調症の治療として代表的なのが薬物療法です。
主な治療法としては、幻覚や幻聴等の陽性症状を抑えるために、脳のドーパミンのニューロンの動きを止める薬を服用します。
これは、もっとも使われている統合失調症のための薬でドーパミン受容体遮断効果の薬です。
これにより統合失調症の陽性症状は抑えられるものの、副作用がでます。
例えば、脳の神経が影響を受けますので、口、手足などの震えが止まらなくなることがあります。
その場合、抗パーキンソン病薬を同時に服用します。
また、生理が止まることもありますし、倦怠感、汗がでる、熱が出る等の副作用が人によって出ます。
それで、症状に応じ、副作用を抑える薬を処方することになります。
こうして、統合失調症では飲む薬の種類も増えてしまいます。
ドーパミン受容体遮断の薬に加えて、副作用の少ない、また陰性の症状にも効果がある薬も出ていますし、補助治療薬として睡眠剤、安定剤、抗不安剤が用いられることもあります。

家族の対応

統合失調症の患者に対する家族の対応ですが、ご家族は忍耐が求められます。
同じ家族同士での情報の交換は役立ちますから、地域で開かれている家族会、精神保健センターなどで情報を得ることは役立ちます。
正しい知識を家族が持つことで、統合失調症の方の回復に役立ちます。
また、妄想、幻聴を述べているときには、否定するのではなく「そのように見えるあるいは、感じるかも知れないね。
でも、気のせいかもね」と言えます。
正しい知識や対応の仕方を学んでおくと患者のお世話がより適切なものとなり、回復が図れます。
家族も心を休める時が必要なのである場合、親戚など代わりの人に見てもらい、気晴らしを楽しむことができます。
長期戦になるかもしれないので、家族も心のゆとりを、持てるように意識すると良いです。
患者は薬を定期的に飲むことが回復に不可欠となりますが、それを見守るのも家族の務めです。
特に、回復期に定期性を保つように励ます人がいれば、順調に回復できる確立は高くなります。

関連記事

神経衰弱の特徴や症状、治療・予防などについて

神経衰弱は、精神的努力をしたあとに疲労がいつまでもつづく状態、あるいは少しの努力をしたあとに身体

記事を読む

レット症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

レット症候群は女児だけに発症する進行性の神経疾患で、てんかんや知的障害、情動異常、側彎、ジストニ

記事を読む

選択性緘黙症の特徴や症状、治療・予防などについて

選択性緘黙症の原因・症状 「せんたくせいかんもくしょう」と読み、小児期特有の症状のことを言いま

記事を読む

発達障害による症状や特徴

知的障害の症状や特徴 知的機能に制約があること、そして適応行動に制約が伴うこと、最後に発達期に

記事を読む

気象病の特徴や症状、治療・予防などについて

昔から「古傷が痛むと雨が降る」などと言われているように、天気と体調は関係性が深いと考えられてきま

記事を読む

白衣高血圧症の特徴や症状、治療・予防などについて

普段の生活では正常な血圧を示しているのに、病院や診療所などで医師や看護師に血圧を測定してもらうと

記事を読む

自律神経失調症の原因についてのまとめ

一番の原因はストレス 自律神経失調症を起こす原因は、いくつか考えられますが、その中でも一番多く

記事を読む

うつ病の原因・症状・治療について

うつ病とは気分がひどく落ち込み、何にも興味が持てなくなり、何もしたくないという気持が出てきて、体

記事を読む

自律神経失調症の治療についてのまとめ

心療内科に行こう 自律神経失調症になった場合に診察を受けるのは、「心療内科」です。 病院によ

記事を読む

統合失調症の色々なタイプについてのまとめ

妄想型 統合失調症のタイプに妄想型があります。 世界的に見ると一番統合失調症の中でも多いタイ

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑