*

睡眠相後退症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 精神・心の病


夜型の生活が定着すると、早い時間帯に就寝することが難しくなります。
そのため、起きたい時刻に起きるのが困難となり、これを睡眠相後退症候群と呼びます。
体内時計に狂いが生じるとさまざまな睡眠障害が引き起こされますが、睡眠相後退症候群は特に起こりやすいとされています。

睡眠相後退症候群となると、日中の過ごし方や心理状態と無関係に朝まで眠りにつくことができなくなります。
しかしひとたび就寝状態となると、長時間起きられなくなります。
このような睡眠時間帯が定着してしまうと、決まった時間に出社や登校することが困難となります。

睡眠時間が不足することで、日中の活動にも影響が及ぼされます。
仕事中に眠気を感じたり、集中力が低下したりと、生活にも支障が出てきてしまうのです。

睡眠相後退症候群で悩む人の体内時計を調査すると、体温やホルモンのリズムが3~4時間遅れていることがわかります。
このことが要因で、睡眠時間帯が遅れてしまうと考えられます。

睡眠相後退症候群は10代から20代の比較的若い世代に多く見られます。
受験勉強や夏休みなどの長期休暇によって、夜更かししやすい環境にあることが、この世代に多い理由と言えるでしょう。
社会人となったことで症状が見られなくなる人もいますが、残業などで生活リズムが乱れると再発してしまう場合もあるので要注意です。

長い休みのあと、朝起きるのがつらく感じることは誰しも経験したことはあるでしょう。
ですが、普段の生活リズムに戻ってしばらくたてば、通常は問題なく起きられるようになります。
睡眠相後退症候群の場合は、自力で生活を元通りにするのがむずかしいのです。

睡眠相後退症候群は入眠障害と混同されることが多いですが、体内時計の遅れが要因となっているという点で異なります。
無理矢理早い時間に寝ようとしても、睡眠相後退症候群が発症していると容易に眠りにつけません。
睡眠相後退症候群を改善するためには、根本的な治療が必要だと言えるのです。

睡眠障害の判定では、症状と睡眠パターンが考慮されます。
睡眠パターンの調査では就寝時間と起床時間をそれぞれ数週間程度記録したものをもとに、どんな睡眠障害なのかを診断します。
睡眠相後退症候群の場合も、こういった方法で診断されることが多いでしょう。

睡眠相後退症候群の治療では、高照度光療法が有効だとされています。
この方法では、人工的高照度光や日光を、起床時に一定時間浴びます。
そうすることで、体内時計のリズムを早め、さらに就寝時間も早めることができます。
つづけることで、通常の睡眠時間帯に戻すことにつながります。

段階的に入眠時間を遅くしていって、睡眠相をその人の希望する時間帯に定着させる、時間療法が行われる場合もあります。
1日に3~4時間ずつ入眠時間を遅く設定することで、およそ1週間で入眠時間を希望の時間帯に調整することができます。
睡眠時間帯を早めることは大変ですが、遅らせるのはそれほどむずかしくないことから考えられた方法です。
ただし、この方法は睡眠時間が正常な睡眠時間帯が定着しても、不規則な生活をつづけると睡眠が遅れてしまうことが多々あります。
そのため、睡眠時間帯が完全に根付くまでは、気をつけながら生活していくことが重要となります。

治療のために、医師に松果体ホルモンのメラトニンが含まれるサプリメントを勧められることもあります。
メラトニンは睡眠ホルモンの別名をもち、眠気をもよおす物質と言われています。
寝つきをよくするだけでなく、体内時計を調整する作用もあるので、睡眠相後退症候群の治療に活用できます。
このサプリメントは、眠くならないようにわずかな量を、夕方くらいに毎日取り入れるのがいいと言われています。
心配するような副作用はありません。
しかし、服用の時刻が決まっていること、人によって望ましい量が異なることから、医師と相談しながら用いることをおすすめします。

睡眠相後退症候群は同タイプの睡眠障害と比べて、改善がしやすいと言われています。
医師の指導の下、しっかり自身の睡眠をコントロールしていくようにしましょう。

関連記事

季節性感情障害の特徴や症状、治療・予防などについて

特定の季節にだけ、うつ病のような症状があらわれることを季節性感情障害と言います。 多くは秋から

記事を読む

ナルコレプシーの特徴や症状、治療・予防などについて

ナルコレピシーとは、日中など目が覚めている時間帯に起こる睡眠障害で、自分で眠気をコントロールする

記事を読む

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

分離不安障害の特徴や症状、治療・予防などについて

分離不安障害の原因・症状 わたしたちは生まれた時点で自立しているのではなく、はじめは母親や父親

記事を読む

せん妄の特徴や症状、治療・予防などについて

せん妄の原因・症状 せん妄は突如あらわれる精神機能の障害のひとつで、軽度から中等度の意識障害が

記事を読む

アスペルガー症候群の症状や特徴などを詳しく

アスペルガー症候群は言語による会話能力があるにもかかわらず、自閉症と同じようなコミュニケーション

記事を読む

ピーターパン・シンドロームの特徴や症状、治療・予防などについて

ピーターパン・シンドロームは1970年代後半のアメリカで生まれた言葉で、成人しているのに精神的に

記事を読む

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。 知的遅れが見られな

記事を読む

発達障害の原因・治療・種類

原因について 発達障害は本人の意欲が少なく競争心がないのが原因であると誤解を受けていた時期があ

記事を読む

対人恐怖症の特徴や症状、治療・予防などについて

対人恐怖症はあがり症とも呼ばれる神経症のひとつで、緊張して他人と会話ができない、赤面してしまう、

記事を読む

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑