*

心身症の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 最終更新日:2016/05/08 精神・心の病


心身症は神経症や精神病などと混同されて、単純な「心の病気」ととらわれることが多いようです。
たしかに心身症は心と深く関係していますが、それだけではなく体とも関連性が高い病態の概念と言えます。
つまり、心身症は心理・社会的因子の影響によって発症し、体になんらかの症状があらわれている状態ということになります。

心身症は特定の病気を指す言葉ではなく、症状はあらゆる場所にあらわれる可能性があります。
つまり、各器官に個別の心身症が見られるということです。

たとえば、循環器に見られる神経症としては高血圧症や心臓神経症がよく知られています。
高血圧症は生活習慣や過剰なカロリー・塩分の摂取などが原因で引き起こされますが、その原因のひとつに心理的なストレスがあります。
人によっては生活習慣などの原因よりも、心理的ストレスのほうが色濃く影響していることもあります。
心臓神経症は胸に動悸や痛みが生じる病気ですが、検査をしても問題は発覚しません。
この病気は身内に心臓病などで亡くなった人がいると、その恐怖や不安感から症状がでてしまうもので、まさしく心身症の概念にあてはまると言えます。

ほかにも、気管支喘息や過換気症候群、神経性嘔吐症、過敏性腸症候群、摂食障害なども心身症の特徴が確認できます。
心身症に分類される疾患には、それぞれの要因が考えられます。
特にストレスは発症のきっかけだけでなく、症状が慢性化する要因のひとつと考えられます。
ストレスは脳に働きかけ、体がもつ免疫力や機能を低下させると言われているのです。

心身症はどの器官にあらわれるかによって症状が異なりますが、なりやすい人は共通していると言われています。
感情表現が不得意で自分を表現できない人、あるいは緊張や不安を感じやすい人が心身症になりやすいとされています。

心身症のひとつの特徴として、大人だけでなく子供もなりやすいという点です。
子供は親の精神状態や自分を取り巻く環境の影響を受けやすいので、心理的ストレスから体に症状があらわれる場合があるのです。

心身症を診断するための明確な指標はないため、医師が病状にストレスが関係しているのか、ストレスを取り除くと症状にどんな変化があらわれるかを確認したうえで診断する必要があります。
心身症の要因は心にありますが、症状そのものは体に見られます。
治療をする場合には、どちらかひとつだけでなく心と体の両面から行うことが大切です。
そのため、どちらのケアもできる医師に診察してもらうか、内科医と精神科医が連携して治療にあたることが求められます。

心身症の治療で薬物療法が用いられることがありますが、すべての症状に効く薬というのはありません。
薬の使用の有無を含めて医師がどんな薬が有効か判断しますが、大別すると体にあらわれる症状改善のための内科薬、自律神経を保護するための向精神薬に分類されます。
たとえば、心理的要因によって胃潰瘍が発症した場合は、症状を抑える薬が処方されます。
ただし、これはあくまでも症状を抑えるためのもので、根本的に改善するわけではありません。

心身症はストレスが原因で起こるので、精神療法によってストレスとの向き合い方を学ぶことも大切となります。
精神療法ではさまざまなアプローチによってどんなストレスに弱いのか、どうやってストレスに対処すればいいのかを、医師との会話のなかで探っていきます。
この方法はすぐに効果が出ることはあまりありませんが、根本的な問題を改善していくという意味では有効だと言えます。

筋弛緩法という方法も、心身症改善に効果的だと言われています。
この方法は簡単にできるリラックス方法で、自律神経の働きをコントロールして緊張状態にある体をリラックスさせるというものです。

バイオフィードバックと呼ばれる方法が取り入れられることもあります。
これはいつも無意識に行われている心拍などの生体活動を、意識的に行うことでコントロールするというものです。
たとえば、筋緊張性頭痛はストレスの影響で自律神経に乱れが生じ、頭部の筋肉が収縮を起こすことで発症します。
筋肉の収縮は無意識下で起こりますが、心電図などを用いて目で見える状態として筋収縮を調節できるように練習します。
すべてをコントロールするのは不可能ですが、この方法によってある程度コントロールすることが可能となり、症状を緩和できることは確認されています。

関連記事

対人恐怖症の特徴や症状、治療・予防などについて

対人恐怖症はあがり症とも呼ばれる神経症のひとつで、緊張して他人と会話ができない、赤面してしまう、

記事を読む

薬物依存の特徴や症状、治療・予防などについて

薬物を欲する過度な欲求が抑えきれずに、薬物をつかってしまうことを薬物依存と言います。 昔は薬物

記事を読む

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。 体になんらかの

記事を読む

発達障害による症状や特徴

知的障害の症状や特徴 知的機能に制約があること、そして適応行動に制約が伴うこと、最後に発達期に

記事を読む

気象病の特徴や症状、治療・予防などについて

昔から「古傷が痛むと雨が降る」などと言われているように、天気と体調は関係性が深いと考えられてきま

記事を読む

燃えつき症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

これまでやる気に満ちあふれて意欲的に仕事に取り組んでいた人が、急に無気力状態になってしまうことを

記事を読む

ADHD_注意欠陥多動性障害の特徴や症状、治療・予防などについて

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、不注意あるいは多動性・衝動性のどちらかあるいは両方が原因となっ

記事を読む

行為障害の特徴や症状、治療・予防などについて

他人の権利を侵害し社会的なルールを逸脱するような、攻撃的な非行行為を繰り返し行うことを行為障害と

記事を読む

過敏性膀胱(心因性頻尿)の特徴や症状、治療・予防などについて

精神的・心理的な緊張状態に陥ることで強い尿意をもよおし、その尿意に強いこだわりを感じる頻尿のこと

記事を読む

術後精神病の特徴や症状、治療・予防などについて

さまざまな怪我や病気の治療の一環として、手術が行われることがあります。 その手術をしたあとに妄

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑