*

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 精神・心の病


心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。
体になんらかの病気の兆候を認めると、人は不安を感じて病気ではないかと思い込んでしまうことがあります。
その思い込みが続いて深刻な病気ではないかと疑い、それを他人に訴え続けることを心気症と呼びます。

うつ病などの精神障害によって、こういった症状があらわれることがあります。
また、精神的な病気に限らず、健康な人がなんらかの不調を感じたことから一時的に起こる場合もあります。
心気症はこの症状が重要な部分を占めていて、なおかつ長期間継続し、うつ病などほかの精神障害によって起きているのではないものを指します。

心身症は自分が病気ではないかという誤解に端を発し、あらゆる検査を行いますが、当然ながらなんの異常もみつかりません。
しかし、病気への疑いは弱まるどころか強くなっていくため、医師がどんなに説明しても納得できずに病院を転々とするといったことも多く見られます。

心気症でよく訴えらる内容は多岐にわたり、倦怠感などの全身に見られる症状から頭痛やめまい、しびれなどの感覚症状までさまざまです。
ほかにも呼吸困難などの呼吸・循環器系症状、食欲不振などの消化器系症状、頻尿などの生殖器系症状など、訴えかける症状は人によって大きくちがいます。

昔はヒステリーが女性に多く見られるのに対して、心気症は男性特有の病気だと考えられてきました。
しかし、そうとは限らず、現在では男女比に差はないと言われています。

心身症の原因は人によって異なりますが、近しい人の病気などがきっかけとなっている場合が多くあります。
自分に自信が持てない、なにかに固執しやすい人が発症しやすいとも言われています。
うつ病を合併していることもありますが、抗うつ薬などで治療をしてうつ病が改善しても、心気症自体は改善されないこともあります。

さらに、本人が民間療法や宗教に傾倒していると、その影響で病気を確信している場合もあると言われています。
つまり、心気症は患者をとりまく環境や生き方の影響によって引き起こされる場合があるのです。

心気症の診断と治療にあたっては、まずは本当に体に病気が隠れていないか確認するために検査が行われます。
1度の検査で患者が納得できない場合は、いくつかの医療機関を受診する必要もあるかもしれません。

一般的に、心気症の治療はほかの神経症よりも困難だと言われています。
心気症は人によって感じている症状はちがうので、すべてに効果的な治療法はないのが現状だからです。

また、心理的原因による不調にもかかわらず、患者本人はそうは思っていないので心理的治療に難色を示すこともしばしばあります。
そして、身体的な治療を要求し続けるので、スムーズに治療を進めにくいのです。
そのため、医師は患者の症状、性格、原因などをしっかり見極めたうえで、それぞれの人に適した治療を行わなければいけません。

心気症治療で柱となるのが、精神療法です。
心気症の患者の多くは精神療法に抵抗感をもっているため、医師との信頼関係をつくるには時間がかかることが多いと言われています。
そのため、心気症患者の心理を深く理解し、患者に寄り添って治療を継続してくれる医師に相談することが大切となります。

実際の精神療法では、森田療法や精神分析的精神療法などが用いられます。
森田療法は日本で誕生した神経症の治療法で、患者自身が病気への不安をありのままに受け入れるというのが特徴です。
この治療法では、根底に存在する生の欲望を建設的な行動であらわすことを目指していきます。

精神分析的精神療法は西洋で生まれた精神療法で、治療者のサポートを受けながら無意識の心の葛藤を自覚することが主幹となっています。
患者が子供のころどんな生活を送っていたのか振り返り、両親との関係で無意識に追いやられた感情を探していきます。
しかし、この方法は心気症に対しては効果があまりなかったため、最近ではアレンジが加えられていることが多いようです。
子供のころではなく現在の感情に共感し、患者自身の言葉で語られるようにサポートし、隠された感情を探っていきます。

心気症の治療では、抗不安薬を用いることがよくあります。
患者の苛つきや緊張、不安が顕著に見られる場合、自律神経系の症状が多く見られる場合などは薬物療法によって症状を緩和させることができます。
ただし、薬によって心気症の症状を取り除けることは少ないため、あくまでも治療の補助として用いられます。

関連記事

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。 知的遅れが見られな

記事を読む

心臓神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

心臓神経症の原因・症状 心臓神経症は呼吸困難やめまい、息切れ、動悸など明確な症状があるのに、心

記事を読む

心身症の特徴や症状、治療・予防などについて

心身症は神経症や精神病などと混同されて、単純な「心の病気」ととらわれることが多いようです。 た

記事を読む

統合失調症の色々なタイプについてのまとめ

妄想型 統合失調症のタイプに妄想型があります。 世界的に見ると一番統合失調症の中でも多いタイ

記事を読む

レット症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

レット症候群は女児だけに発症する進行性の神経疾患で、てんかんや知的障害、情動異常、側彎、ジストニ

記事を読む

慢性疲労症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

慢性疲労症候群の原因・症状 慢性疲労症候群とは、原因不明の疲労感が半年以上継続していることを言

記事を読む

パソコン_インターネット依存症の特徴や症状、治療・予防などについて

パソコンやスマートフォンが普及し、現代ではインターネットがごくごく身近な存在になってきました。

記事を読む

薬物依存の特徴や症状、治療・予防などについて

薬物を欲する過度な欲求が抑えきれずに、薬物をつかってしまうことを薬物依存と言います。 昔は薬物

記事を読む

ドメスティックバイオレンスの特徴や症状、治療・予防などについて

配偶者や恋人などの親密な間柄である、もしくは過去にあった相手からふるわれる暴力のことをドメスティ

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑