*

離人神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 最終更新日:2016/05/10 精神・心の病


離人神経症はあまり一般には知られていませんが、精神障害のひとつに数えられる障害です。
WHOの診断名は離人・現実感喪失と言い、自分が自身の肉体から一体性を喪失しているような感覚になるといった症状があらわれます。

その症状は人によって差があり、現実感がないといった感覚に陥る人もいれば、自身の肉体から自分が離れて自分を見つめているような体験をした人までさまざまです。
発症者には10代後半~20代が多いとされ、40歳以上の発症者はほとんどいません。
男女差はほとんどありませんが、日本では女性のほうがやや多いと言われています。

離人神経症は、交通事故や戦闘などによる精神的なショックやストレスによって発症すると言われています。
また、身体疾患や過労、睡眠不足など精神的な要素以外の原因によって引き起こされる場合もあります。
すぐに治ることもあれば、何度も繰り返す場合、何年にもわたって症状がつづく場合など、その経過は人によって異なります。

離人神経症に見られる症状そのものは、健康体の人でもときには体験することではあります。
ですが、ずっとつづいて正常な日常生活が送れなくなってしまった場合、症状に対する苦痛が激しい場合などは、早急に治療することが望ましいでしょう。

また、症状が急にあらわれることで混乱状態となってしまうことがあるので、離人神経症に対する正しい知識をもっておくことも必要です。
どんな障害でどういった症状があらわれるのかを把握しておくだけでも、いざ症状があらわれたときにパニックに陥りにくくなるとされているからです。

離人神経症とほかの精神的障害が関わりあっていることも多々あるので、専門医に相談して治療をはじめることが大切です。
この症状は常にあらわれているという人は少なく、出る時期もあれば出ない時期もあるという人がほとんどです。
安定した日常生活を送るためには、症状が一時的におさまったからといって安心せずに、早めに医師に相談する必要があります。

医師による診断では、薬物やアルコールの中毒性による障害、てんかん、身体的疾患などによるものかどうか、判別されます。
さらに、別の精神障害が同時に起こっていないかも確かめられます。
そして、まわりの景色が作り物のように感じないか、自分の肉体が自分のものではないように感じるかといったことを聞きます。

離人神経症は自分が自分ではなくなる感覚という曖昧なもので、具体的にどんな風に感じるかは人によって違います。
なんとなく自分の肉体が自分のものでないと感じるといったものから、とりまく環境が無機質でまるでマネキンに囲まれているようだと表現する人もいます。
医師による診断では、さまざまな質問を重ねていき、その人がどんな症状をもっているのか明らかにしていきます。
離人神経症には特別な検査などはないので、専門医の判断に任されることになります。

治療は長期間かかることもあります。
しかし、医師とのカウンセリングのなかで現実を実感できたエピソードなどを思い出すことで、症状が軽減することもあります。
自分に今何が起きているのかを明確にするだけでも、精神的に落ち着けたという人は多いので、まずは医師に相談することが大切です。

離人神経症は認知機能の障害と関係があると考えられていますが、発症の理由やはっきりとした原因などは残念ながらわかっていません。
そのため、はっきりこれと言えるような明確な予防方法も確立されていないのが現状です。

そのなかで自分で気をつけることができるものとしては、ストレスや疲れをためないということです。
ゆとりをもった生活を送ってストレスを感じにくくすることで、症状の発生を抑えられる可能性はあります。
また、先天的な脳神経疾患が要因の場合は、できるだけ早く治療をしておくことで離人神経症の予防に結びつくこともあります。
ほかの精神障害がきっかけで離人神経症となることもあるので、基本的には精神障害になりづらい環境をつくることが大切となります。

関連記事

アダルトチルドレンの特徴や症状、治療・予防などについて

正常に機能していない家庭環境で育ったことで、大人になっても内心的なトラウマを抱えている状態のこと

記事を読む

発達障害の原因・治療・種類

原因について 発達障害は本人の意欲が少なく競争心がないのが原因であると誤解を受けていた時期があ

記事を読む

多汗症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

多汗症とは(概要) 私たち人間が汗をかくのは、主に体温をコントロールするためです。 激し

記事を読む

自律神経失調症の治療についてのまとめ

心療内科に行こう 自律神経失調症になった場合に診察を受けるのは、「心療内科」です。 病院によ

記事を読む

アスペルガー症候群と他の病気との関連性をみてみましょう

こちらではアスペルガー症候群と他の病気との関連性についてご紹介しています。 アスペルガ

記事を読む

発達障害による症状や特徴

知的障害の症状や特徴 知的機能に制約があること、そして適応行動に制約が伴うこと、最後に発達期に

記事を読む

ドメスティックバイオレンスの特徴や症状、治療・予防などについて

配偶者や恋人などの親密な間柄である、もしくは過去にあった相手からふるわれる暴力のことをドメスティ

記事を読む

五月病の特徴や症状、治療・予防などについて

転居や転職、異動などで環境が大きく変わることはよくあります。 そのなかではじめの頃は気を張って

記事を読む

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。 知的遅れが見られな

記事を読む

気象病の特徴や症状、治療・予防などについて

昔から「古傷が痛むと雨が降る」などと言われているように、天気と体調は関係性が深いと考えられてきま

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノ

原発性アルドステロン症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

原発性アルドステロン症とは 日本人にも患っている人の多い「高血圧症(こうけつ

舌がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

舌がん(ぜつがん)とは口腔(こうくう)がんの一種です。 口腔がんと一口にいっても

陰のう水腫を詳細に:原因,症状,検査,治療など

陰のう水腫とは? 陰のう水腫(いんのうすいしゅ)とは、左右の精巣(睾丸)が格

メタボリックシンドロームを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

メタボリックシンドロームとは メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に伴う

→もっと見る

PAGE TOP ↑