*

気象病の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 最終更新日:2015/05/03 精神・心の病


昔から「古傷が痛むと雨が降る」などと言われているように、天気と体調は関係性が深いと考えられてきました。
雨が降るときには一時的に気圧が下がることが多いですが、その影響で体内の水分循環に狂いが生じます。
その結果、古傷が痛くなったり、体がむくんでしまったりするのです。

また、脳の血管が膨張して神経を圧迫することから、頭痛が起こりやすいこともわかっています。
ほかにも、急性虫垂炎や胆石、脳出血、感冒、心筋梗塞、尿路結石、気管支喘息、血栓、神経痛、狭心症、関節リウマチなどの症状が出やすいとされています。
そういった、気候や気圧の変化の影響で引き起こされる症状のことを「気象病」と言います。

気象病はとくに秋に起きやすいと言われています。
秋は天気の変動が頻繁に起こりやすいこと、暑い季節から寒い季節への移行期であること、移動性高気圧や低気圧が日本付近を通過しやすいことが、その理由です。
さらに、秋は多くの台風がくる時期であるため、気圧変動も顕著です。

気象病はさまざまな病気が引き起こされるというものなので、基本的にはそれぞれの病気の治療が必要となります。
自律神経の乱れが原因で起こる頭痛や古傷の痛みといった症状には、入浴がいいとされています。
温かいお湯にゆったりとつかることで血行が整って、自律神経が乱れにくくなります。

むくみを予防・改善するには、水分や塩分の過剰摂取を控えることが第一です。
さらに、マッサージやストレッチをして血行を促進して、水分の循環をスムーズにするのもおすすめです。

気温の変化に対応することも大切です。
1日の気温差が大きいと、体にはよくないと言われているため、これに対応する必要があります。
服装などでこまめに調節するようにして、体が冷えすぎないように注意しましょう。

気象病予防はさまざまな方法が考えられますが、もっとも大切なのは気象の変化に対応できるような体をつくることです。
規則正しい生活、バランスのとれた食生活、適度な運動などを心がけて、強い体作りを徹底していきましょう。

関連記事

統合失調症の原因・症状について調べてみました

統合失調症とは 統合失調症とは精神病の一種で、妄想幻想でどこからか声が聞こえてきたり、奇妙な行

記事を読む

多汗症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

多汗症とは(概要) 私たち人間が汗をかくのは、主に体温をコントロールするためです。 激し

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

うつ病の原因・症状・治療について

うつ病とは気分がひどく落ち込み、何にも興味が持てなくなり、何もしたくないという気持が出てきて、体

記事を読む

アルコール依存症の原因・症状・合併症・診断・治療のまとめ

現代はストレス社会といわれていて、ほとんどの人が何かしらのストレスを感じながら生活しています。

記事を読む

自律神経失調症の治療についてのまとめ

心療内科に行こう 自律神経失調症になった場合に診察を受けるのは、「心療内科」です。 病院によ

記事を読む

閉所恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

閉所恐怖症はその名の通り、狭い場所にいることに恐怖を感じる症状のことを言います。 精神疾患

記事を読む

過敏性膀胱(心因性頻尿)の特徴や症状、治療・予防などについて

精神的・心理的な緊張状態に陥ることで強い尿意をもよおし、その尿意に強いこだわりを感じる頻尿のこと

記事を読む

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。 体になんらかの

記事を読む

季節性感情障害の特徴や症状、治療・予防などについて

特定の季節にだけ、うつ病のような症状があらわれることを季節性感情障害と言います。 多くは秋から

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑