*

気象病の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 最終更新日:2015/05/03 精神・心の病


昔から「古傷が痛むと雨が降る」などと言われているように、天気と体調は関係性が深いと考えられてきました。
雨が降るときには一時的に気圧が下がることが多いですが、その影響で体内の水分循環に狂いが生じます。
その結果、古傷が痛くなったり、体がむくんでしまったりするのです。

また、脳の血管が膨張して神経を圧迫することから、頭痛が起こりやすいこともわかっています。
ほかにも、急性虫垂炎や胆石、脳出血、感冒、心筋梗塞、尿路結石、気管支喘息、血栓、神経痛、狭心症、関節リウマチなどの症状が出やすいとされています。
そういった、気候や気圧の変化の影響で引き起こされる症状のことを「気象病」と言います。

気象病はとくに秋に起きやすいと言われています。
秋は天気の変動が頻繁に起こりやすいこと、暑い季節から寒い季節への移行期であること、移動性高気圧や低気圧が日本付近を通過しやすいことが、その理由です。
さらに、秋は多くの台風がくる時期であるため、気圧変動も顕著です。

気象病はさまざまな病気が引き起こされるというものなので、基本的にはそれぞれの病気の治療が必要となります。
自律神経の乱れが原因で起こる頭痛や古傷の痛みといった症状には、入浴がいいとされています。
温かいお湯にゆったりとつかることで血行が整って、自律神経が乱れにくくなります。

むくみを予防・改善するには、水分や塩分の過剰摂取を控えることが第一です。
さらに、マッサージやストレッチをして血行を促進して、水分の循環をスムーズにするのもおすすめです。

気温の変化に対応することも大切です。
1日の気温差が大きいと、体にはよくないと言われているため、これに対応する必要があります。
服装などでこまめに調節するようにして、体が冷えすぎないように注意しましょう。

気象病予防はさまざまな方法が考えられますが、もっとも大切なのは気象の変化に対応できるような体をつくることです。
規則正しい生活、バランスのとれた食生活、適度な運動などを心がけて、強い体作りを徹底していきましょう。

関連記事

摂食障害の症状や治療法

こちらでは、『摂食障害』の症状や治療法についてご紹介しています。 摂食障害といえば、主に『過食

記事を読む

術後精神病の特徴や症状、治療・予防などについて

さまざまな怪我や病気の治療の一環として、手術が行われることがあります。 その手術をしたあとに妄

記事を読む

選択性緘黙症の特徴や症状、治療・予防などについて

選択性緘黙症の原因・症状 「せんたくせいかんもくしょう」と読み、小児期特有の症状のことを言いま

記事を読む

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれる

記事を読む

仮面うつ病の特徴や症状、治療・予防などについて

うつ病の一種でありながら、頭痛や食欲不振、便秘といった身体症状が表出して、うつ症状があまり見られ

記事を読む

発達障害の原因・治療・種類

原因について 発達障害は本人の意欲が少なく競争心がないのが原因であると誤解を受けていた時期があ

記事を読む

季節性感情障害の特徴や症状、治療・予防などについて

特定の季節にだけ、うつ病のような症状があらわれることを季節性感情障害と言います。 多くは秋から

記事を読む

書痙の特徴や症状、治療・予防などについて

「しょけい」と読み、字を書いていると手に痛みやふるえが生じる状態のことを言います。 書痙の症状

記事を読む

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。 体になんらかの

記事を読む

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑