*

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 精神・心の病


精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれるものがあります。
そういったものの総称が「器質性精神障害」です。
これに対して身体疾患にもとづく精神障害を「症状性精神障害」と呼んで、区別することもあります。
器質性精神障害で見られる主な症状は、意識障害と認知症の2つだと言われています。

意識障害の程度はさまざまで、人によって症状は大きく異なります。
強い刺激を与えても目覚めないような昏睡状態、意識があるように見えるのにぼんやりとしてときどき眠ってしまうような軽度なものまでいろいろあるのです。
場合によっては、幻覚や妄想といった症状があらわれることがあります。
さらに、支離滅裂な発言を繰り返して興奮状態となったりすることもあります。
そのため、ほかの病気だと誤診され、正しく意識障害と診断されない場合もあります。

認知症は、問題なく発達した知的能力が、脳の器質変化の影響を受けて低下することを言います。
知能や記憶に関わる障害とともに、もともとの性格が変わってしまう人格変化などの症状があらわれます。
妄想や幻覚、うつ状態、情動不安定といった症状が見られる場合もあります。
時間が経過するにつれて悪化していくことがほとんどで、症状の悪化によって自分の名前すらわからなくなるケースも多々あります。

器質性精神障害の原因は、アルツハイマー病や脳腫瘍など脳に障害を引き起こす病気であると言われています。
また、脳出血や脳梗塞などの脳血管に関係する障害が原因となって起こることもあります。

交通事故などによって、脳になんらかの損傷が与えられて場合も障害があらわれやすくなります。
脳しんとうや脳挫傷、頭蓋内出血などによる影響は大きく、なんらかの障害として表出することも珍しいことではありません。
精神活動は脳神経によって行われるので、脳神経にトラブルがあれば精神障害があらわれるのも当然だと言えるのです。

意識障害にあてはまるような症状を発見したら、早急に専門医の診察を受ける必要があります。
そして、器質性精神障害なのか、もしそうだとしたら原因は何なのかをはっきりさせます。
さまざまな障害のなかでも、とくに意識障害はできるだけ早く処置をすることが望ましいので、おかしいと思ったらすぐに医療機関に相談しましょう。

器質性精神障害の診断では、MRIやCTなどの脳画像検査、脳波検査はもちろん、ほかにもいろいろな検査の結果によって判断されます。
設備が十分に整った病院でないと対応できないので、大きな病院に行くようにしましょう。

治療では原因として考えられる身体疾患や脳器質疾患の治療が優先的に行われます。
認知症が見られる場合は、薬物療法を行いながら生活環境を整備し、リハビリも行います。
膠原病や脳炎などは、内科的治療が実施され、頭部外傷や脳腫瘍などが見られる場合は外科的処置が行われることになります。
精神症状が顕著にあらわれている場合は、向精神薬を使って治療を進めていきます。
このように、器質性精神障害の症状は多岐にわたるので、治療もひとつひとつの症状にあわせて行う必要があります。

器質性精神障害の多くは、症状が慢性化するという傾向が見られます。
そのため、症状がある程度改善したあとも、通院をして治療を継続する必要があります。

薬を用いて治療をしている場合は、もう症状がおさまったから必要ないと勝手に服用を中止すると精神症状がひどくなることがあります。
主治医の指示のとおりに、服用を続けることが大切です。
市販薬を用いる場合は、あらかじめ主治医に聞いておくと安心です。

認知症が悪化すると、周囲の人間と意思疎通がしづらくなります。
ですが、人間の尊厳が失われることはあってはならないので、周囲の人間は十分に理解したうえで接することが大切です。
現状ではたらいている機能に注目して、それを活かすためのサポートを続けることで、症状が軽減する可能性はあります。
ですが、家族がきめこまやかなサポートをすることがむずかしい場合があります。
そういった場合は、地域の福祉機関のサポートを受けて、介護をつづけていくようにしましょう。

関連記事

ひきこもりの特徴や症状、治療・予防などについて

社会的要因や心理的要因などによって、社会参加が困難となって自宅から長期間出られなくなることを「ひ

記事を読む

行為障害の特徴や症状、治療・予防などについて

他人の権利を侵害し社会的なルールを逸脱するような、攻撃的な非行行為を繰り返し行うことを行為障害と

記事を読む

神経衰弱の特徴や症状、治療・予防などについて

神経衰弱は、精神的努力をしたあとに疲労がいつまでもつづく状態、あるいは少しの努力をしたあとに身体

記事を読む

性同一性障害の特徴や症状、治療・予防などについて

女性が自分を男性だと思い、男として生きたいと思うこと、同じように男性が自分を女性と思って女性のよ

記事を読む

ドメスティックバイオレンスの特徴や症状、治療・予防などについて

配偶者や恋人などの親密な間柄である、もしくは過去にあった相手からふるわれる暴力のことをドメスティ

記事を読む

手首自傷症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

手首自傷症候群はリストカットとも言い、刃物をつかって自分の手首を切ってしまう病気を指します。

記事を読む

ピーターパン・シンドロームの特徴や症状、治療・予防などについて

ピーターパン・シンドロームは1970年代後半のアメリカで生まれた言葉で、成人しているのに精神的に

記事を読む

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状・原因・予防・治療法

ここでは、心の病の中のPTSD(心的外傷後ストレス障害)について詳しくご説明しています。 PT

記事を読む

様々なタイプのパーソナリティ障害の特徴のまとめ

依存性パーソナリティ障害の特徴 依存性パーソナリティ障害は、自分が頼りとする相手に、何をするに

記事を読む

アダルトチルドレンの特徴や症状、治療・予防などについて

正常に機能していない家庭環境で育ったことで、大人になっても内心的なトラウマを抱えている状態のこと

記事を読む

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

反回神経麻痺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

反回神経麻痺とは 反回神経麻痺(はんかいしんけいまひ)とは、声を発するための器官の声

→もっと見る

PAGE TOP ↑