*

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

公開日: : 精神・心の病

痙性斜頸の原因・症状

痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方向に曲がってしまい、正面を向くことができなくなってしまう病気のことを言います。
首の可動範囲が狭くなってしまったり、肩や首に痛みが生じる場合もあります。
筋肉が過剰な緊張状態となり、思うように姿勢を変えられないジストニアという病気のひとつとされています。
発症する年齢は10代から初老期と範囲が広く、特に30~40代が多くを占めると言われています。

具体的な症状としては、顔が横向きになってしまう、頭が振れる、頭が前や後ろ向きに倒れてしまう、肩があがる、あごが前に出るといったものがあげられます。
さらに、自分の意思で動かそうとすると、違和感を感じる、痛みが生じる、動かしづらいといった症状があらわれることもあります。
首があらぬ方向に曲がるという症状はこの病気特有のものだと言えますが、それ以外は肩こりなどにも見られる症状のため、気づかない人も多いようです。

肩や首の筋肉というのは、単独であるわけではなくそれ以外の筋肉と密接に関わっています。
そのため、ひとつの症状にとどまらず、複数の症状が見られる場合も多々あります。
そうすると首まわりに限らず、全身の姿勢維持にも影響して、姿勢が極端に悪くなってしまうと言われています。

考えられる要因はさまざまですが、はっきりと特定されているわけではありません。
脳から筋肉への指令が正常に行われていないこと、無理な姿勢で長時間過ごすことなどが原因と考えられています。
さらに、精神的なストレスや過度の疲労なども影響されていると言われています。
これらが重なることで、症状があらわれるようになることもあります。

症状は急にあらわれる人もいれば、徐々に悪化していく人もいます。
通常は、急に発症するよりも、少しずつ悪くなっていくケースが多いようです。
悪化すると日常生活に支障が出てしまうので、何か違和感を感じたら調べてみることが大切です。
早い段階で病院に行き、適切な治療を施すようにしましょう。

痙性斜頸の治療・予防方法

痙性斜頸の治療にはいくつかの方法があります。
あらわれている症状などによってどの方法が効果的かは異なるので、医師に相談する必要があります。
ここでは一般的な治療法を紹介していきましょう。

まず、あげられるのがボツリヌス療法というものです。
これは食中毒の原因菌でもあるボツリヌス菌を用いた療法で、ボツリヌス菌が生成する天然のたんぱく質の有効成分を抽出したものを筋肉に直接注射します。
この薬を投与することで、筋肉を緊張状態にする神経の働きを抑制することができるので、緊張を緩和させることにつながるのです。

有毒な菌が体内に入り込んでしまうのではと、心配する人がいますが問題ありません。
ボツリヌス菌自体を注入するわけではありませんし、多くの人がさまざまな病気治療のために用いている安定性のある方法だからです。

ほとんどの場合、入院の必要もありません。
ただし、永久に効果が続くわけではないので、数ヶ月ごとに治療を受けることになります。
また、はじめに投与される薬はごくわずかなので、1度の治療では症状に変化があまりない可能性もあります。

ボツリヌス療法以外にも、薬物内服療法が行われることがあります。
これは、向精神薬や抗てんかん薬などを内服していくというものです。

場合によっては、手術が行われることもあります。
緊張状態がつづく筋肉をつかさどる神経を遮断するといった内容のものです。

では、痙性斜頸を予防するにはどうしたらいいのでしょうか。
痙性斜頸は筋肉の緊張が継続することで起こるとされているので、できるだけ弛緩させることが必要となります。
体全体の筋肉の力を抜くよう意識して、動きや姿勢に気を配るようにしましょう。

それにはヨガやストレッチなどがいいとされています。
日常のなかに取り入れて、筋肉が緊張状態にならないよう気をつけるといいでしょう。
作業療法士などに予防方法を聞くことも大切です。
いろいろな方法を試して痙性斜頸を予防していくことが重要だと言えます。

痙性斜頸の検査・診断方法

痙性斜頸は、はじめは首に違和感や少し痛みを感じるなどの軽い症状ではじまり、少しずつ悪化するケースが多いとされています。
悪化すると治療も困難となってしまうので、早い段階で医師に相談することが大切です。
病院ではどういった検査が行われるのでしょうか。

まずはじめに病院を訪れると問診が行われます。
どんな症状が見られるかはもちろん、以前に頭や首に怪我を負ったことがあるか、症状があらわれはじめたときの精神状態などが聞かれます。
さらに、病歴や職業、家族との関係なども聞かれることがあるでしょう。
痙性斜頸は日常生活やストレスの影響を受けやすいと考えられているため、患者のさまざまな情報を把握してさまざまな角度から原因を探っていく必要があるからです。

次に具体的な原因などを調べるために検査が行われます。
痙性斜頸は医師が確認すれば、発見しやすい病気だと言われています。

画像診断をするとともに、筋肉の緊張状態を調べていきます。
緊張状態を確認するのには、筋電計と呼ばれる機械が用いられます。
場合によっては超音波検査が行われることもあります。
問診や検査から、痙性斜頸の原因がどの筋肉によるものなのか、症状がどれほど悪化しているかを医師が伝えます。

痙性斜頸の診断は比較的簡単とされていますが、なかには偽性斜頸が隠れていることがあります。
偽性斜頸は骨格異常などによって頭位偏倚や心因性斜頸が起こっていることがあるので、より正確に診断しなければいけなくなります。

また、頸部に生じた痛みだけで、ほかの症状が見られない場合があります。
この場合は痙性斜頸と確定されにくいため、発見が遅れてしまうことがあります。

的確な治療を実施するためには、きちんと検査や診断を受けることが大切となります。
たいした症状ではないと思っていても、重大な疾患がかくれていることもあるので、きちんと診てもらわなければいけません。
病気を根本的に解決するためにも、信頼できる医師をみつけていつでも相談できる体制を整えておくことは大切だと言えるでしょう。

関連記事

せん妄の特徴や症状、治療・予防などについて

せん妄の原因・症状 せん妄は突如あらわれる精神機能の障害のひとつで、軽度から中等度の意識障害が

記事を読む

自律神経の働きや役割のまとめ

自律神経の働き 「自律神経」というのは、日常生活の中で、私たちが特に意識しなくても身体の機能を

記事を読む

慢性疲労症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

慢性疲労症候群の原因・症状 慢性疲労症候群とは、原因不明の疲労感が半年以上継続していることを言

記事を読む

閉所恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

閉所恐怖症はその名の通り、狭い場所にいることに恐怖を感じる症状のことを言います。 精神疾患

記事を読む

言語発達障害・学習障害の特徴や症状、治療・予防などについて

言語発達障害および学習障害は、どちらも幼児期に見られることが多い障害です。 知的遅れが見られな

記事を読む

仮面うつ病の特徴や症状、治療・予防などについて

うつ病の一種でありながら、頭痛や食欲不振、便秘といった身体症状が表出して、うつ症状があまり見られ

記事を読む

睡眠相後退症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

夜型の生活が定着すると、早い時間帯に就寝することが難しくなります。 そのため、起きたい時刻に起

記事を読む

五月病の特徴や症状、治療・予防などについて

転居や転職、異動などで環境が大きく変わることはよくあります。 そのなかではじめの頃は気を張って

記事を読む

燃えつき症候群の特徴や症状、治療・予防などについて

これまでやる気に満ちあふれて意欲的に仕事に取り組んでいた人が、急に無気力状態になってしまうことを

記事を読む

ナルコレプシーの特徴や症状、治療・予防などについて

ナルコレプシーとは ナルコレプシー(なるこれぷしー)とは、就寝時間ではない日中に、とつぜん耐え

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑