*

自律神経の働きや役割のまとめ

公開日: : 精神・心の病

自律神経の働き

「自律神経」というのは、日常生活の中で、私たちが特に意識しなくても身体の機能を調整する働きをしてくれています。
言ってみれば、“心臓の動き”や“呼吸“、“血液の循環”、“体温の調節”など、私たちが生きていくために必要な機能の多くは、この自律神経によってコントロールされているのです。
自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2種類が存在していて、この2つがお互いに制御しあいながらバランスを保つようになっています。
交感神経の方は、“運動をしている時“や“興奮状態にある時”など、「身体を活発に活動させる時」に優位になり、副交感神経は、“リラックスしている時”や“睡眠中“など、「身体を休めている時に」に優位になるのですが、この2つは、お互いに逆の働きをしながら絶妙のバランスをとっているということなのです。
そして、何よりも大切なことは、この自律神経が、無意識のうちに働いてくれているということです。
前述のとおり、心臓の動きや呼吸など、私たちが生きていくために絶対に欠かすことのできない機能を司っているわけですから、ここに異常が起きると様々な問題が出てきてしまいます。
ですが、無意識に働いている神経ということは、逆から見ると、なにか問題があった時でも、意識的に調節することができないということになります。
そのため、自律神経失調症というのが問題視されているわけなんですね。
ストレスなど、精神的な問題が蓄積すると自律神経失調症になりやすいですから、くれぐれも気をつけておきたいものです。

交感神経と副交感神経の役割

自律神経が、「交感神経」と「副交感神経」という2種類に分けられることは、すでにお話したとおりです。
交感神経は、“緊張しているとき”や“興奮しているとき”などに優位になり、逆に“リラックスしているとき”には、副交感神経が優位になるようになっています。
この2つの働きを、もう少し詳しく見ていきましょう。
まず、交感神経の方ですが、身体を活発に動かすときに働きますので、主に運動する時の状態を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
具体的には、「瞳孔の散大」や「血圧の上昇」、「気管支の拡張」、「心機能の亢進」、「血管収縮」などが挙げられます。
交感神経が興奮する時には、「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が働いています。
これらが作用することで、上記のような状態になるということですね。
対して、副交感神経ですが、これはちょうど交感神経の逆の働きをすると考えておけばいいでしょう。
それに加えて、食物の消化に関わる機能が活発になるということも、大きな特徴です。
例えば、「唾液の分泌」や「胃酸の分泌」、「腸管運動の促進」、「心機能の抑制」などが主な働きとなります。
副交感神経が興奮する時には、「アセチルコリン」という神経伝達物質が働いています。
これによって、上記のような状態となるのです。
このように、交感神経と副交感神経は、どちらかのほうが優位であればいいというものではなく、両方が必要に応じてバランスよく働いていることが大切なのです。

自律神経と脳

自律神経を見ていくと、脳の働きがとても重要であることがわかってきます。
というのも、自律神経は脳の「視床下部」によってコントロールされているからです。
人間の脳は、「大脳」、「小脳」、「脳幹」という3つの部分に分けることができますが、その名前からもわかる通り一番大きいのが大脳で、全体の75%を占めています。
大脳は、一番外側が「大脳皮質」と呼ばれるもので、その内側には「大脳辺縁系」があり、その下にあるのが「視床下部」です。
前述のとおり、直接的には、この視床下部が自律神経をコントロールしているのですが、視床下部自体は大脳辺縁系や大脳皮質からの影響を受けていますので、大脳そのものが自律神経とは非常に深い関係を持っているとも言えます。
大脳辺縁系は“動物脳”と呼ばれることもありますが、例えば、事故などに遭いそうになった時、恐怖の感情を視床下部に伝えるのです。
それによって、自律神経が動き、鼓動が早くなったり、冷汗が出たりといった反応を示します。
また、大脳皮質は“人間脳“と呼ばれることもある、高度に発達した部分ですが、映画などで興奮した時や、好きな異性に声をかけられたりした時などに反応し、その情動が視床下部に伝わって自律神経が働きます。
このように、大脳皮質と大脳辺縁系は、それぞれに視床下部と関連を持っていますから、大脳全体が自律神経の働きには大きな影響を持っているということになります。
また、この働きを見ると、私たちの“情動”によって、自律神経が影響を受けるということもよくわかりますね。

自律神経系とホルモン系

自律神経の直接的な中枢部分は、大脳の中にある「視床下部」ですが、この視床下部は同時に、内分泌(ホルモン)系の中枢という役割も担っています。
ホルモンそのものは、視床下部の下にある「脳下垂体」から分泌されているのですが、この脳下垂体にホルモンを分泌するよう司令を出しているのが視床下部なのです。
視床下部からの命令を受けると、脳下垂体は「成長ホルモン」や「甲状腺刺激ホルモン」、「乳腺刺激ホルモン」、「副腎皮質刺激ホルモン」、「性腺刺激ホルモン」など、様々な種類のホルモンを分泌します。
ですが、この働きは視床下部から脳下垂体に命令するだけという“一方通行”なのかというと、決してそういうわけではありません。
つまり、脳下垂体からホルモンが分泌されることによって、視床下部自体が影響を受けてしまうのです。
ということは、このホルモン分泌に何らかの異常があると、視床下部が影響され、その結果、自律神経にも乱れが生じるということがあります。
自律神経失調症は、男性よりも女性の方に多いという傾向がありますが、これは“月経“や“妊娠“、“出産”など、性周期によってホルモンが変動しやすいことが原因となっているのでしょう。
特に、閉経に差し掛かると“更年期障害”になるケースが多いですが、その症状は自律神経失調症そのものといってもいいほどです。
もちろん、性に関するホルモンだけでなく、他のホルモン分泌が影響するというケースも数多くあります。

バランスが崩れると

自律神経の中枢部分である視床下部は、「大脳辺縁系」や「大脳皮質」といった、脳の広範囲な部分から影響を受けています。
つまり、間接的に大脳辺縁系や大脳皮質からの影響を、自律神経も受けているということになります。
この2つの部位は、“人間的”、あるいは“動物的“な「情動」を司っているのですが、様々な感情の動きによって自律神経が反応し、身体機能を自動的に調整するというのがバランスのとれている状態です。
つまり、感情の動きが伝わることで身体の機能が働きますので、自律神経のことを「心と身体の架け橋」と呼ぶこともあります。
通常であれば、感情の動きがそんなに長続きするということはありませんので、自律神経も正常に機能しているのですが、何らかの理由のために特定の感情が長期間持続すると、バランスを崩してしまうことがあります。
例えば、“恐怖”や“怒り”、“不安感”、“極度の緊張”など、いわゆる「ストレス」となるようなマイナス感情が持続すると、自律神経の調整機能が低下してしまうのです。
これが、自律神経失調症ということですね。
他にも、“抑うつ状態“や“深い失意“に陥ってしまうと、バランスが崩れ、時には食欲、性欲や睡眠といった、生命を維持するために欠かせない機能にまで支障をきたすということがあります。
このように、心の状態が私たちの身体に及ぼす影響は、計り知れません。
くれぐれもバランスを崩してしまわないよう、健やかな状態を維持したいものです。

プラス感情とマイナス感情

私たち人間の感情には、「プラス感情」と「マイナス感情」という、大きく分けて2つのものが存在しています。
一般にプラス感情というのは、「嬉しい」、「楽しい」、「安心」、「楽観」、「信頼」、「愛情」、「感謝」、「自信」、「やる気」、「くつろぎ」などといったもので、マイナス感情は、「怒り」、「憎しみ」、「恐怖」、「不安」、「心配」、「悲観」、「疑い」、「恨み」、「嫉妬」、「嫌悪感」、「劣等感」などが挙げられます。
では、このプラス感情とマイナス感情のどちらが、自律神経に大きな影響をあたえるのかというと、その答えは“両方”ということになります。
もう少し詳しく見ていくと、プラス感情は副交感神経に影響して、身体をリラックスさせる働きをし、マイナス感情は交感神経に影響して身体を緊張させるという働きをするのです。
しかし、身体に悪影響を与えやすいのはどちらかということになると、やはりマイナス感情ということになります。
マイナス感情は緊張を呼び込みますので、いわゆるストレス状態となり、私たちのエネルギーを消耗させてしまいます。
そのため、自律神経の機能も低下しやすく、やがては自律神経失調症や神経症の原因にもなりやすいのです。
ですから、基本的にはプラス感情の方が好ましいということになるでしょう。
ただし、マイナス感情を持つこと自体は正常なことですので、無理に抑圧する必要はありません。
ですが、あまり引きずると弊害が出てくる可能性が高いですから、上手に気分転換することを覚えておくといいでしょう。

関連記事

閉所恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

閉所恐怖症はその名の通り、狭い場所にいることに恐怖を感じる症状のことを言います。 精神疾患

記事を読む

様々なタイプのパーソナリティ障害の特徴のまとめ

依存性パーソナリティ障害の特徴 依存性パーソナリティ障害は、自分が頼りとする相手に、何をするに

記事を読む

性同一性障害の特徴や症状、治療・予防などについて

女性が自分を男性だと思い、男として生きたいと思うこと、同じように男性が自分を女性と思って女性のよ

記事を読む

統合失調症の色々なタイプについてのまとめ

妄想型 統合失調症のタイプに妄想型があります。 世界的に見ると一番統合失調症の中でも多いタイ

記事を読む

心気症の特徴や症状、治療・予防などについて

心気症は本当は病気ではないにも関わらず、病気だと思い込んでいる状態を言います。 体になんらかの

記事を読む

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれる

記事を読む

アルコール依存症の原因・症状・合併症・診断・治療のまとめ

現代はストレス社会といわれていて、ほとんどの人が何かしらのストレスを感じながら生活しています。

記事を読む

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

心臓神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

心臓神経症の原因・症状 心臓神経症は呼吸困難やめまい、息切れ、動悸など明確な症状があるのに、心

記事を読む

パニック障害の原因・症状・治療法など

ここでは、心の病の中のパニック障害について詳しくご説明しています。 心は、周囲の環境から大きな

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑