*

発達障害の原因・治療・種類

公開日: : 精神・心の病

原因について

発達障害は本人の意欲が少なく競争心がないのが原因であると誤解を受けていた時期がありました。
現在では発達障害は脳機能の障害であるというところまで原因が分かってきました。
発達障害の原因は脳機能の障害です。
まだ具体的に脳のどの機能がどのような原因で障害が出ているのかは分かっていませんが、発達障害に苦しむ人にとって脳機能の障害であるとはっきりとしたことは前進でしょう。
発達障害で悩むご本人やまたご家族は、発達障害は育て方が悪かったのではないか等の悩みは尽きません。
しかし、発達障害は育て方が悪かったわけでもなく、勉強する努力を怠ったわけではないのです。
発達障害は脳機能障害ですから、後天的なものではなく先天的なものが関係している可能性が高いと考えられるからです。
発達障害は後天的な要素、つまり子育ての仕方や努力の怠り、スキンシップの方法に問題があるわけではないのです。
脳機能障害は、脳の成長過程で何らかの原因によって発達が遮られてしまった結果なのです。
発達障害の原因はまだまだ解明されていない部分が多いのが現状です。
しかし、自分のせいで発達障害として苦しんでいると考えるのは間違いだと言うことははっきりとしていることです。
乳幼児期の育て方によって、或いは思春期や青年期の努力不足によって発達障害になるのではないことをただしく理解していきましょう。
発達障害の原因については現在でも研究が進められているのです。

発達障害の治療方法(行動療法・心理療法・薬物療法)

発達障害の治療方法は大きく分けて行動療法、心理療法、薬物療法に分けられます。
どれを選択するかというよりも、これらを組み合わせて行くことで発達障害を治療していきます。
発達障害の治療とは言うものの、治療を行うことで発達障害が完治するものではありません。
しかし、発達障害によって考えられる様々な問題を緩和することが出来、発達障害に対する理解を自分自身行うことによって、トラブルを避けたり解決出来るようになります。
行動療法は心理療法と同時進行で行われることが多い治療です。
行動療法では発達障害、そしてその個人に考えた不適切な行動を矯正していくものです。
心理療法によって分かった問題点を改善するように、何故問題になるのかを考え、不適切な行動から適切な行動を行えるように訓練するのです。
このように良い行動を習慣付けることによって発達障害によって起きるトラブルを回避したり解決出来るようにするのです。
長く続けることが大切で家族のサポートも大切になってきます。
心理療法とは、どのような思考回路であるのか分析しなぜ繰り返し不適切な行動に至ってしまうのかを分析します。
発達障害では相手の気持ちを考えたりすることが苦手だったり、自分の強いこだわりがある方が多く、理解去らない行動も多いです。
それがどのような理由から行っているものであるのか分かれば行動療法として、明確な理由で治療が行えます。
薬物療法は主に大人の発達障害の方が利用されることが多いです。
これは発達障害そのものではなく、それによって生じる不安感や過度な緊張感、多動性などを抑えてあげるのが目的です。

発達障害と遺伝の関係

発達障害の悩みの中でも多いのが、発達障害は遺伝するのではないかというものです。
発達障害に遺伝的要素は存在し、発達障害は遺伝するのでしょうか。
ここで思い出して欲しいのは発達障害と一口に行っても様々な種類のものが存在するということです。
発達障害は遺伝するのかどうか、という問いは非常に広域を指したものになってしまうのが分かりますね。
ですから、発達障害は遺伝するのかという問いに関してはイエスという答えもノーと言う答えもあるのです。
発達障害の中の広汎性発達障害と呼ばれるものは、多くの研究者によって遺伝的要素があると言われています。
広汎性発達障害である両親から生まれた子供が広汎性発達障害になる可能性は一般の場合に比べて高くなるというデータに基づいたものです。
しかし自閉症などの発達障害では遺伝的な要因が大きく影響するとは言えないというデータがあります。
広汎性発達障害では遺伝する可能性があると考えられ、かたや自閉症では遺伝は無関係であると考えられているのです。
広汎性発達障害の場合、必ず遺伝するのかと言えばそうではありません。
広汎性発達障害の両親から生まれた場合の子供が広汎性発達障害の確率が広汎性発達障害ではない両親から生まれた場合の確率よりも高くなると言ったものです。
このことから分かるように遺伝的要因を持ってしても必ずしも広汎性発達障害が受け継がれることはないのです。
広汎性発達障害の遺伝は完全に分かったわけではないので、これから情報が変わっていくことも考えられます。
十分に解明されたとは言えないのが現状ですから、難しい部分です。
多くの発達障害の本や雑誌で大きく遺伝的要因について触れられることが少ないのは、こういった理由からでしょう。

相談できる機関

発達障害を相談できる機関は多く存在しています。
また様々な講演会やセミナーも存在しているので情報交換の場や相談の場は多く増えているのです。
近くの発達障害を相談出来る機関を探している場合はお住いの都道府県の都道府県庁や、市町村の役所に問い合わせてみるのが確実でしょう。
また通院されている病院で、情報を仕入れることも可能でしょう。
発達障害を疑っている場合は、病院に行き診察して貰うのが一番いい方法です。
発達障害の相談出来る機関は多く存在しているので、しっかり調べてみましょう。
発達障害の相談の場は、発達障害によって悩む本人だけではなくそのご家族が利用する事も出来る場合が多いです。
場合によっては発達障害を部下に抱える上司が相談するというケースがあります。
発達障害を理解するためには正しい知識を身に付けることが大切ですから、一人で悩まずに相談するのがいいでしょう。
発達障害を相談できる機関として子育て支援センターや、教育センターもあります。
福祉センターや発達障害の団体など幅広く存在しています。
一人で考えたり書籍を読むだけでは不安が募ってしまう場合があるのでしょう。
そのような時の為に相談機関があるのですから、活用し、少しでも不安や悩みを解決していきましょう。
少し前までは大人の発達障害の方は相談できる機関が少ないと言われていました。
現在でも子供の発達障害に比べ相談出来る機関は少ないです。
しかし大人の発達障害に対する認識が広まり、大人の発達障害に対する相談機関も増えてきました。
必ず相談出来る場所があると考えても間違いではありませんから、一人で抱え込むだけでなく相談機関を利用しましょう。

子供の発達障害

子供にも大人にも言えることですが発達障害の症状は非常に様々です。
ですから、子供の観察をしっかり行うことでのみ発達障害を発見する事が出来るのです。
子供の発達障害が発見される時期は3歳と小学校入学後の6歳から7歳の時が多いと言われています。
これは言葉を発するのが遅かったり、小学校で授業を受けるため座っていることが難しいことで、異変に気が付くことが多いためです。
様々な問題に直面するまで、気が付かない事が多いのも発達障害の特徴で、様々な問題を抱えることが無い場合では発達障害と言いません。
しかし、早くに発達障害に気が付くことで不登校や引きこもり、子供自身が悩み苦しむことを防いであげることが出来るのです。
子供の発達障害は治療方法も多く、理解が深まっていますから多く相談する機関がありますので、気になったら相談しましょう。
子供の発達障害に気が付くためには、発達障害への理解が欠かせません。
これは、発達障害を知らない人にとって子供の努力不足と決めつけてしまう傾向があり、改善に至らないと言うケースさえあるためです。
子供は成長していく過程で人見知りになったり泣くことが多かったり、こだわりが強くなったりします。
子供の性格を理解してあげるということは、子供をよく観察することが大切なのです。
発達障害であることに気が付くことが出来たという家族は、どのような部分から気が付くことが多いのでしょうか。
最初に確認して置きたいのは、子供は時期によって色々な性格を帯びることがありますからしっかり見守り、機関に相談すると言うことであって当てはまるからといって自己判断しないことが大切だと言うことの確認です。
子供の発達障害に気が付く大きな要素としてはコミュニケーション能力があります。
これは人と会話をしたがらなかったり、相手の話を聞かないという部分が大きく、何を話しているのか、または話していることが伝わらないという問題に悩むようになるためです。
続いて多いのが、運動や学習に対しての問題面から来るものです。
学校に入ってから気が付くことが多いのがこの部分ですが、努力不足とされてしまうことも多いのがこの部分ですから、注意して見てみましょう。

大人の発達障害

大人の発達障害とは言いますが、発達障害は脳の障害ですから、大人になって突然発達障害になることはありません。
男大人の発達障害とは、子供の頃から発達障害に悩み、大人になってからも発達障害による問題に悩んでいる方や、大人になって発達障害に気が付かれた方に多いのです。
実は大人になってから発達障害に気が付く人は意外に多く、その多くが就職することによって悩みを抱えてしまうことになります。
大人になるまで発達障害に気が付かなかった方は適応障害やうつ病と多くのトラブルから新たな病気を併発していることも多いです。
大人の発達障害は子供の発達障害と根本的な治療の変化はないものの薬物を用いて精神を落ち付かせる等の方法を利用する方が多いです。
大人になってから発達障害であることが分かったのであれば、まずはそれをしっかり受け止めることです。
そして過去の失敗やトラブルが自分の怠慢が原因ではなかったということを正しく理解して置く必要があります。
大人の発達障害の方が真面目な方が多いと言われているのは、失敗やトラブルの経験から自分を不真面目であると考えていることが多いためです。
発達障害は必ずしも学習能力と結びつくものではないので、社会人になり人間関係や仕事上のミスによって気が付くことが多いです。
では、発達障害の方は仕事が出来ないのかと言うとそうではなくルーチンワークや技術職では能力を発揮するとも言われています。
多くの歴史上の著名人も発達障害であったのではないかという推測がなされているのです。
発達障害は苦手なことも多いですが、そうでないものも多いですから、いかに障害と付き合っていくかを考えることになります。
発達障害は自分で良い方向に進んでいこうと言う気持ちが非常に大切ですから、正しく障害を理解することというのは大事です。
正しい理解は、自分へ対する理解にも繋がり、大人になってから発達障害に気が付いた人の中には長年苦しんでいた問題の理由が分かったために行動的になれた方もいます。

発達障害の治療方法(行動療法・心理療法・薬物療法)

発達障害の治療方法は大きく分けて行動療法、心理療法、薬物療法に分けられます。
どれを選択するかというよりも、これらを組み合わせて行くことで発達障害を治療していきます。
発達障害の治療とは言うものの、治療を行うことで発達障害が完治するものではありません。
しかし、発達障害によって考えられる様々な問題を緩和することが出来、発達障害に対する理解を自分自身行うことによって、トラブルを避けたり解決出来るようになります。
行動療法は心理療法と同時進行で行われることが多い治療です。
行動療法では発達障害、そしてその個人に考えた不適切な行動を矯正していくものです。
心理療法によって分かった問題点を改善するように、何故問題になるのかを考え、不適切な行動から適切な行動を行えるように訓練するのです。
このように良い行動を習慣付けることによって発達障害によって起きるトラブルを回避したり解決出来るようにするのです。
長く続けることが大切で家族のサポートも大切になってきます。
心理療法とは、どのような思考回路であるのか分析しなぜ繰り返し不適切な行動に至ってしまうのかを分析します。
発達障害では相手の気持ちを考えたりすることが苦手だったり、自分の強いこだわりがある方が多く、理解去らない行動も多いです。
それがどのような理由から行っているものであるのか分かれば行動療法として、明確な理由で治療が行えます。
薬物療法は主に大人の発達障害の方が利用されることが多いです。
これは発達障害そのものではなく、それによって生じる不安感や過度な緊張感、多動性などを抑えてあげるのが目的です。

関連記事

神経衰弱の特徴や症状、治療・予防などについて

神経衰弱は、精神的努力をしたあとに疲労がいつまでもつづく状態、あるいは少しの努力をしたあとに身体

記事を読む

多汗症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

多汗症とは(概要) 私たち人間が汗をかくのは、主に体温をコントロールするためです。 激し

記事を読む

パニック障害の原因・症状・治療法など

ここでは、心の病の中のパニック障害について詳しくご説明しています。 心は、周囲の環境から大きな

記事を読む

対人恐怖症の特徴や症状、治療・予防などについて

対人恐怖症はあがり症とも呼ばれる神経症のひとつで、緊張して他人と会話ができない、赤面してしまう、

記事を読む

赤面恐怖の特徴や症状、治療・予防などについて

たくさんの人がいるなかで自分の意見を述べたり、目上の人と話したりするときに緊張して顔が赤くなって

記事を読む

高所恐怖症の特徴や症状、治療・予防などについて

高いところに行った際に、その場所に危険はないのに落下の恐怖を強く感じることを高所恐怖症と言います

記事を読む

書痙の特徴や症状、治療・予防などについて

「しょけい」と読み、字を書いていると手に痛みやふるえが生じる状態のことを言います。 書痙の症状

記事を読む

発達障害による症状や特徴

知的障害の症状や特徴 知的機能に制約があること、そして適応行動に制約が伴うこと、最後に発達期に

記事を読む

白衣高血圧症の特徴や症状、治療・予防などについて

普段の生活では正常な血圧を示しているのに、病院や診療所などで医師や看護師に血圧を測定してもらうと

記事を読む

離人神経症の特徴や症状、治療・予防などについて

離人神経症はあまり一般には知られていませんが、精神障害のひとつに数えられる障害です。 WHOの

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑