*

発達障害による症状や特徴

公開日: : 精神・心の病

知的障害の症状や特徴

知的機能に制約があること、そして適応行動に制約が伴うこと、最後に発達期に生じるものであることを知的障害と言います。
発達障害の種類の一つであると言え、乳幼児期、学校入学後、就職時期と色々な時期に発見されることが多いです。
知的障害では計算が上手く出来なかったり暗記が苦手であったり、言葉の遅れや会話のペースについて行くことが出来ない等色々なケースがあります。
乳幼児期に発見されるケースでは言葉の遅れが最も多く、小学校に入学し計算が出来ないことから発見されることもあります。
また就職時期に発見されるケースでは、主語が省略された文章や動詞だけの命令形を理解出来ない等の問題がある場合が多いです。
知的障害は軽度のものから重度のものにわけられ一概に、基準はありませんが便宜上では知能指数が70以下の場合、知的障害があると言われています。
知的障害は精神遅滞や精神発達遅滞と呼ばれることや知的発達障害などの呼び方もありすべて同一のものを指すため、場所によって呼び方が変わるかもしれませんが混乱しないようにしましょう。
例えば自閉症などの発達障害には知的障害が含まれることもあります。
これは自閉症特有の強いこだわりやコミュニケーション能力の問題とは別に知的な問題も抱えていると言うことです。
知的な問題、知的障害の有無によって自閉症或いは高機能自閉症と分類されます。
一方、知的障害と混同されがちな学習障害ですが、これは全く別物です。
学習障害は読み書きが出来ないなどの障害や計算が出来ない等の障害がありますが知的には問題がないのです。
ですから学習障害は知的障害とは言えず、知的障害があれば学習障害ではないのです。
このように発達障害と知的障害は関係性があると言われながらも別物であると考えるべきです。
軽度発達障害、或いは高機能自閉症という言葉の中には知的な障害を含まないと言う意味が含まれていることを覚えておきましょう。

広汎性発達障害(自閉症)の症状や特徴

広汎性発達障害とは発達障害の一つで、コミュニケーション能力において問題が生じる発達障害です。
広汎性発達障害は大きく二つに分類され知的障害がある場合と知的障害が無い場合です。
知的障害の有無と広汎性発達障害自体は大きな関係性が無く知的障害の有無で障害の有無を判断することはできません。
知的障害が無い場合、高機能PDDと称されることもありますが、一般的には知的障害の有無は関係ないと覚えておきましょう。
広汎性発達障害には自閉症やアスペルガー症候群、レット障害などがあります。
特に知的障害ではないものを高機能PDDと称することがあるように高機能自閉症などと言ったりもします。
高機能と言う言葉は知的障害を持たないという意味で用いられているのです。
重度の方から軽度の方まで様々な人がいるということを頭に入れておけば混乱する事もないでしょう。
広汎性発達障害は乳幼児期から大人になるまで色々な時期に発見されますが、急に広汎性発達障害になるということはありません。
大人になってから診断を受けた場合、幼少期には広汎性発達障害に気が付いていなかったと考えます。
広汎性発達障害は重度から軽度までありますから、どのような問題で気が付くとは一概には言えません。
また広汎性発達障害には色々な発達障害が含まれていますから、気が付くケースと言うのは実に様々です。
子供の場合は親が注意深く観察してあげることが早期発見に繋がりますし、大人の場合では、同じ失敗を繰り返すことから気が付く方が多いです。

コミュニケーション障害の症状や特徴

コミュニケーション障害とはコミュ障と省略されるくらい浸透してきている言葉です。
コミュニケーション障害とは対人関係においてコミュニケーションをとることが出来なくなる障害です。
コミュニケーション障害には知的な障害はないです。
コミュニケーション障害は単に人と会話するのが苦手と言うものではなく言語障害を伴うことも多いです。
失語症やどもり症などによってコミュニケーションをとることが難しくなってしまうのです。
対人関係において会話をすることが難しいことから、うつ病やひきこもりになってしまう人も多いのです。
コミュニケーション障害は発達障害の症状の一つにも含まれていますから自己判断せずに医師に相談する事が大切です。
コミュニケーション障害の場合、時間を質問されているのに場所を答えてしまうなそ会話が成り立たないことや会話の中の時間軸を統制出来ないことがあります。
会話しているのに意思疎通が出来ず、不安感や孤独感を感じる人もいます。
また反対に会話に恐怖を感じ、会話する機会を極端に避けてしまうこともあります。
コミュニケーション障害は文脈を理解することが困難な場合など、音声を瞬時に処理出来ない等のトラブルを持っている場合もあります。
単に発表や知らない人に話しかけることが出来ない人をコミュ障と言う風潮がありますが、それは間違いなのです。
コンプレックスやシャイな性格だからコミュニケーションが苦手だと思える人もいますが反対に周囲に馴染めずうつ病や引きこもりになってしまうことがあります。
コミュニケーション障害と向き合うことで治療を行い、コミュニケーション障害と付き合っていきましょう。

運動機能障害の症状や特徴

発達障害と聞くとコミュニケーション能力や学習能力について思いうかべる人がほとんどでしょう。
発達障害の中に運動機能障害が含まれていることはあまり知られていません。
運動機能の特異的な障害も発達障害の一つとして考えられているのです。
学習障害の方に多くみられますが、学習障害を伴わない場合もあり、乳幼児期から学校入学後に見つかることが多いです。
運動機能障害とは、その名の通り運動機能の障害で、乳幼児期に発見される場合歩くのが遅かったりぎこちなかったりすることから発見されます。
また座ることが出来なかったり、ジャンプをすることが遅い等も挙げられます。
乳幼児期は歩き始めることが遅かったり早買ったりするものですから自分や友達と比較するのではなく全体を意識するべきだと言われています。
また小学校入学後に発見されるケースではボール遊びでボールをキャッチ出来なかったり、階段の登り降りが苦手である等の特徴があります。
完全に不能なわけではないので発見されなかったケースも多いですが靴ひもが結べなかったり平均台の上を歩くことが出来ないなど、全く出来ない事があるケースもあります。
運動機能障害とは定義がなく不安定なものですが、全く身体的な問題が無い場合と神経や筋が未発達なケースもあります。
一般的に運動機能障害では、適切な運動によって改善されていくと言われています。
多くの場合、劣等感を強く抱いてしまう等の問題がありますからそういった部分もケアを行います。
運動機能障害は学習障害との結びつきがあると言われていますから学習障害の有無もしっかり観察していき、それに伴った治療を行うことになります。

破壊的行動障害の症状や特徴

破壊的行動障害とはその名の通り破壊的行動を繰り返してしまう障害です。
10歳前後に多く見られると言われ、家族や友人に対しての暴行や残虐行為、さらには規範や規則を侵害することがあげられます。
また家出や登校拒否といった形で表れることがあります。
破壊的行動障害が10歳前後に表れるのに対して3歳から7歳程度の時期には反抗挑戦性障害として表れることがあります。
これらは要求の無視や失敗を他人のせいにしてしまうと言うものです。
破壊的行動障害はこれら行為を6か月以上と持続的に行うことによってはじめて診断されます。
喧嘩などで1日、暴力的であったからと言って破壊的行動障害にはならないのです。
破壊的行動障害は現在でも研究が進められており、生物学的要因があることも最近の研究によって分かってきました。
生物学的要因とは破壊的行動障害で悩む子供の多くがアンドロゲンであるデハイドロエピアンドロステロンが多いことが分かっています。
アンドロゲンであるデハイドロエピアンドロステロンアンドロゲンが破壊的行動障害に関係していると考えられます。
また破壊的行動障害で悩む人の多くがAD/HDであることも明らかになってきておりAD/HDの行動障害とも考えられています。
破壊的行動障害では状況に関わらず、行為を繰り返すという特徴があり人によって態度を変えることが出来ないと言われています。
怖い先生と穏やかな女性の前でも、同じように行為を繰り返してしまうのです。
社会的学業的に著しい支障をきたしているケースが多く、原因を探っていく必要があります。
ただのかんしゃくなのかそうでないのかを判断するのは医師であり、行動の類似性から障害と決めつけるのは早いです。
医師に相談し臨床的な診断を行い、それから治療を行うのが正しい治療法です。

チック障害(トウレット障害)の症状や特徴

トウレット障害とはチック障害の中の音声チックと運動チックを併発している場合を刺すと言われていましたが、現在ではチック障害そのものをトウレット障害と呼ぶこともあります。
チック障害とは反復的に行う運動や音声のことを指します。
チック障害の原因ははっきりしていませんが、近年ドーパミンと関係性があるのではないかと言われています。
一昔前は家庭環境に問題があると言われていましたが、この説は多くの発達障害と同じように否定されています。
またストレスと関係するという説もありますが、やはり具体的な原因ははっきりしていません。
チック障害とは、運動チックと音声チックに分けられています。
運動チックは首をかしげる、口の中を噛む、目を激しく繰り返しつぶるなど動作を頻繁に繰り返します。
また音声チックは咳払いやため息を繰り返すと言われています。
チック障害は軽度のものであれば比較的ありふれた症状であると言われています。
チック症は一過性のものであるとも言われていますが慢性化することもあり、どういった運動或いは音声なら慢性化するのかなどは決まっていないと言われています。
チック症は社会的に特に大きな問題は無いと言われています。
しかし重度のチック症の場合は、症状を抑えるために薬物療法が用いられます。
また軽度でも症状が著しく気になる場合では、薬物療法を行うことがあります。
チック障害が認められる場合には他に発達障害が無いか観察しておくことも重要になります。
特に大きな問題を感じないのであれば、そのまま日常生活を送ることは十分可能でテレビに出ている芸能人の中にもチック症の方は多くいます。
政治家にも見られますし、チック症によって社会的地位が脅かされることは決してありませんから安心してください。

学習障害の症状や特徴

学習障害は英語でLearning Disordersと言うことからLDと呼ばれることもあります。
学習障害と知的障害は混同されがちですが、学習障害と知的障害は全く別物です。
知的障害を伴う場合は学習障害とは呼ばれないのです。
学習障害とは読み書き、話し、推理する能力や計算する能力図面を理解する能力などが著しく困難な状態を指します。
生まれつきの脳の障害だと考えられていますが、知的障害ではなく計算は出来ないけれど国語能力に問題は無かったり、読み書きは出来るのに計算は出来ないといったパターンもあります。
学習障害はこのように全てにおいて劣っているわけではないのです。
学習障害は脳機能の障害ですから本人の努力不足によるものではありまえん。
全てにおいて劣っているわけではないので本人も周囲も努力不足であると感じてしまうことが多いので注意が必要です。
教育方針の間違いや努力不足でないことをしっかり認めてあげることにとって周囲も本人も負担が軽くなります。
苦手な事があるにせよ、特異な事もたくさんあるのですからしっかりと勉強していくのが正解です。
学習障害は本人だけでなく周囲の理解を得ることも大切なことです。
学習障害は小学校に入学した段階で発見されるケースも多いですが進学先で発見されるケースも多いです。
学習障害は脳の障害であるということを正しく理解し向き合うことによって可能性は大きく広がります。
学習障害によって学業の遅れや対人関係に問題が出てしまうこともあると言われています。
正しく向き合うことによって劣等感を必要以上に感じてしまうという状況を改善していきましょう。

高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)の症状や特徴

高機能広汎性発達障害とは広汎性発達障害の中でも知的障害を伴わないものを指しています。
高機能という言葉には知的障害を伴わないという意味があるのです。
高機能広汎性発達障害は高機能PDDと省略されていることも多いですが、どちらも同一の意味を持ちます。
高機能広汎性発達障害はアスペルガー症候群や高機能自閉症などの発達障害の総称と考えるのがいいでしょう。
高機能広汎性発達障害は脳の障害ですから、一生涯完治することはありません。
しかし、障害と上手に付き合っていくことは出来るものなのです。
高機能広汎性発達障害とは、コミュニケーション能力に問題を抱えていると考えるのがいいでしょう。
そのため相手の気持ちを汲み取れなかったり、自分を主張し過ぎたりまたは主張出来なかったりします。
そのため上手く人間関係が築けなかったりすることが多いのです。
しかし、高機能広汎性発達障害は全てが劣っているわけではありませんし、治療を行うことで改善されていくことも多いのです。
高機能広汎性発達障害は本人の理解も必要ですが、周囲の理解も必要になります。
高機能広汎性発達障害は一昔前に比べれば認知度も高くなりましたし、理解されてきている障害です。
適切な治療をうけ、社会生活を送ることが出来ている人は多くいます。
障害があるから何も出来ないわけではない事をしっかり理解して置きましょう。
障害があるから何も出来ないわけではない事をしっかり理解して置きましょう。
アスペルガー症候群や高機能自閉症は医師による適切な診断が必要ですから、自己判断するのはよくありません。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)の症状や特徴

注意欠陥多動性障害は英語でAttention Deficit / Hyperactivity Disorderと言います。
このことから注意欠陥多動性障害のことをADHDと略して表記することがあります。
注意欠陥多動性障害とは発達障害の一つと言われており、注意力を維持しにくいという障害になります。
これは脳障害によるもので努力不足やふざけているために起こりうることではありません。
落ち付きが無く授業中に座っていることが出来なかったり、常に身体を動かしたり集中力が続かないため学校に入学する事で発見されるケースが多いです。
遺伝的要素も高いと言われており、これらを含め現在も研究が進められている障害の一つです。
注意欠陥多動性障害では集団に合わせた行動が苦手と言われており、学校生活や社会生活に馴染めない事が多いと言われています。
ですが注意欠陥多動性障害では様々な治療法もありますし、座っている仕事では無く動く仕事には向いているとさえ言われています。
発達障害の中でも比較的治療法が多く環境変容法といった周囲の配慮が必要なものもありあります。
行動療法や心理療法、トレーニングを行うことによって症状を緩和させていくことが出来ます。
また薬物療法で注意血管多動性障害によって起こる症状を緩和させることも可能です。
まだまだ研究の段階ではありますが食事療法や家庭でのトレーニングも行い改善することが期待できると言われています。
子供の病気だと思われてた注意血管多動性障害は大人になっても継続されることが分かっており、生活の中で改善されていく傾向があることが分かっています。
早い段階で障害に気が付くことでトレーニングを行う期間が長くなり、より効果的であるとも言われています。
子供の頃はじっとしている事は難しい事ですし集中力も短い傾向にあります。
しかし食事方法や遊びの中で見え隠れする注意力の欠如や集中力の欠如を発見しましょう。

関連記事

せん妄の特徴や症状、治療・予防などについて

せん妄の原因・症状 せん妄は突如あらわれる精神機能の障害のひとつで、軽度から中等度の意識障害が

記事を読む

痙性斜頸の特徴や症状、治療・予防などについて

痙性斜頸の原因・症状 痙性斜頸は「けいせいしゃけい」と読み、自分の意思とは無関係に首が特定の方

記事を読む

心因性嘔吐の特徴や症状、治療・予防などについて

嘔吐してしまうような体の不調は見あたらないのに、急に吐き気をもよおすことを心因性嘔吐と言います。

記事を読む

仮面うつ病の特徴や症状、治療・予防などについて

うつ病の一種でありながら、頭痛や食欲不振、便秘といった身体症状が表出して、うつ症状があまり見られ

記事を読む

器質性精神障害の特徴や症状、治療・予防などについて

精神疾患のなかには、内分泌疾患が脳機能に作用するもの、脳梗塞などのように脳自体に障害があらわれる

記事を読む

気分障害の特徴や症状、治療・予防などについて

日常的に気分の浮き沈みがあるのはあたりまえのことですが、自分の周辺で起きたできごととは無関係に気

記事を読む

解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法

こちらでは、解離性障害(解離型ヒステリー)の原因・症状・治療法などについて、ご紹介しています。

記事を読む

ナルコレプシーの特徴や症状、治療・予防などについて

ナルコレピシーとは、日中など目が覚めている時間帯に起こる睡眠障害で、自分で眠気をコントロールする

記事を読む

季節性感情障害の特徴や症状、治療・予防などについて

特定の季節にだけ、うつ病のような症状があらわれることを季節性感情障害と言います。 多くは秋から

記事を読む

不安障害・社会不安障害(あがり症)の特徴や症状、治療・予防などについて

不安障害・社会不安障害(あがり症)の原因・症状 不安障害は、なんらかの原因によって過剰な心配や

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑