*

臨床検査>検体検査でわかる事

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ


臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる必要があります。
症状の原因を探すために臨床検査は行われます。

その他にも病気の進行具合も分かりますし、治療効果の確認にも用いられます。
臨床検査ではこのようにデータとして病気の情報を入手することが出来るのです。
ですから臨床検査は病院の様々な場所で活躍している検査なのです。

臨床検査には大きく分けて2種類あり、採尿検査や血液検査の様に患者から採取したものを検査するのが検体検査と呼ばれるものです。
また心電図の様に患者の身体を直接調べることを生理機能検査と呼びます。

ここでは、臨床検査の中で、検体検査について詳しくご紹介しています。
参考になれば幸いです。

病理学的検査

病理学検査は大きく分けて二つに分類されます。
病理組織検査と細胞診検査と呼ばれるものです。
病理組織検査では患者から切り取った患部から検査します。

また細胞診検査では、採取されたものから細胞の形態的変化を検査します。
これらは腫瘍が良性のものであるのか或いは悪性のものであるのか判断するのに用いられます。
また特殊な疾患では無いのかどうかや、炎症の理由も病理学検査を用いることで分かります。
これにより潰瘍や腫瘍の判断が出来るようになりました。

数値に夜データですから客観的に判断することが出来、適切な処置を行うのに有効的であると言われています。
細胞診検査では炎症の度合いから種類まで判断することが出来ます。
また、この検査では苦痛なく検査出来るので患者の負担も少なくて済みます。
以前は開腹して確かめていたものが検査で行えるようになったのですから非常に便利ですね。

経過観察にも利用され炎症の度合いまで分かるので、治療の効果を確認していくことも出来ます。
そのため多くの医療機関で細胞診検査を経過観察の意味合いを兼ねて行っています。
しかし病気の発見にも有用的でしっかりとした検査が行えるのです。

病理学的検査はこのように分類された二つによって細かく調べ、分析する事が可能なのです。
二つを組み合わせて利用する事によって、さらに細かな状態が判別できるようになります。
適切な判断を行う上で欠かすことの出来ない検査として活躍しています。

遺伝子検査

遺伝子検査と言う言葉は現在、美容関係の肌の調査にもりようされてはいますが医学的に遺伝子検査とはどういった検査なのでしょうか。
遺伝子検査とはその名の通り、遺伝子を検査する方法です。
遺伝子検査とは生活習慣病のような遺伝的要素を持った病気など体質遺伝について調べる際に利用される検査になります。
体質によって病気の進行速度も異なりますから、体質遺伝によって同じ運動や食生活がもたらす効果は異なると言うことす。

体質遺伝の研究によって同じ生活を送ったとしても掛かりやすい病気が異なることが分かってきています。
そのため遺伝子検査は病気を未然に防ぐためにも有効であると言うことが出来ます。
遺伝子情報を活用する事により未然に病気を防いだり、進行がどのような経過を辿るか推測したりすることが出来ます。

それによって体質に応じた適切な医療を受けることが出来るのです。
遺伝子リスクを理解することは、健康的な生活を送る上で非常に有効であると言うことが出来るのです。
例えばこれは健康管理と言う観点からダイエットにも利用出来ると考えられています。
このような特徴から美容関連との接点があるのですが、もちろんしっかりと病気に関する検査も行えるのです。

遺伝子検査は検体検査です。
病気との関連性で言えば動脈硬化になりやすかったりはしないか、また糖尿病やその他合併症について遺伝子的に判断します。
環境因子と遺伝因子の関係から、これらをしっかりと組み立てて行くことは可能であると言えるのです。

輸血・臓器移植関連検査

輸血・臓器移植関連検査は一般的には馴染みのない事でしょう。
輸血の為の血液型の確認や臓器移植のための臓器適合検査のことを言います。
臓器移植の為の臓器適合検査は臓器移植の中でも非常に重要な要素を満たしていると言えます。

臓器移植で拒否反応が出ないように真剣に検査する必要があるのです。
最近では遺伝子を用いた検査もありますが、やはり輸血・臓器移植関連検査は必要な検査です。
血中の薬物の濃度や指数を測り、移植臓器固有の指数を照らし合わせて行きます。

非常に重要な検査で移植が行われる前には必ず行われる検査なのです。
また複数回行うこともあります。
臓器移植による感染症についても輸血・臓器移植関連検査によって検査する内容です。

臓器を移植するということは感染症のリスクも考えられますから、感染の症状が出る前から検査を行うこともあります。
またその際に輸血を行う場合は、輸血についても検査します。
血液型を正しく把握し、安全で正しい輸血を行う必要があるからです。
輸血の検査では臓器移植に関係なく輸血が必要な場合に検査が行われることがあります。

これらの検査は安全に治療を受けるために必要な検査で主に血液から行いますが臓器移植の場合は複数個所で検査をすることがあると言われています。
検査は検体検査で行われ基準となる数値の下、データとしても利用されます。
血液での検査の場合は針を指す痛みがありますが、痛みの無い検査と言って問題ありません。

微生物学的検査

微生物学的検査は、病気の早期発見や治療の進行に役立つ検査です。
まずは細菌が存在するのかどうかから検査は始まります。
細菌が存在した場合、その細菌がどの種類のなんと言う最近なのか調べます。
その後に最近にどのような薬が効果的であるのかを調べることになります。

どの薬が効果的であるか調べるためには数日時間を要しますが、最近に効く薬を身体では無く検査段階で調べることが出来るのです。
微生物学的検査も検体検査の一つです。
微生物学的検査では何を検査するのか決まりはありません。
つまり患者が異常を感じている場所から検査をしていくことになります。

喀痰・尿・糞便・血液など様々なものから検査し、分析していくことになります。
微生物学的検査はこのように、微生物によって異常を感じていると思われる箇所から検査していくことになります。
例えば咳が泊まらない場合では痰を検査する事になりますし、腹痛では便を検査することがあります。
これらを組み合わせて利用することもあるのです。

微生物学的検査には高い専門性が求められます。
機械での分析が進む中、しっかり目を用いて検査することが多いのが現状です。
二次感染を防ぐと言う役割もありますので、非常に重要な仕事であると言うことが出来るでしょう。

患者自身は検体検査のため痛みを感じることもなく検査が行えますので心配いりません。
疑われる病気や症状などから検査内容は多少異なりますが、微生物学的検査は検体検査のみです。

免疫血清学的検査

免疫血清学的検査とはあまり聴き慣れない言葉かもしれません。
免疫血清学的検査とは一体どのような検査なのでしょうか。
血液中に感染によってできた抗体の有無や量を調べる検査です。

これにより、感染を確認することが可能です。
抗体があるのかどうかを検査する血液検査で、抗体の量を調べることも可能です。
これは以前に管先生の病気掛かった事があるか調べることが出来ます。
また特定の細菌やウイルスに抗体を持っているのかどうか調べることが出来ます。

細菌や異物に対し、攻撃し抗体が出来る身体の仕組みを利用し検査していると言えます。
免疫血清学的検査では検査まで多少の時間が掛かる事が多いです。
これにより感染症の感染歴が確認出来るだけでなく、免疫異常についても調べることが出来ます。

免疫異常とは身体の過剰反応の事でアレルギー等が考えられます。
アレルギー反応の異常かどうかを調べる検査としても活躍しているのが免疫血清学的検査です。
アレルギー反応は免疫が異常に反応し攻撃、または抗体を持つために起こるものです。
アレルギー反応の原因を突き止める時にもこのような検査は非常に有効的であると言われています。

また自分自身では分からない免疫異常も検査出来、抗精子抗体などのような検査にも利用できます。
異物を排除しようとする際に、身体に不調をもたらすと考えられていますが、実感が無くとも異常がある場合もあり、それらを発見するのに役に立つとして活用されています。

生化学的検査

生化学的検査という検査の名前を聴いたことがある人は少ないのではないでしょうか。
実は生化学的検査とは血液検査のことを指します。
血液には様々な成分があり、それを検査することによって潜んでいる病気の有無や進行具合、治療の進み具合を検査出来ます。

肝機能、腎機能、脂質・糖代謝など身体にとって非常に重要であると考えられるものを検査できます。
ですから生化学的検査は非常に重要なもので、血液を分析し検査する事によって多くの情報を入手することが可能です。
医療に欠かすことの出来ない検査であると言っても過言ではないのです。

生化学的検査は様々な検査に用いられます。
例えば、腫瘍マーカー、ホルモン検査、肝臓機能検査、腎臓機能検査、膵臓機能検査です。
その他にも、電解質検査、糖代謝検査、心筋マーカー、プリン体代謝マーカーが存在します。
このように血液からこのように非常に多くの異常を検知することが出来るのです。

これらはすべて検査する対象が違いますから一回の採血で全てをチェックすることはできません。
しかしこのように多くの異変を察知できるようになったおかげで薬の効果や副作用についても客観的に分かるようになりました。
検査項目は複雑化し、細かくなってきましたがそれゆえに、こまかな状態をチェック出来るようになったと言えるでしょう。

性化学的検査は肝臓や膵臓を始めとした目には見えない内部の異常を数字で表してくれるのです。
それにより医学的に非常に有効であると結論付けられています。

血液学的検査

血液には様々な検査があります。
それは血液には多くの情報が存在しているためです。
ですから、血液からは多くの情報を入手することが出来るのです。

血液検査には大きく二つの検査があります。
それは血液一般検査と血液生化学検査と呼ばれるものです。
血液には様々な成分がありますから、それぞれ特化した検査を行うことが必要になるのです。
血液検査では健康状態や病気の進行状態、腫瘍の有無、炎症の有無など実に様々なものが分かります。

もちろん一度の採決で全て検査できるわけではありませんが、血液はこのように非常に情報量の多いものなのです。
血液検査では血球数の数や血液像、骨髄像を調べることが出来ます。
通常の採血からこのようなことが検査されるため検体検査の中でも一般的な検査となり健康診断で用いられる場合があります。

それだけでなく検査によっては特化した検査も出来、腫瘍の大きさや悪性の可能性までを大きく理解する事が可能です。
これを腫瘍マーカーと良い、切開せずに腫瘍の有無や腫瘍の種類を推測する事が可能になりました。
このように血液検査で得られる結果と言うのは非常に大きいものなのです。

しかし血液検査を病院独自で行っていることは少なく、検査までに時間が掛かることがしばしばあります。
検査の種類によって1週間近く待たされることからまた数カ月検査に掛かるものまで実に様々です。
血液検査で用いられる血液の量も検査内容によって大きく異なります。

尿・便などの一般検査

臨床検査、そして検体検査の一番身近なものは尿や便の検査でしょう。
尿や便の検査のことを検体検査と言います。
身体から排出される尿や便を用いて検査をする方法です。

尿検査は健康状態が分かりやすいと言われています。
健康な人の尿と、何か疾患を抱えている人の尿では相違点があるためです。
健康な人の尿にはたんぱく質はほとんどありませんが、腎臓や膀胱、肝臓に問題を抱えている人の尿にはたんぱく質が混ざっていることがあるのです。
このように尿を検査することで腎臓や膀胱、肝臓に問題を抱え込んではいないかチェックすることが可能です。

尿試験紙を用いて、尿の中に含まれる成分を調べるのです。
便の検査も同じように便に異常が見られないのかをチェックします。
便の検査では寄生虫の検査や便に血が混入していないかを調べることになります。
目では確認できない僅かな問題を速やかに見つけるのが便検査の役割です。

排泄物はこのように身体の状態をチェックすることが出来る情報がたくさんあるのです。
検体検査は人から採取したもので、人の健康状態をチェックする検査のことなのです。
実際にその患者が目の前に良無くても数値としてしっかり健康状態を見ることが出来ます。

尿検査や便検査は医者が直接行うのではなく、民間の企業が行っていることがありますが問題ではありません。
患者から採取するまでは医療行為ですが、そこから先は検査区域なのです。
医者ではありませんが検査のプロが数値を元に行うので正確なものです。

関連記事

血液生化学検査でわかる事

不飽和鉄結合能(UIBC)検査の基準値やわかる事 『不飽和鉄結合能(UIBC)』というのは、鉄

記事を読む

核医学検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

核医学検査は、体内に投与した放射性医薬品が、臓器や組織に集まる様子を画像化して診断する検査です。

記事を読む

血液一般検査でわかる事

赤血球沈降速度(赤沈)検査の基準値とわかる事 赤血球沈降速度とは、赤血球が試験管の中を沈んでい

記事を読む

特定健康診査の内容・基準値・見方などについて

特定健康診査(特定保健指導)とは、健康保険法の改正に伴い、2008年4月から全国で導入された新し

記事を読む

アレルギーの検査の種類・方法・基準値などについて

スクラッチテストでわかる事 アレルギーの検査にはいろいろな方法がありますが、手軽にできるものの

記事を読む

目の検査でわかる事

視力検査でわかる事 眼の検査の中でも、もっともよく知られていて、誰もが受けた経験があるのが、こ

記事を読む

レントゲン(X線)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

一般健康診断で受ける他、日常の診察の中でも行われることの多い検査ですので、いままで経験した人もた

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

尿酸値の検査の方法や判定基準

尿酸の測定検査の基準値やわかる事 尿酸値の測定検査とは 尿酸とは、プリン体という物質が分解し

記事を読む

脳の検査でわかる事や問題点

アミロイドイメージング検査でわかる事 アミロイドイメージングとは アミロイドイメージングとは

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑