*

尿酸値の検査の方法や判定基準

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ

尿酸の測定検査の基準値やわかる事

尿酸値の測定検査とは

尿酸とは、プリン体という物質が分解してできる老廃物のこと。
尿という文字が入っていますが、尿中だけでなく血液中にも含まれており、血液中の尿酸が増えすぎた状態になることを「高尿酸血症」と言います。さらに、この高尿酸血症が長く続くと、血液に溶けきれなかった尿酸が結晶化して関節などに蓄積し、激しい痛みを伴う「痛風発作」を引き起こします。

そのため、尿酸値の測定は痛風診断において欠かすことのできない重要な検査です。また、尿酸値が高いと動脈硬化が進みやすくなるだけでなく、尿酸の結晶が腎臓に溜まって腎機能障害を起こしたり、尿路系に溜まって尿路結石を引き起こすこともあります。
一般的に尿酸値は女性よりも男性の方が高いとされていますが、更年期を過ぎて女性ホルモンが減少すると、女性でも尿酸値が上昇しやすくなります。

検査方法

前日の夜から絶食した状態で採血を行い、分析器を使って血液に含まれる尿酸の量(血清尿酸値)を測定します。

判定方法/この検査で分かる病気

血清尿酸値の基準値は、3~7mg/dl。
男性は3.6~7.6mg/dl、女性は2.5~5.5mg/dlが正常値とされています。
男女ともに7mg/dlを超えると高尿酸血症と診断されます。
8mg/dl以上になると、結晶が蓄積されている可能性が高くなるため痛風や腎機能障害などが疑われます。

また、腎不全、白血病、悪性リンパ腫などの病気や高カロリー食、飲酒、脱水などの影響で尿酸値が高くなることもあります。
反対に、尿酸値が基準値を下回っている場合は、低尿酸血症やウィルソン病、重度の肝障害などの疑いがあります。

関連記事

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

腎盂造影検査でわかる事 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場

記事を読む

消化管X線(バリウム)検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

消化管X線(バリウム)検査とは、食道・胃・腸などの消化管臓器を、バリウム液と発泡剤を利用して映し

記事を読む

CT検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

CT検査は、X線を利用して体の断面を撮影することによって、体の内面を画像化する検査です。 X線

記事を読む

放射線治療の費用・流れ・解る事など詳細説明

放射線治療とは、手術による外科療法、抗がん剤による化学療法と並ぶがん治療の3つのうちの一つです。

記事を読む

核医学検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

核医学検査は、体内に投与した放射性医薬品が、臓器や組織に集まる様子を画像化して診断する検査です。

記事を読む

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」と

記事を読む

甲状腺の検査の内容やわかる事

甲状腺ホルモン検査でわかる事 『甲状腺ホルモン』というのは、喉仏の下のあたりで気管の外側に付い

記事を読む

尿検査でわかる事

尿沈渣検査の基準値やわかる事 『尿沈渣(にょうちんさ)』というのは、尿を遠心分離機にかけた後で

記事を読む

血管連続撮影の概要の費用・流れ・解る事など詳細説明

血管連続撮影(血管撮影検査)とは、血管や流れる血の様子を確認し、病気による変化や血管の狭窄(狭ま

記事を読む

腫瘍マーカー検査でわかる事

「PSA」検査の基準値やわかる事 PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するためのスクリーニング

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑