*

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

公開日: : 検査・健康診断・人間ドッグ

腎盂造影検査でわかる事

腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場所で、漏斗状に広がっています。
腎盂造影検査とは、造影剤を使用して腎盂や尿管、膀胱などの形や変化、異常がないかを調べる検査です。

腎盂造影検査では、腎臓や尿管、膀胱などの腫瘍や結石などが診断されます。
また、血尿の原因を追求するためにもこの検査は行われます。
腎盂造影検査には、二通りの方法があります。

排泄性腎盂造影検査(IP)

腕の静脈に造影剤を注入してX線撮影をする方法です。
まず初めに、腎臓と尿管のX線撮影を造影剤を使用せずに行います。
その後に、造影剤を腕の静脈に注入し、また腎臓と尿管のX線撮影を行います。

この時は注射後に5分、10分、15分と間隔をあけて撮影します。
最後に排尿して膀胱の撮影をして終了になります。
検査時間はおよそ30分ほどです。

逆行性腎盂造影検査(RP)

尿道から膀胱内視鏡とカテーテルを使用して造影検査を行います。
まず初めに、鎮静剤を筋肉に注射します。
そして、麻酔薬を塗った膀胱鏡を尿道から挿入し、その後にカテーテルを膀胱鏡の中を通して挿入し、尿道や腎盂などの目的の部位まで達したら造影剤を注入し、X線撮影を行って終了になります。

検査時間はおよそ60分ほどですが、検査後は1時間くらいの安静を必要とします。
検査結果はフィルムの現像後になるので、説明までは1週間ほどかかり、異常が見つかった場合は、更に超音波検査や腹腔鏡などで検査が行われます。

腎動脈造影検査でわかる事

腎動脈造影とは、大動脈から直接分岐し、腎臓へと向かう動脈に造影剤を注入してX線撮影を行なう検査のことです。
造影剤を注入することで、目的の部位とその周辺にはっきりとコントラストが付き、強調されるのでX線診断をしやすくなります。
この検査では、腎血管腫や腎血管性高血圧症、腎動脈・腎静脈血栓、副腎腫瘍、腎がんや腎盂がんなどの検査に用いられます。

腎動脈造影の方法は、まず、患者は仰向けの状態で横になって行われ、太ももの付け根にある溝の内側、鼠径部(そけいぶ)から股動脈を針で刺し、細い管のカテーテルの先を腎動脈まで挿入していき、造影剤を注入します。
なお、検査の前には穿刺のため、鼠径部をあらかじめ剃毛する必要があります。
この検査方法は、病気の治療にも適用されており、カテーテルに風船がついたもので血管を拡張する血管拡張術は、腎動脈狭窄による腎血管高血圧症の治療に使用されています。

また、動脈塞栓術(どうみゃくそくせんじゅつ)という、腎がんの病巣に栄養を送る動脈に塞栓物質を注入する事ができます。
検査後は、針を刺した穿刺部を圧迫止血をします。
この時に、出血や血腫、血栓がないかも同時に調べ、その後、再出血や血腫を予防するために1日安静をとります。

また、体内に入った造影剤は腎臓や肝臓を通って体外へと尿と一緒に排泄されます。
腎臓の働きが正常であれば、約2時間で40~70%が、24時間~96時間後にはほぼ全てが排出されます。
尿と一緒に排泄されますので、造影剤の排出を早めるために、検査後は水分を通常よりもなるべく多く取るようにします。

腎臓の超音波検査でわかる事

超音波とは、人の耳には聞こえない高い音のことで、その音はまっすぐに進み、障害物などにあたるとはね返ってきます。
その原理を利用して、体の中に超音波を当て、臓器に反射した反射波(エコー)を受信し、画像化して診断するものが超音波検査になります。
腎臓の検査にも超音波検査は用いられ、主に腎がんや腎盂腫、腎梗塞や腎腫などが診断できます。

超音波検査は、X線検査のように体に悪影響がなく、そして特に前処置を必要とせず、痛みを伴うものではありませんが、腸内にガスが溜まっていたりすると、画像が鮮明に映し出されないので検査前の食事は禁止されることもあります。
腎臓の超音波検査法は、患者は検査台の上に寝かされた状態で行われます。
プローブ(探触子)が滑りやすくなるためにゼリーを腹部に塗っていき、そのまま苦しくない程度深く息を吸い、プローブをあてます。

この時に医師によって体制は異なりますが、右の腎臓を見る場合は仰向けで、左の腎臓を見る場合はうつ伏せの状態にされ、背部からプローブをあてたり、横向きの状態でプローブをあてて検査します。
左の腎臓は背部からだと近いのですが、大人の場合は筋肉がついているので鮮明な画像が取れないという点があります。

超音波検査で異常が見つかった場合は、さらに詳しく検査する必要があります。
水腎症や腎盂腫瘍が疑われる場合は、造影剤を用いた腎盂造影検査が行われ、また、腎臓や副腎に腫瘍が疑われる場合は、腎CT検査が行われます。

腎生検でわかる事

腎生検とは、背中から穿刺(せんし)という、体液などを吸い取ることができる細い針を、腎臓まで刺していき、組織の一部を採取し、顕微鏡や電子顕微鏡で観察を行なうものです。
この検査では、糸球体や尿細管の状態を確認したり、自己免疫性タンパクを調べることができ、自己免疫性腎炎や、急性・慢性腎炎、腎不全、腎硬化症などの腎疾患の診断や鑑別ができます。
腎生検は、処置のために検査前後の約4日間の入院が必要になります。

検査時は、検査台の上にうつ伏せの状態で横になります。
超音波装置(エコー)で腎臓の位置や大きさを確認しながら針を刺す位置を決め、消毒を行います。
穿刺針を刺す部分に局所麻酔を注射し、その次に穿刺針を刺し、目的の所まで刺し込みます。
針は先端が削られており、へこんだ形をしているため、そのへこんだ部分に組織がはまり、細いひも状に切り取られていくので組織を採取する事ができます。

穿刺針を抜いたあとは、腎臓や刺し傷からの出血を抑えるため、仰向けになり圧迫止血を行います。
出血は30分以内には止まりますが、検査後は6時間の絶対安静が必要です。
その間は歩くことができませんので、食事や排尿も寝たまま行わければなりません。

検査から24時間以上経過したら、腎臓の状態を確認するために超音波検査を行い、穿刺部に血塊がなく止血していれば、安静は解除されます。
穿刺部は、約2mm程の小さな傷跡ができますが2~3週間ほどで傷跡は消えます。

腎シンチグラフィー検査でわかる事

腎シンチグラフィーとは、ラジオアイソトープ(RI)という放射性同位元素を体内に注入して、シンチカメラで腎臓を撮影し、画像処理をする検査です。
この腎シンチグラフィー検査には、“腎動態シンチグラフィー”と“腎静態シンチグラフィー”の2つの検査方法があります。

腎動態シンチグラフィー

左右の腎臓が正常に働いているかを調べる検査で、約30分~40分程で終了します。
検査に使用する、アイソトープが腎臓に蓄積され、それから排泄されるまでの様子を確認することができるので、腎実質障害と尿路排泄障害との鑑別ができる他、その障害の程度も確認することができます。
検査の当日は、検査の30分前に水分補給(200~300ml)をし、排尿を済ませておきます。

検査は専用の寝台に仰向けの状態で横になり、アイソートープを静脈に注射します。
そして、アイソトープが放出するγ(ガンマ)線を感知するシンチカメラで腹部の撮影を行います。
撮影は約30分ほど連続で行われますが、撮影中が体を動かさないように注意します。

腎静態シンチグラフィー

こちらの検査では、アイソトープが腎臓の皮膚に長時間停滞し、尿中にはほとんど排泄されないので、腎臓の大きさや形、腎嚢胞や腎腫瘍などが確認できる他、慢性腎炎や腎不全などの診断ができる検査です。
検査は約60分程で終了します。
検査方法は、まず、静脈にアイソトープを注射し、約2時間後から検査が行われます。
腎動態シンチグラフィーと同様、寝台に仰向けになった状態で撮影が行われますので、この時も体を動かさないように注意します。

腎CT検査でわかる事

CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)を略した言葉で、体にX線を360度、色んな方向から照射し、通過したX線量の差がデータとして集められ、コンピューターで処理し、人体を輪切りにしたような断面図を、白黒写真のような画像となって得ることができます。
CT検査では、苦痛を伴うことはなく、通常行われているX線では映らない臓器の形態的な異変も映し出すことができるので、腎臓や副腎、膀胱や後腹膜腔などの泌尿器系の診断に利用されます。
特に、腎臓の表面や内部にできる“腎嚢胞”や、腎臓に嚢胞が多発し、やがて腎不全に陥る危険性のある“多発性嚢胞腎”は、はっきりと映し出されるので診断を確定付けることができ、また、腎がんや腎結石、副腎腫瘍などの診断にも有効な検査方法になります。

腎CT検査は、装置の寝台に両腕を上げた状態で仰向けに寝て検査を受けます。
“ガントリー”という円筒状の装置の中へ寝台ごと入っていき、中には、X線を放射するX線管球と、検出器が配置されており、これらが体の周りを回りながら撮影を行っていきます。
中には、マイクが付いており、操縦室にいる放射線技師との会話ができますので検査中に異常があったり、具合が悪くなったらすぐに伝えれるようにできています。

また、腎CT検査には、造影剤を使用して撮影する“造影CT”と、造影剤を使わずに撮影をする“単純CT”の二通りの検査方法がありますが、造影剤による副作用が逆効果をもたらす場合もあるので、一般的には単純CTが行われることが多いです。
しかし、造影CTは小さな変化をより明らかに判定できるので、必要に応じて造影CTが行われることがあります。

造影剤を用いての検査の場合は、腕の静脈からヨード造影剤を注入したり、更に効果が期待できる、自動注入器を使って注入をして撮影を行います。
また、検査前や検査当日の注意点としては、検査の前は食事を摂らないようにと指示がある場合があります。
そして、当日は検査の妨げになる貴金属を取り外し、力を抜いてリラックスした状態で検査を受けましょう。

クレアチニン・クリアランス検査の基準値とわかる事

クレアチニン・クリアランスとは、クレアチニンが腎臓の糸球体で、どれくらい取り除く働きがあるのかを調べる、腎機能検査の方法のひとつです。
他にも、尿窒素やクレアチニン検査で腎機能を調べることができるのですが、これらの検査は、腎機能が正常の50~75%以下にならないと高値を示さないので軽い腎機能障害は見落とされてしまいますが、クレアチニン・クリアランス検査はある程度正確に反映することができます。
検査方法は、短時間法と24時間法の二通りがあります。

短時間法

検査前の約2日間は食事で摂取できるタンパク質の量を40~50gとされます。
これは、クレアチニン値を安定させるために必要なことです。そして検査当日は採尿を行いますが、この時に注意が必要で、尿を完全に出し切ること。そして30分後にもう一度採尿をします。

24時間法

短時間法と同様、検査前のタンパク質の摂取を制限します。そして検査当日は、一番最初の尿は全部捨てます。それ以降の尿は、翌朝の24時間分の尿を全て専用の瓶に採尿していきます。
また、排便時にでる尿も忘れないように注意します。最後の採尿が終わった朝の空腹時に、採血をし、血清クレアチニン濃度を測定します。

クレアチニン・クリアランスの計算方法と基準値

●血液から測定した血清クレアチニン濃度(P)
●尿から測定したクレアチニン濃度(U)
●1分間あたりの尿量(V)

クレアチニン・クリアランス(CCr)=(U×V)÷P男性の場合は90~120ml/分女性の場合は80~110ml/分となり、男性の方が基準値は高めになっています。
検査の結果が基準値よりも低いと、糸球体腎炎や、糖尿病性腎炎などの腎障害が考えられ、51~70ml/分では軽度障害、31~50ml/分では中等度障害、30ml/分以下にまでに下がると高等障害となり、特に高等障害の場合は、心臓麻痺や昏睡状態となる尿毒症が疑われ、とても危険な状態です。
逆に、基準値よりも高値の場合は、糖尿病や末端肥大症などが疑われます。

クレアチニン検査の基準値とわかる事

クレアチニンとは、筋肉を動かすためのエネルギーとして代謝される、アミノ酸の一種である“クレアチン”が代謝されたあとに残った物質のことをいいます。
そのため、筋肉に大きく負担をかけたり、筋肉を動かせば動かすほどクレアチンの量は増え、逆に、筋肉の運動量が少ないとクレアチンの量は減るという、筋肉量に比例た量となります。
クレアチンの検査は前日からは激しい運動を控え、採血をし、その血液に試薬を加えて比色計での色の変化を観察します。

クレアチニンは腎臓の糸球体でろ過され、尿細管では再吸収されることは、ほとんどなく、尿と一緒に体外へと排泄されるようになっています。
しかし、腎臓に異常があり正常に働いていないと、尿と一緒にクレアチンが排泄されずに、体内に蓄積するので血中のクレアチニンの量が増え、“クレアチニン濃度”が上昇します。
このように、血中のクレアチニンを測定することで、腎臓の機能が正常に行われいるかを調べることができます。

また、クレアチニンの一般的な基準値の範囲は男性と女性では多少異なり、男性の場合は0.5~1.1mg/dl、女性の場合では0.4~0.8mg/dlとなります。
これは、クレアチニンが筋肉量に比例するためで、女性よりも男性の方が高い値になります。
年齢での変動があまりないのは、年齢につれて腎臓の糸球体でのろ過率の低下と共に、筋肉の量も減少するからです。

クレアチニンが基準値よりも高いと、腎臓の機能が低下していることが示されており、腎炎や腎臓結石、または、肝硬変や心不全などが疑われます。
逆に基準値よりも低い場合は、筋肉の異常が疑われ、筋肉が萎縮する筋ジストロフィーや、尿崩症などが挙げられます。

PSP試験の基準値とわかる事

PSPとは、フェノール・スルホン・フタレインを略した言葉で、人体に特に害を与えない紅い色をした色素のことです。
腎臓は、体内に取り込まれた異物をろ過し、尿として体の外へと排出しようと働きます。
この時に、有用成分もろ過してしまうのですが、正常な人は有用成分が尿細管を通過する際に再び吸収され、老廃物や異物のみが体外へと排泄される仕組みになっています。

この色素を静脈から注入し、どのくらい時間をかけてどの程度の量が、排出されるのかを観察するのがPSP試験で、腎機能や尿細管の機能を調べることができます。
PSP検査は、排尿後、水を300~500ccを摂取し、その後約30分程時間を置き、PSP試薬を静脈内に6mgを注入します。
それから15分、30分、60分、120分と間隔をあけて排尿し、PSP濃度を観察します。

しかし、最初の15分後の尿にPSPが37%以上排泄されていたら腎臓は正常とされ、それ以降の採尿は行わないことがあります。
PSPは血液中でもほとんど変化をすることはなく、尿細管から排泄されます。
しかし、腎炎やネフローゼ症候群、尿細管の機能に異常がある場合は、PSPの排泄が低下します。

一番重要なのは、最初の15分後に採尿された尿のPSP値で、25~50%以上が基準値となり、その後の120分後には55%以上が排泄されます。
15分後のPSP値が25%以下であれば、腎機能に障害があると考えられ、急性腎炎や慢性腎炎、ネフローゼ症候群や尿毒症などが疑われます。

膀胱尿道造影検査でわかる事

膀胱尿道造影(UCG)とは、外尿道から造影剤を注入し、膀胱までを検査するものです。
膀胱尿道造影検査は前立腺肥大の検査に用いられます。
初期症状としては、尿が出るまでに時間がかかる、尿に勢いがない、尿の切れが悪くなるなど、主に50代後半頃の男性に多く見られます。
前立腺とは、男性のみに存在する器官であり、膀胱の真下に位置します。

この前立腺が肥大化することで、尿道を圧迫し、尿障害を引き起こします。
また、前立腺肥大の他にも尿道狭窄や尿道憩室、膀胱がんや前立腺がんなどの診断もできます。
膀胱尿道造影の検査方法は、まず検査前に排尿を済ませる必要があります。
排尿を済ませたあとは、ズボンや下着は全て脱いで、検査用の台へ仰向けの状態で横になり、膀胱を撮影します。

次に、外尿道からゼリー状の麻酔薬を塗ったカテーテルを挿入し、カテーテルから造影剤を注入しながら尿道を撮影、少し体を起こした状態(45度程度)で造影剤を注入しながら再度撮影します。
そしてもう一度造影剤を注入し、最後に膀胱を撮影して終了となります。
ここまでの検査で約20分程です。

検査の結果、前立腺が肥大していると膀胱が圧迫されている様子が写し出され、がんの場合は、その線が乱れて写し出されるのがわかります。
検査後は、なるべく造影剤を排泄するために水分を多く取るように心がけてください。
また、少量の出血が見られる場合もありますが、多量の出血や、それが続いた場合は病院に連絡をします。

膀胱鏡検査でわかる事

膀胱鏡検査とは、尿道口から内視鏡を挿入し、尿道や膀胱の内部を内視鏡で観察する検査です。
超音波検査やX線検査では発見することができないような、小さな病変部でも見つけることができ、膀胱結石や尿道狭窄、膀胱がんなどの診断に用いられます。
また、検査の時に腫瘍が発見されたら、そのまま組織を採取し生検を実施する事ができます。

膀胱鏡検査は、まず、検査の前に排便や排尿を済ませ、ズボンやスカート、下着を全て脱ぎ、検査台に上がり、両足を開いた状態になります。
女性の場合は尿道が短いので、ほとんど痛みを伴いませんが、男性の場合は尿道が狭く長いので苦痛を訴えることもありますので、麻酔を使用します。
麻酔は、尿道口に麻酔を注入する局所麻酔か、肛門の上の方にある仙骨に麻酔薬を注射する仙骨硬膜外麻酔のいずれかが行われます。

また、リラックスして検査を受けると痛みを和らげることができます。
そのまま内視鏡を進めていき、尿道や膀胱内を観察していき、膀胱炎や膀胱結石、膀胱憩室、膀胱腫瘍などの異常が確認されると画像撮影を行います。
このときに腫瘍の疑いがあると、悪性か良性かを調べるために組織を採取し、生検を行います。

また、膀胱壁が外から押されたように変形していると前立腺肥大、あるいは前立腺がんが考えられます。
検査後は、2~3日間ほど排尿時に痛みを感じたり、血尿、頻尿や残尿感などがありますが徐々に良くなります。
また、感染予防のために抗生剤を処方されることもあります。

前立腺針生検でわかる事

前立腺生検とは、前立腺にがんが疑われるときに行われる検査の一つです。
前立腺とは、男性性器のひとつで、膀胱から尿道を取り囲むようにして存在しており、クルミ大ほどの大きさです。
前立腺では精液の一部が作られており、加齢とともに疾患が増加します。
前立腺生検を行なう前に、血液検査や触診が行われます。

血液検査ではでPSA(前立腺特異抗原)の値を調べ、数値が高いと腫瘍が疑われ、また肛門から指を挿入する直腸診が行われ、凹凸があったり、圧痛があると前立腺がんの疑いが強くなります。
しかし、これらの検査では前立腺がんの確定には至らず、疑いにとどまるだけなので、診断を確定するために前立腺生検が行われます。
前立腺生検は、通常入院して行われます。
検査台の上に足を広げた状態になり、麻酔薬の入ったゼリーを肛門や直腸に塗り、肛門から針を刺し、超音波検査の機械を挿入します。

まずは超音波画像で前立腺の内部の様子を観察し、前立腺の大きさや、異常がないかを見ます。
その後は、前立腺の周辺に局所麻酔を注射し、会陰部や直腸から直径約1mmほどの針を前立腺へ向かって刺し、前立腺の組織を採取します。
この時に採取する組織は、少なくとも6ヶ所以上から採取します。

ここまでの検査は約30分から1時間ほどで終了し、検査後は止血するまで数時間の安静を必要とします。
また、検査後は、血尿や精液に血の混じる血精液症、尿道出血などが出る場合がありますが、通常は数日で改善していきます。

国際前立腺症状スコアの内容・見方などについて

国際前立腺症状スコア(IPPS)とは、前立腺肥大の自覚症状を点数として評価するための、米国泌尿器科学会で提唱された表があり、結果を点数で表すことができる検査です。
質問は、過去1ヶ月の排尿の状態を振り返り、質問に対して回答していきます。
以下の質問に
全くない…0点
5回に1回未満…1点
2回に1回未満…2点
2回に1回程度…3点
2回に1回未満…4点
ほとんどいつも…5点
で答えてください。なお、一番最後の質問に関しては、起きた回数が点数になります。

(起きた回数が5回以上の場合でも5点までとします。)
●過去1ヶ月間、排尿後に尿がまだ残っている感じがありましたか?(残尿感)
●過去1ヶ月間、排尿後2時間内にもう一度行かねばならないことがありましたか?(頻尿)
●過去1ヶ月間、排尿途中に尿が途切れることがありましたか?(尿線途絶)
●過去1ヶ月間、排尿を我慢するのがつらいことがありましたか?(尿意切迫)
●過去1ヶ月間、尿の勢いが弱いことがありましたか?(尿流減退)
●過去1ヶ月間、排尿開始時にいきむ必要がありましたか?(いきみ)
●過去1ヶ月間、床に就いてから朝起きるまで通常何回排尿に起きましたか?(夜間排尿)

以上の質問の結果が
0~8点…軽症
9~20点…中等症
20点以上…重症
とされ、点数が高いほど重症の前立腺肥大症と考えられます。

ですが、あくまでも評価であり、この検査だけでは診断ができませんので、前立腺肥大症の疑いがある場合は更に検査が必要になり、直腸診や膀胱尿道造影、超音波検査などが行われます。

酸性ホスファターゼ検査の基準値とわかる事

酸性ホスファターゼ(acid phosphatase、略号はACP)とは、酵素の一種で、肝臓や脾臓などの様々な臓器や血液に含まれていますが、場所によってそれぞれ違う形をして存在しています。
中でも前立腺に含まれている、前立腺酸性ホスファターゼ(prostatic acid phosphatase、略号はPAP)は、前立腺がんの腫瘍マーカーとして活用されています。
酸性ホスターゼは採血にて調べることができますが、年齢や性別、環境条件などによって基準値が大きく変化し、女性よりも男性のほうが数値が高く示されることが多くなっています。

また、測定法も複数存在し、基準値にもばらつきがありますが、“キンド・キング法”がもっともポピュラーであり、基準値は0~4.7KA単位とされています。
数値が高いと男性の場合では、前立腺がんや前立腺肥大症が疑われます。
特にPAPの数値が4.9ng/ml以上になると、6割以上の人が前立腺がんと診断されています。

また、前立腺以外の疾患でもACPの数値が上昇します。
ACPは、血小板や白血球のなかにも多く存在しているため、原因として考えられるのは、肝がんや肝硬変などの肝疾患、骨髄腫や骨肉腫などの骨のがん、血小板増多症や白血病などの血液疾患が考えられます。
特に、慢性骨髄性白血病の場合は数値が高くなります。
また、糖尿病でインシュリンを投与していてもACPの数値が少し高く測定されることがあります。

関連記事

脳の検査でわかる事や問題点

アミロイドイメージング検査でわかる事 アミロイドイメージングとは アミロイドイメージングとは

記事を読む

放射線治療の費用・流れ・解る事など詳細説明

放射線治療とは、手術による外科療法、抗がん剤による化学療法と並ぶがん治療の3つのうちの一つです。

記事を読む

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

特定健康診査の内容・基準値・見方などについて

特定健康診査(特定保健指導)とは、健康保険法の改正に伴い、2008年4月から全国で導入された新し

記事を読む

臨床検査>検体検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる

記事を読む

血液一般検査でわかる事

赤血球沈降速度(赤沈)検査の基準値とわかる事 赤血球沈降速度とは、赤血球が試験管の中を沈んでい

記事を読む

甲状腺の検査の内容やわかる事

甲状腺ホルモン検査でわかる事 『甲状腺ホルモン』というのは、喉仏の下のあたりで気管の外側に付い

記事を読む

尿検査でわかる事

尿沈渣検査の基準値やわかる事 『尿沈渣(にょうちんさ)』というのは、尿を遠心分離機にかけた後で

記事を読む

血液生化学検査でわかる事

不飽和鉄結合能(UIBC)検査の基準値やわかる事 『不飽和鉄結合能(UIBC)』というのは、鉄

記事を読む

PET検査の費用・流れ・解る事など詳細説明

PET検査とは、がん検査の一種です。 がん細胞が、ブドウ糖を正常な細胞より多く取り込む仕組みを

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑