*

うつぶせ寝健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/06/12 健康法


通常、人間はあおむけで眠るのが一般的とされていますが、実はうつぶせで眠るのが動物の本来の形であるという説があります。
事実、うつぶせ寝をするとさまざまな健康効果があるのだといいます。

うつぶせ寝健康法とは?

長い人生の中で3分の1を占めているのが眠っている時間です。
当たり前のようにあおむけで眠っている人も多いと思いますが、実はあおむけで眠っていると血流が悪くなります。
これは重力によって内臓が背骨の裏にある太い血管を圧迫するためで、そのため寝たきりの人は床ずれを起こしやすくなるのです。

うつぶせ寝健康法はこの床ずれ対策から始まった健康法で、床ずれを防ぐだけでなく、さまざまな健康効果が期待できるのだといいます。

たとえば、あおむけに寝ると舌が気道を塞いでしまい、大きないびきをかいたり、睡眠時無呼吸症候群を引き起こしてしまうこともあります。
うつぶせ寝なら下を向いているのでちゃんと気道が確保されるため、寝ている間もスムーズに呼吸をすることができます。

子どもの頃はうつぶせ寝をしていたという人も少なくないのではないでしょうか。
小さな子供はきちんと眠りやすい形で眠っているのです。

あおむけ寝は動物にとって正しい眠り方ではないというのが、うつぶせ寝健康法の考え方です。

うつぶせ寝健康法の効果や魅力

うつぶせ寝をすると気道が確保され睡眠時無呼吸症候群やいびきが改善されることのほか、腰痛、肩こり、気管支炎やぜんそく、心筋梗塞や脳梗塞、胃もたれや便秘、風邪などの予防や改善が期待できるといわれています。

寝る姿勢によって腰痛や肩こりが改善されることはなんとなくわかりますが、気管支炎や心筋梗塞などの予防効果は疑問に思う方もいるかもしれません。

これはうつぶせで眠ることの血行改善効果と、寝ている間のスムーズな呼吸で酸素を多く取り込めるということが関係しています。
血行の改善と血中の酸素濃度を上げることが、ドロドロ血予防となるのです。
また、うつぶせ寝で口が下になっているためタンが出やすくなり、咳も軽くなるだといいます。

このようにいろいろな健康効果が期待できるのがうつぶせ寝です。
魅力は睡眠の質がぐっと上がることで、深い眠ることができるため目覚めが良くなります。
寝つきもよくなり、健康的な毎日を送ることができるのです。

うつぶせ寝健康法のやりかた・注意点

うつぶせ寝健康法のやりかたといっても、ただうつぶせ寝をするだけなのですが、呼吸をスムーズする理想的な姿勢があります。
慣れないと最初は寝心地があまり良くないかもしれませんが、これから紹介する理想的な姿勢を参考にしてやってみましょう。

まず、顔を左右どちらかに向け、顔を向けた側の手を上に向けて曲げ、逆の手はまっすぐ下に下げます。
足も手と同様に顔を向けた側を上に向かって曲げ、逆側はまっすぐ伸ばします。

これが基本のうつぶせ寝ですが、腰痛のある人は顔を横に向けず、枕を使って体と敷布団の隙間を埋めるように寝るなど、症状別に眠る姿勢は変える必要があります。

たとえば完全なうつぶせ寝ではなく横向きに眠る半うつぶせ寝は、胃腸の機能を高めるといいます。
快適に眠りにつけるような姿勢をとるようにすることが大切です。

昼寝は机の上にクッションなどをのせ、顔を横向きにして眠ると疲れがとれ、短時間で頭がすっきりするそうです。

このように、うつぶせ寝は誰にでも簡単にできる健康法ですが、いくつかの注意点があります。

窒息の危険がある乳幼児や寝たきりの高齢者は窒息の危険があるため、うつぶせ寝は控えた方が良いでしょう。
また、骨がもろくなっている骨粗しょう症の人は、骨折することもあるので注意が必要です。

うつぶせ寝健康法の口コミ・評判

うつぶせ寝を試して、実際に症状が緩和したという口コミも多くありますが、当然、すべての人に効果があるわけではありません。

今まであおむけで眠っていて健康的に過ごしている人は、わざわざうつぶせ寝に変える必要はないでしょう。
かえって健康を損ねることにもなりかねませんから、なにかしらの症状がある場合に試すのが良いでしょう。

関連記事

両手振り運動の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

両手を振る運動だけで健康になるのが、両手振り運動です。 これは気功術のひとつで、スワイショウと

記事を読む

リンパマッサージの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

滞ったリンパの流れを改善することで、健康へと導いていくのがリンパマッサージです。 そしてこのリ

記事を読む

朝食抜き健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

朝食を食べるほうが健康的と思っている人は多いですが、実は朝食を抜くことで健康を保つという健康法が

記事を読む

乾布摩擦健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

昔からある健康法といえば乾布摩擦です。 乾布摩擦で皮膚を鍛えることでさまざまな健康効果を生みま

記事を読む

デトックス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

美容や健康効果が期待できると注目なのがデトックス健康法です。 体に溜まった毒素や老廃物を体外に

記事を読む

ぬれマスク健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ちょっと変わった健康法にぬれマスク健康法というものがあります。 これはただ、ぬれマスクをして眠

記事を読む

瞑想健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

瞑想でストレスを解消し、健康を維持するのが瞑想健康法です。 ストレスが体に与える影響はとても大

記事を読む

歩く健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

手軽で無理なく始めることができる運動が、月並みではありますが歩くというものです。 運動が苦手な

記事を読む

スクワット健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

芸能人にもやっている人が多い人気の健康法がスクワット健康法です。 全身の筋肉を使うスクワットは

記事を読む

逆立ち健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

毎日逆立ちを続ける健康法が逆立ち健康法です。 逆立ちは体を鍛えることはもちろんのこと、病気の予

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑