*

セロトニン健康の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 健康法


神経伝達物質セロトニンを増やすことで健康を保つのが、セロトニン健康法です。

セロトニン健康法とは?

神経伝達物質であるセロトニンは、脳内のみにあると思っている人が多いと思いますが、実は血管内や消化管など体全体に存在しています。

血管の中では血管を収縮させる作用、消化管の中では蠕動運動を活発にする作用があり、脳内では心のバランスを整えてくれます。

脳の血管内のセロトニンが不足すると偏頭痛を引き起こすことがあり、腸内のセロトニンが不足すれば便秘に、増えすぎれば下痢になります。
そして、脳内のセロトニンが不足するとうつ病などの心の病気になりやすくなります。

もっとも注目されているのが脳内のセロトニン不足で、セロトニン健康法とは、セロトニンを増やして精神を安定させる健康法です。

セロトニン健康法の効果や魅力

セロトニンは脳内で、大脳の覚醒の調整、心のバランスの調整、自律神経への働きなどのいろいろな働きをしています。
そのため脳内のセロトニンが不足してしまうと、心のコントロールがきかなくなり、精神のバランスが崩れてしまうのです。

セロトニン健康法を実践することで精神の安定が図れ、精神が安定すれば若々しく元気に日々を送ることができます。

簡単な方法でセロトニンを増やすことができるのが魅力です。

セロトニン健康法のやりかた・注意点

セロトニンを増やすには薬を使うという方法もありますが、セロトニン健康法はもっと安全な方法でセロトニンを増やします。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びる、リズム運動をする、人とのふれあいが重要です。

具体的には、朝起きたらしっかりと太陽の光を浴びる、意識を集中してウォーキングなどのリズム運動をする、友達や家族とおしゃべりするなどです。

また、セロトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸を積極的に摂取するのもおすすめです。
大豆食品や乳製品、ゴマやピーナッツ、バナナ、卵などを食事に取り入れましょう。

サプリメントもありますが、摂りすぎてセロトニンが過剰に作られてしまうと副作用が出るので注意が必要です。

セロトニン健康法の口コミ・評判

心の病が増えているといわれる現代、セロトニン健康法を試した人は多くいます。
継続して続けることで不眠が改善してきたなど、心の安定を実感している人は少なくありません。

関連記事

米こうじ健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

米こうじを食べる健康法が米こうじ健康法です。 免疫力を上げたり、病気にかかりにくくなったりなど

記事を読む

丹田腹式呼吸法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

丹田というのはへそから指三本分くらい下の場所を指します。 この部分を意識しながら行う呼吸法が丹

記事を読む

ひもしばり健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

足をひもで縛って眠るのが、ひもしばり健康法です。 O脚やX脚を改善するのに有効ですが、それだけ

記事を読む

ポジティブ・シンキング健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

前向きな考え方をすることで健康を維持するのが、ポジティブ・シンキング健康法です。 後ろ向きな考

記事を読む

アロマテラピーの効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

香りの効果で心や体を癒してくれるのがアロマテラピーです。 アロマテラピーはリフレッシュやリラッ

記事を読む

逆立ち健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

毎日逆立ちを続ける健康法が逆立ち健康法です。 逆立ちは体を鍛えることはもちろんのこと、病気の予

記事を読む

ビタミンC健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ビタミンCにはいろいろな効果があることが知られています。 このビタミンCの効果を利用したのがビ

記事を読む

ぬれマスク健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ちょっと変わった健康法にぬれマスク健康法というものがあります。 これはただ、ぬれマスクをして眠

記事を読む

水素水健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

今、多くの今テレビや雑誌で注目されているのが水素水の健康効果です。 水素水は美容や健康に対しさ

記事を読む

朝食抜き健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

朝食を食べるほうが健康的と思っている人は多いですが、実は朝食を抜くことで健康を保つという健康法が

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球

じんましん(蕁麻疹)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

じんましん(蕁麻疹)とは じんましんとは、皮膚の一部になんらかの刺激が加わったこ

ジフテリアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ジフテリアとは ジフテリア(じふてりあ)とは、桿菌(かんきん)という棒状・円筒状の細

起立性低血圧を詳細に:原因,症状,検査,治療など

起立性低血圧とは 寝た姿勢や座っている姿勢から急に立ち上がったときに血圧が低下し

アカントアメーバ角膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アカントアメーバ角膜炎とは アカントアメーバ角膜炎(あかんとあめーばかくまくえん)と

→もっと見る

PAGE TOP ↑