*

セロトニン健康の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 健康法


神経伝達物質セロトニンを増やすことで健康を保つのが、セロトニン健康法です。

セロトニン健康法とは?

神経伝達物質であるセロトニンは、脳内のみにあると思っている人が多いと思いますが、実は血管内や消化管など体全体に存在しています。

血管の中では血管を収縮させる作用、消化管の中では蠕動運動を活発にする作用があり、脳内では心のバランスを整えてくれます。

脳の血管内のセロトニンが不足すると偏頭痛を引き起こすことがあり、腸内のセロトニンが不足すれば便秘に、増えすぎれば下痢になります。
そして、脳内のセロトニンが不足するとうつ病などの心の病気になりやすくなります。

もっとも注目されているのが脳内のセロトニン不足で、セロトニン健康法とは、セロトニンを増やして精神を安定させる健康法です。

セロトニン健康法の効果や魅力

セロトニンは脳内で、大脳の覚醒の調整、心のバランスの調整、自律神経への働きなどのいろいろな働きをしています。
そのため脳内のセロトニンが不足してしまうと、心のコントロールがきかなくなり、精神のバランスが崩れてしまうのです。

セロトニン健康法を実践することで精神の安定が図れ、精神が安定すれば若々しく元気に日々を送ることができます。

簡単な方法でセロトニンを増やすことができるのが魅力です。

セロトニン健康法のやりかた・注意点

セロトニンを増やすには薬を使うという方法もありますが、セロトニン健康法はもっと安全な方法でセロトニンを増やします。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びる、リズム運動をする、人とのふれあいが重要です。

具体的には、朝起きたらしっかりと太陽の光を浴びる、意識を集中してウォーキングなどのリズム運動をする、友達や家族とおしゃべりするなどです。

また、セロトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸を積極的に摂取するのもおすすめです。
大豆食品や乳製品、ゴマやピーナッツ、バナナ、卵などを食事に取り入れましょう。

サプリメントもありますが、摂りすぎてセロトニンが過剰に作られてしまうと副作用が出るので注意が必要です。

セロトニン健康法の口コミ・評判

心の病が増えているといわれる現代、セロトニン健康法を試した人は多くいます。
継続して続けることで不眠が改善してきたなど、心の安定を実感している人は少なくありません。

関連記事

水飲み健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

水を飲むだけの健康法が、水飲み健康法です。 体に必要な水分を摂取できていない人は少なくないよう

記事を読む

朝食抜き健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

朝食を食べるほうが健康的と思っている人は多いですが、実は朝食を抜くことで健康を保つという健康法が

記事を読む

黒ごま健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

栄養価の高いごまは健康食品としても知られています。 ごまの成分セサミンは優れた抗酸化作用をもち

記事を読む

デトックス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

美容や健康効果が期待できると注目なのがデトックス健康法です。 体に溜まった毒素や老廃物を体外に

記事を読む

あたため健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

冷えは万病のもとといわれていますが、実際に体の冷えにより体調を悪くしている人は少なくありません。

記事を読む

うつぶせ寝健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

通常、人間はあおむけで眠るのが一般的とされていますが、実はうつぶせで眠るのが動物の本来の形である

記事を読む

1円5円玉療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

1円5円玉療法は貼るだけの簡単な健康法です。 1円玉や5円玉に含まれる金属の性質を利用して、体

記事を読む

炭健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

炭には消臭効果や湿度の調整効果などいろいろな効果があります。 それを生活のあらゆるシーンで利用

記事を読む

歩く健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

手軽で無理なく始めることができる運動が、月並みではありますが歩くというものです。 運動が苦手な

記事を読む

尿飲療法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

自分の尿を飲む健康法が尿飲療法です。 尿は汚いというイメージがありますが、排泄したばかりの尿は

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑