*

セロトニン健康の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 健康法


神経伝達物質セロトニンを増やすことで健康を保つのが、セロトニン健康法です。

セロトニン健康法とは?

神経伝達物質であるセロトニンは、脳内のみにあると思っている人が多いと思いますが、実は血管内や消化管など体全体に存在しています。

血管の中では血管を収縮させる作用、消化管の中では蠕動運動を活発にする作用があり、脳内では心のバランスを整えてくれます。

脳の血管内のセロトニンが不足すると偏頭痛を引き起こすことがあり、腸内のセロトニンが不足すれば便秘に、増えすぎれば下痢になります。
そして、脳内のセロトニンが不足するとうつ病などの心の病気になりやすくなります。

もっとも注目されているのが脳内のセロトニン不足で、セロトニン健康法とは、セロトニンを増やして精神を安定させる健康法です。

セロトニン健康法の効果や魅力

セロトニンは脳内で、大脳の覚醒の調整、心のバランスの調整、自律神経への働きなどのいろいろな働きをしています。
そのため脳内のセロトニンが不足してしまうと、心のコントロールがきかなくなり、精神のバランスが崩れてしまうのです。

セロトニン健康法を実践することで精神の安定が図れ、精神が安定すれば若々しく元気に日々を送ることができます。

簡単な方法でセロトニンを増やすことができるのが魅力です。

セロトニン健康法のやりかた・注意点

セロトニンを増やすには薬を使うという方法もありますが、セロトニン健康法はもっと安全な方法でセロトニンを増やします。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びる、リズム運動をする、人とのふれあいが重要です。

具体的には、朝起きたらしっかりと太陽の光を浴びる、意識を集中してウォーキングなどのリズム運動をする、友達や家族とおしゃべりするなどです。

また、セロトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸を積極的に摂取するのもおすすめです。
大豆食品や乳製品、ゴマやピーナッツ、バナナ、卵などを食事に取り入れましょう。

サプリメントもありますが、摂りすぎてセロトニンが過剰に作られてしまうと副作用が出るので注意が必要です。

セロトニン健康法の口コミ・評判

心の病が増えているといわれる現代、セロトニン健康法を試した人は多くいます。
継続して続けることで不眠が改善してきたなど、心の安定を実感している人は少なくありません。

関連記事

水素水健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

今、多くの今テレビや雑誌で注目されているのが水素水の健康効果です。 水素水は美容や健康に対しさ

記事を読む

仮眠健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

仮眠をとることで脳の働きを活性化させるのが仮眠健康法です。 疲れたり、集中力がなくなってきたと

記事を読む

歩く健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

手軽で無理なく始めることができる運動が、月並みではありますが歩くというものです。 運動が苦手な

記事を読む

ひもしばり健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

足をひもで縛って眠るのが、ひもしばり健康法です。 O脚やX脚を改善するのに有効ですが、それだけ

記事を読む

あたため健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

冷えは万病のもとといわれていますが、実際に体の冷えにより体調を悪くしている人は少なくありません。

記事を読む

炭健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

炭には消臭効果や湿度の調整効果などいろいろな効果があります。 それを生活のあらゆるシーンで利用

記事を読む

ビタミンC健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

ビタミンCにはいろいろな効果があることが知られています。 このビタミンCの効果を利用したのがビ

記事を読む

粗食・少食健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

健康な体を作るために、食生活はとても重要です。 現代の日本人は食べ過ぎ傾向にあり、それにともない生

記事を読む

うつぶせ寝健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

通常、人間はあおむけで眠るのが一般的とされていますが、実はうつぶせで眠るのが動物の本来の形である

記事を読む

プロバイオティクス健康法の効果・魅力・やり方・注意点・口コミとは

乳酸菌やビフィズス菌などの微生物によって腸内環境を整える健康法をプロバイオティクス健康法といいま

記事を読む

no image
色素性乾皮症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、紫外線を浴びることによって皮膚症状と神

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑