*

人工透析の流れと問題点!メリットとデメリットを知ろう

公開日: : 腎臓の病気・人工透析

人工透析とは

人工透析とは腎臓に疾患を抱える方への治療方法です。
人工的に肝臓の役割を担うと言うのが目的で腎臓の役割である血液を浄化することになります。
腎不全に陥った患者に対して行われ、腎不全になった患者が尿毒症にならないためには必要な治療です。
腎臓は身体の中の浄化槽のような役割を果たしており、心臓によって送りだされた血液を腎臓がろ過する事によって身体は保たれています。
尿を作ったり血圧を一定にしたり、赤血球をつくるのも腎臓の役割です。
この腎臓が腎不全により機能しなくなると、尿の異常から始まり身体の様々な器官が悪くなってしまいます。
水分のコントロールなど生命にとって大切なことが出来なくなってしまうためです。
そのため人工的に血液を浄化する必要が出てきます。
これを人工透析と呼び、人工的に血液をろ過することによって腎臓の機能を人工的に行います。
人工透析と一口に行っても数種類あります。
血液透析や腹膜透析という言葉を聴いたことがある方も多いかもしれません。
血液透析や腹膜透析は人工透析の種類なのです。
方法は異なりますが、どちらも腎臓の役割を人工的に果たす治療であることに変わりはありません。
人工透析を行わなければ死にいたるとも言われているくらい腎不全などで腎臓が正常に働かないと言うのは生命の危機でもあるのです。
医師の指示に従い、生活習慣を変更するなど人工透析は簡単に行える気軽な治療ではありません。
それでも以前より人工透析は改善されている部分も多いです。

医療費について

人工透析を行う際の1カ月の治療費は血液透析で40万前後、腹膜透析で30万から70万円程度だと言われています。
一カ月の治療費ですから、人工透析がどれだけ高額な医療であるか分かると思います。
人工透析は数日に一回行うものですから医療費も高額になってしまうのです。
しかし人工透析は公的助成制度がしっかりとしているので患者が負担する割合はこの金額から大きく変わります。
人工透析は生命を維持するのに重要なものですので、このような助成もしっかりとされているのです。
まず医療保険高額療養費制度があります。
これは所得に応じて医療費の自己負担額が減ることになります。
また、障害者手帳を取得する事によって自立支援医療も受けられ、所得によって医療費の助成が受けられます。
また現在では地方自治体によって支援を行ってくれている場所もあります。
地方自治体によって異なりますから、自分の住んでいる地方自治体に確認して見ましょう。
これらを活用する事によって1か月数十万円の治療費が数千円程度で受けられる可能性があります。
人工透析は高額な医療費によって受けることが出来ないと言うことはありえないのです。
人工透析の医療費がどのくらいになるのかは所得によっても異なりますが、高額な医療費に悩まされる心配はないと考えて置いて大丈夫です。
人工透析はこのように助成制度がしっかりとしているのです。
日本にも多くの人工透析を行っている方がいますが、制度を正しく利用し、病気と向き合っていると言えるでしょう。

人工透析の流れ

人工透析の具体的な流れとは一体どのようなものでしょうか。
人工透析の具体的な流れについて解説してきます。
まずは人工透析前に、透析条件などを詳しく確認していきます。
人工透析は人によって異なる部分が大きいので医師や看護師により透析内容が確認されます。
次に透析前には必ず体重を測ることになります。
これは血液を人工的にろ過する際にどの程度の水分を徐くのか確認するためです。
体重確認は毎回行われる大切な作業の一つです。
その後人工透析が行われます。
人工透析は種類にもよりますが点滴のように針を指し、身体の血液を人工的に度貸していくことになります。
この間は音楽を聴いたり本を読んだり好きなことをして過ごすことが出来ます。
人工透析の時間は人によって異なりますが大体目安として3時間から4時間程度になります。
人工透析の間は血液がいったん外に出されながら循環するので違和感を感じる方もいますが痛みなどはありません。
人工透析を行っている間は病院のベッドにいることになります。
人工透析が終わったら体重測定を行います。
体重測定を行うことによって血液内の水分の量が適切であるのか確認することになります。
体重測定が終われば人工透析は終了です。
人工透析は時間が掛かるものになりますがその時間を書いて気に過ごせるように工夫されていることが多いです。
人工透析中はモニターがありますから看護師がモニターをチェックしにくることもありますが、フリーな時間を過ごすことが出来ます。
基本的に一人で行いますが付き添いも認められています。

合併症について

人工透析には合併症の危険性があります。
人工透析をすることによって寿命が延びたと言う人も増えてきましたが、人工透析を行うのであれば合併症について考えておく必要もあります。
人工透析が身体の負担になることによって合併症を引き起こしてしまう可能性はあるのです。
人工透析で考えられる合併症について考えておきましょう。
人工透析で考えられる合併症の代表的なものが不均衡症候群です。
これは血液中の老廃物が一気に処理されることによって身体が対応できなくなり貧血やけいれん、頭痛を引き起こします。
主にスピードの速い血液透析によって起こりえるものです。
これには食事や水分の規制が効果的であると言われています。
また、透析困難症という合併症もあります。
これは透析を長く続けている患者に多く、低血圧になってしまうと言うものです。
血圧が低下する事で透析が行いにくくなってしまいます。
これらが代表的な人工透析による合併症です。
その他にも神経障害であったり成人の場合は性機能に問題を及ぼすことがあります。
具体的に弾性の場合はインポテンツになり、女性の場合は月経が乱れることになります。
また感染症も忘れてはならない合併症です。
透析は針を指すことによって行われますがこの傷から細菌が感染するのです。
針は清潔に保たれるようになっていますが、皮膚を清潔に守ったりしっかり栄養を取り免疫力の低下を防ぐ必要があります。
人工透析を行う場合は、このような合併症についてしっかり調べておきましょう。

人工透析とかゆみ

人工透析は腎臓の代わりに人工的に血液をろ過する事です。
人工的に腎臓の働きをしなくてはならないのですから、週に3回ほど人工透析を行うのが一般的です。
腎臓は毎日働いているのですから、それほどの頻度で人工透析を行う必要があるのですね。
人工透析ではかゆみの問題を抱えている人がいます。
これはかゆみを感じる神経物質が分泌されていることが原因で、人工透析を行うと薬が効かなくなるのです。
これはかゆみを感じる神経物質であるヒスタミンが人工透析の患者には効果が無い事を示しています。
ですから人工透析を受けている方はかゆみを薬によって抑えることが出来ないのです。
ですから人工透析を行っている患者は、かゆみの対策を行わなくてはなりません。
肌の乾燥を防いだり、食事の制限を行う必要があるのです。
肌のかゆみは乾燥を防ぐことが大きな要因になりますが、それだけではありません。
人工透析の患者は血液を自分で濾過することが出来ないのですから血中にカルシウムやリンが溜まってしまいます。
これが原因でかゆみを感じる方がいます。
そのため人工透析患者は食事に気を付けて置く必要があるのです。
このように人工透析患者とかゆみの問題は予防していくことが出来ます。
人工透析の患者の多くがかゆみを体験する事になりますが、しっかりと対策をすれば一般の方と同じように生活を送ることが出来るのです。
人工透析を行う場合はこうした問題をどう改善していくべきなのかしっかり考えて置かなくてはなりません。

血液透析

人工透析には2つの種類があります。
血液透析と腹膜透析です。
今回は血液透析について学んでいきましょう。
血液透析は透析を行う機会に血液を循環させることによって透析を行います。
腕に針を指しチューブを繋げ、チューブを通して透析器械に血液を送り、ろ過した後に体内に戻す方法です。
透析器械は多数の細かな穴があり、透析液がそれらを囲いながら血液をろ過します。
血液透析は週3回程度の透析を行う必要があります。
仕事と両立できるように夜間の血液透析を行ってくれる病院もあります。
1回の透析時間は4時間から5時間になりますがその間は自由に時間を過ごせます。
ベッドの上ではありますが音楽を聴いたり本を読んだりして過ごされる方が多いです。
血液透析を行う場合は、血液を大量に送りこんだり入れたりする事になりますから手首の血管を繋げ太くすることがあります。
これによりスムーズに透析を行うことが出来るようになるので血液透析をされるほとんどの方が手首の血管を繋げます。
透析を受ける患者はほとんど尿を排出出来ないので、体重が増加します。
透析を受けることによって水分を排出する事になります。
そのため体重の測定は透析の中でもとても重要なことです。
血液透析はこのように拘束時間も長いですが人工透析の中ではポピュラーなもので血液透析を行っている患者は非常に多いです。
長期透析などでは合併症も起こりうる人工透析ですが透析方法もしっかり学び自分に適切であるか判断しましょう。

血液透析の問題点

血液透析にはメリットも存在し、多くの人が利用している治療方法ですがデメリットも存在します。
やはり血液透析のデメリットとして考えられるのは拘束時間の長さでしょう。
大抵の場合は週に3回通院し1回4時間から5時間の拘束を受けることになるのです。
また針を指すことになるので痛みが伴います。
透析自体に痛みはありませんが、やはり針を指す痛みは避けることができません。
血液透析は食事制限が厳しくなり、特にカリウムの多いと言われている生野菜を食べることを制限されます。
同時に水分の制限も厳しくなります。
このように血液透析は生命の維持にとって大切なことではありますが、デメリットと呼ばれるものも多く存在しているのです。
他にも血液透析は出血が起きやすいと言われています。
人工透析と切っても話せないかゆみですが、血液透析ではかゆみを感じる人も多いのです。
これは血液透析に限った問題ではありませんが、血液透析を受けている患者が多く感じていることであるのは確かなことです。
血液透析にはこのようなデメリットがあると言うことを理解して置く必要があります。
しっかり理解して置く事によって透析を受ける環境や気持ちが変わってくるはずです。
このような問題点から目をそらしていてはいざという時に困ってしまいます。
血液透析のメリットばかりではなく問題点にもしっかりと目を向けていましょう。
そうすることによってより安全に血液透析を行うことが出来るようになります。

腹膜透析

人工透析には血液透析ともう一つ、腹膜透析があります。
腹膜透析は血液透析のように器械を利用して血液をろ過するのではなく自分の腹膜を利用して透析を行う方法です。
腹膜とはお腹の内側のことを指し、臓器を覆っている膜のことになります。
お腹の中にチューブを通すことによって透析液を入れ、ろ過する方法です。
この方法では透析液を出し入れする必要がありますから、最初にお腹の中にチューブを埋め込むことになります。
チューブを埋め込むのですから毎日ケアをする必要があります。
血液透析に比較し通院頻度も低く、時間を有効に利用する事ができます。
透析液を1日4回程度交換しなくてはならないものの自分で管理することが出来ます。
血液透析と比較し食事制限が緩いと言われており、透析液を交換する間以外は腎臓と同じように持続的に濾過されることになるので身体への負担も少ないです。
しかし腹膜透析にも問題点が無いわけでは無くお腹からチューブが出ている事の見た目が気になる人も多くいます。
またお腹に透析液を入れるわけですから重苦しいと感じる方もいます。
血液透析に比べ普及している割合も少ないのも治療できる病院が限られることから問題になっています。
このような問題点と上手く付き合っていくことが出来れば時間を有意義に利用出来ると言えます。
まだまだ数は少ないですが腹膜透析を選択する方の人数は増えています。
今後さらに腹膜透析は普及すると考えられています。

CAPD(持続携帯式腹膜透析)

腹膜透析で一般的に用いられるのが持続携帯式腹膜透析です。
持続携帯式腹膜のことをCAPDと呼ぶこともあり、これらは同一のものを指します。
CAPDを行うには腹膜に透析液を貯めて置く必要があり、CAPDを行うためには腹膜に透析を貯めるための手術を行います。
CAPDでの人工透析では、血液透析のように長時間病院で過ごす時間は必要ありません。
血液透析が週三回5時間程度の通院が必要になるのに比べ、腹膜を利用して腎臓の働きを再現するCAPDでは自宅や職場に居ながら透析を受けられます。
1日に4回程度自分自身の手で透析液を入れ替える必要がありますが、仕事をしている方にとって通院が減るのは非常に有意義なことです。
腹膜に設けたカテーテルから直接腹膜へ透析液を入れ、腹膜内で不純物をろ過します。
透析液を排出し再び腹膜に透析液を満たすためにはおよそ30分掛かると言われています。
30分を一日に計四回ですから、1日に掛かる時間は総合して2時間程度です。
5時間から6時間おきに交換する事になりますから、職場でケアを行う時間は1時間程度でしょう。
CAPDはこのように通院時間を減らし負担を少なくする等のメリットがあります。
腹膜にカテーテルを挿入するために手術を受ける必要がありますが、透析液の交換などを取得すれば自分の手で透析を行えるのです。
拘束時間が少ないのが特徴で、スケジュールに合わせて透析を行えると言うメリットがあります。
また血液透析とは違い、持続的に透析を行えることで身体への負担も減ります。

CAPDの問題点

CAPDには多くのメリットが存在していますが、やはり問題点が無いわけではありません。
CAPDは腹膜を利用して透析を行いますから、そのためにお腹にカテーテルを挿入する必要があります。
手術によって挿入されたカテーテルは常にお腹から管が出ている状態になるのです。
お腹から常にカテーテルが出ているので人の目が気になるという人もいます。
またカテーテルは腹膜に通じていますので常に清潔に保つ必要があり、そのためにカテーテルのケアを行う必要があります。
腹膜に入れる透析液は平均して2リットルになりますから、CAPDではお腹が重いと感じる方も多いです。
お腹が常に張っている感覚に悩まされる方もいますし、全く気にならないという患者もいます。
腹膜を利用した透析であるCAPDは腹膜の機能が衰えてくるまでしか行えません。
腹膜の機能が衰えることにより上手く透析が出来なくなった場合は血液透析に移行する必要があります。
腹膜の機能が衰えるということはCAPDを行うと決めた段階で考えて置かなくてはならないことなのです。
血液透析に比べCAPDはまだまだ日本では普及率が低く、実際に行える病院が少ないのも問題です。
徐々に普及しつつありますが、アメリカ等の海外の普及率に比べ日本ではまだまだ少ない透析方法なのです。
またCAPDを行う際にしっかりと問題点として捉えていて欲しいのが腹膜炎の可能性です。
腹膜炎はCAPDの患者だけの問題ではありませんが、腹膜に直接カテーテルを挿入しているCAPDの患者は腹膜炎をおこしやすくなっているのです。

関連記事

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の若年層が発

記事を読む

膿腎症の原因・症状・検査・治療

膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじ

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

急性進行性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性進行性腎炎症候群 どんな病気(概要) 急性進行性腎炎症候群(きゅうせいしんこうせいじんえん

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

腎性骨異栄養症の原因・症状・検査・治療

腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)とは、骨に障害が発生する病気のことをいいます。

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

腎臓の健康維持の為の食事の注意点

腎臓病は自覚症状に乏しいため、気付いたときにはかなり悪くなっていたということが少なくありません。

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑