*

腎周囲膿瘍の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)とは、文字通り腎臓の周囲に膿瘍と呼ばれる膿のかたまりがつくり出されてしまう病気のことをいいます。
被膜と呼ばれる腎表面を覆っている薄い膜と、ゲロタ筋膜(きんまく)と呼ばれる腎周囲に分布する筋肉の膜のあいだには、脂肪組織が存在しています。
この脂肪の中に膿がつくり出されてしまうのがこの病気の特徴です。
腎周囲膿瘍は、特に糖尿病患者に起こるリスクが大きい病気とされています。

腎周囲膿瘍の原因

腎周囲膿瘍の主な原因としては、病気を挙げることができます。
まず、原因となる病気の中で多いのは腎盂炎(じんうえん)です。
腎盂腎炎(じんうじんえん)ともいいますが、血液のろ過をおこなったり、尿をつくり出す役割を担っている腎実質(じんじっしつ)がこの病気により細菌感染し、その影響が腎臓のまわりにある脂肪にまで波及することにより引き起こされるのです。
そのほか、細菌などをブロックしたり、ガードしてくれる役割を担っている体の抵抗力が落ちている状態も、腎周囲膿瘍の原因の一つに含まれます。
抵抗力が低下している状態では、血行性感染(けっこうせいかんせん)といって、体の別のところから血液の流れにのって細菌が送り込まれ、感染にいたり、発症することがあるのです。

腎周囲膿瘍の症状

体が腎周囲膿瘍におかされている状態になると、ちょうど腎臓の位置に痛みを感じるようになります。
さらには浮腫(ふしゅ)と呼ばれる、いわゆるむくみの症状が起こったり、熱が高くなる症状も引き起こされるのがこの病気の特徴です。
また、腎周囲膿瘍でつくり出される膿のかたまりは、巨大化する危険性をはらんでいます。
仮にサイズが大きくなってしまった場合には、腫瘤(しゅりゅう)と呼ばれる、弾性をもったできものがあることを、手で触ることにより自覚できるようになります。
触ってわかるくらい大きいと病状は悪化していて、全身の衰弱症状や体重減少の症状がみられるようになるでしょう。

腎周囲膿瘍の検査と診断

腎臓のある位置やその付近を押した際に痛みを感じたり、腫れの症状が認められる、熱が出ているなどの症状が引き起こされている場合には、腎周囲膿瘍の可能性があるとして、診断するためのより詳しい検査がおこなわれることになります。
主な検査としては、血液検査、X線検査、CT検査、超音波検査、MRI検査などの画像検査を挙げることができます。
腎周囲膿瘍と診断できる状態の場合、血液検査をおこなうと白血球が著しく増加していることがわかります。
画像検査をおこなってみると、X線検査では腎臓の輪郭がぼんやりと映っており、超音波検査などをおこなった際には膿のかたまりがある場所、サイズを把握することが可能です。
また、確定診断のためには、超音波検査をおこなうことが大切です。
前述したように画像検査では膿のかたまりがある場所やサイズを把握することが可能です。
特定した場所に細い針を刺し込み、吸引したものを調べた結果、膿が検出された場合には腎周囲膿瘍と診断が下されます。
なお、画像検査で得られた画像をみながらおこなうこの確定診断のための方法は経皮的吸引針生検といいます。
組織を採取し調べる方法ですが、これによりほかの病気と鑑別することが可能となります。

腎周囲膿瘍の治療の方法

腎周囲膿瘍の治療をおこなうにあたり、まずは安静にしなくてはいけません。
これを前提とし、原因が細菌感染にありますので、抗菌効果を発揮する薬を使う化学療法が選択されます。
安静と抗菌薬の治療が腎周囲膿瘍の基本ですが、この病気を引き起こすきっかけとなった感染巣の治療も一緒にしていかなくてはいけません。
また、膿のかたまりがある場所などが特定できているケースでは、膿の除去治療をおこなうことにより、劇的に状態が改善することもあります。
なお、膿の除去治療は切開をおこなうか、針を刺すことによっておこなわれます。

関連記事

単純性腎嚢胞の原因・症状・検査・治療

単純性腎嚢胞(たんじゅんせいじんのうほう)とは、血液のろ過や尿の産生の役割を担っている腎実質に、

記事を読む

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

尿毒症の原因・症状・検査・治療

尿毒症(にょうどくしょう)とは、尿中に排泄される必要のある毒素が体内に溜め込まれてしまっている状

記事を読む

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

腎性骨異栄養症の原因・症状・検査・治療

腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)とは、骨に障害が発生する病気のことをいいます。

記事を読む

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染

記事を読む

人工透析の流れと問題点!メリットとデメリットを知ろう

人工透析とは 人工透析とは腎臓に疾患を抱える方への治療方法です。 人工的に肝臓の役割を担うと

記事を読む

腎下垂・遊走腎の原因・症状・検査・治療

腎下垂・遊走腎(じんかすいゆうそうじん)とは、腎臓が正常な範囲を超えて下がる状態のことをいいます

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑