*

急性進行性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析

急性進行性腎炎症候群 どんな病気(概要)

急性進行性腎炎症候群(きゅうせいしんこうせいじんえんしょうこうぐん)とは、腎臓のろ過機能を担っている糸球体(しきゅうたい)に炎症が生じる糸球対腎炎(しきゅうたいじんえん)と呼ばれる病気があり、そのうち数週間~数ヶ月という短期間で急激な腎機能の落ち込みが起こる病気のことをいいます。
幅広い年齢層に起こる病気ですが、割合として高いのは中年以降であり、男性より女性のほうが患者が若干多いのが特徴です。
短い期間で腎機能低下が起こるため、末期腎不全に進行しやすく、予後が悪い病気の一つに含まれます。
ただし、早期発見治療をすることにより、進行を食い止められるとされています。

急性進行性腎炎症候群の原因

根本的な原因はいまのところはっきりとはしていませんが、自己免疫異常との関連があるという見方がされています。
血液細胞の好中球(こうちゅうきゅう)がもっている酵素に対する抗体といわれるたんぱく(ANCA)や糸球体の基底膜に対する抗体(抗糸球体基底膜抗体)などと関わりがあると考えられているのです。
ANCAとの関わりが疑われる腎炎では、膠原病や感染症、薬剤が原因で発症することがあり、抗糸球体基底膜抗体との関わりが疑われる腎炎では、急速進行性糸球体腎炎と肺出血が合併し、これはグッドパスチャー症候群と呼ばれます。
なお、遺伝が原因となって起こる病気ではありません。

急性進行性腎炎症候群の症状

急性進行性腎炎症候群はたいてい、発症する前からだるい、食欲がわかない、熱が出るなど、風邪と似た症状が引き起こされます。
さらに尿に血やたんぱくが混ざる症状や、尿の量が少なくなる症状、浮腫(ふしゅ)といういわゆるむくみの症状もあらわれるのです。
また、病気が悪化した場合には悪心(おしん)、呼吸困難、血痰(けったん)、血便、皮膚の出血、意識低下などもみられるようになるでしょう。
それから、別の病気が合併する場合、たとえば膠原病(こうげんびょう)、紫斑病(しはんびょう)を伴っているケースだと、発疹や紫斑なども起こります。
そのほか、グッドパスチャー症候群を合併しているケースでは、肺炎を招いたり、灰出血を引き起こすことにもなりかねません。

急性進行性腎炎症候群の検査と診断

主な検査方法としては、尿検査、血液検査、胸部X線やCT検査、特殊検査を挙げることができます。
急性進行性腎炎症候群の疑いがある場合、尿検査では血尿、たんぱく尿がみられ、血液検査をおこなった場合には腎機能低下によるクレアチニン値の上昇が認められます。
それから、血管に炎症が生じていることから、CRPと呼ばれる炎症反応が陽性を示します。
胸部X線やCT検査をおこなった際には肺炎を引き起こしていたり、肺出血が起こっていることがありますが、これは腎とは別のところに血管炎が広がったことが原因です。
そのほか、特殊検査をおこなうと、たいていの場合は自己抗体であるANCAや抗基底膜抗体などが陽性を示します。
診断については腎臓の組織を一部採取して調べる腎生検を行い、確定することになるでしょう。

急性進行性腎炎症候群の治療の方法

急性進行性腎炎症候群の治療方法としてはまず、薬物療法を挙げることができます。
カクテル療法と呼ばれるステロイド薬、免疫抑制剤、抗凝固薬を併用する治療方法が選択されます。
ステロイド薬に関しては状態に応じて大量投与することもあり、こうした間欠的な大量投与をおこなう薬物療法のことをパルス療法といいます。
また、腎機能の低下がひどいケースでは、透析療法を選択しなくてはいけなくなります。
ただし、治療の成果があがることにより、透析療法をしなくてもよくなるまでに状態が改善することもあります。
そのほか、血中に抗糸球体基底膜抗体か免疫複合体が認められるケースでは、血漿交換療法(けっしょうこうかんりょうほう)を行わなくてはいけなくなるでしょう。

関連記事

腎臓病と運動には密接な関係が有ります

健康のためには適度な運動を日常生活の中に取り入れたほうが良いといわれています。 しかしなが

記事を読む

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

急性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性腎炎症候群(きゅうせいじんえんしょうこうぐん)とは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)に異常が起こ

記事を読む

腎下垂・遊走腎の原因・症状・検査・治療

腎下垂・遊走腎(じんかすいゆうそうじん)とは、腎臓が正常な範囲を超えて下がる状態のことをいいます

記事を読む

腎周囲膿瘍の原因・症状・検査・治療

腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)とは、文字通り腎臓の周囲に膿瘍と呼ばれる膿のかたまりがつくり出

記事を読む

多発性嚢胞腎の原因・症状・検査・治療

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体が入っている袋が形成されてし

記事を読む

腎性骨異栄養症の原因・症状・検査・治療

腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)とは、骨に障害が発生する病気のことをいいます。

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑