*

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

公開日: : 最終更新日:2015/05/23 腎臓の病気・人工透析


腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。

この低下した機能をカバーするため、薬物療法が選択されることになります。

低下した腎機能を補う薬の種類、特徴を解説します。

まず、腎臓の機能が落ち込むことにより、エリスロポエチンと呼ばれるホルモンが分泌されなくなります。

このホルモンが出なくなるとどうなるのかといいますと、赤血球が上手く作り出されなくなり貧血の症状が引き起こされます。

これを腎性貧血と呼びますが、エリスロポエチン製剤という薬を使用することにより、症状を改善する効果が得られます。

エリスロポエチン製剤は、注射を打つことで体に取り込む形になります。

また、腎機能が相当に低下した状態になると、骨がもろくなるという問題が起こります。

なぜこのようなことになるのかというと、腎臓が上手く機能しなくなることでビタミンDの活性化が妨げられ、腸からのカルシウム吸収量が少なくなるからです。

腎機能の低下によりビタミンDの活性化がなくなるため、これをカバーするために活性型ビタミンD製剤を使用します。

内服する形になりますが、量は患者の状態に応じ調整される形になるでしょう。

それから、腎機能の低下が深刻な状態になり、腎不全が悪化してくると、尿量が少なくなります。

尿を排泄しにくくなると、カリウムの排泄が滞ることになるのです。

これにより血中のカリウム濃度が高まり、不整脈により心停止を起こす危険性のある高カリウム血症を招くリスクが増大します。

こうした事態を避けるため、カリウム抑制剤が使用されることになります。

カリウム抑制剤を使用することにより、余分なカリウムを便として体外へと排泄することが可能になるのです。

腎機能低下により上手くはたらかなった分をカバーするため、以上のような薬が選択されます。

医師の指示通りに薬を使用しないと深刻なトラブルを招きかねません。

少し調子が良いからと薬を使用しなかったり、量を変えたりなど、自己判断で薬の使い方を変えないことが大切です。

関連記事

急性腎不全の原因・症状・検査・治療

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)とは、急激に腎臓の機能低下に陥る状態のことをいいます。 通常

記事を読む

慢性腎不全の原因・症状・検査・治療

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とは、腎臓の機能が低下していく病気のことをいいます。 腎臓病を

記事を読む

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要) 慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行

記事を読む

ネフローゼ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎臓には体内にある不要物や有害物を排出する役割があります。 腎臓にある糸球体(しきゅうたい

記事を読む

水腎症の原因・症状・検査・治療

水腎症(すいじんしょう)とは、尿路がふさがる障害により腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)が広がるの

記事を読む

急性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

急性腎炎症候群(きゅうせいじんえんしょうこうぐん)とは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)に異常が起こ

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

腎臓病の食事療法のポイントと注意点のまとめ

腎臓病の食事療法:エネルギーは十分に 腎臓病と診断された場合、食事療法に取り組む必要があります

記事を読む

辛い腰痛の症状に悩まされている方、原因は腎臓かも?

辛い腰痛の症状に悩まされている人は多いですが、ひょっとすると原因は腎臓にあるかもしれません。

記事を読む

腎臓病と運動には密接な関係が有ります

健康のためには適度な運動を日常生活の中に取り入れたほうが良いといわれています。 しかしなが

記事を読む

膵胆管合流異常を詳しく:原因・症状・検査・治療など

膵胆管合流異常とは 膵臓(すいぞう)で分泌される弱アルカリ性の消化液のことを膵液(す

無気肺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

無気肺とは 無気肺(むきはい)とは、肺内の空気が極端に減少したり、肺内に空気が入って

手根管症候群を詳しく:原因・症状・検査・治療など

手根管症候群とは 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手根管という手首の

空気嚥下症(呑気症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

空気嚥下症(呑気症)とは 空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは、主に精神面の問題によ

眼窩蜂窩織炎(眼窩蜂巣炎)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼窩蜂窩織炎(眼窩蜂巣炎)とは まず、眼窩蜂窩織炎は「がんがほうかしきえん」と読み、

→もっと見る

PAGE TOP ↑