*

腎臓の健康を表すクレアチンの数値

公開日: : 最終更新日:2015/05/15 腎臓の病気・人工透析


腎臓の健康とクレアチンには関係があると考えられています。

まず、腎臓の健康は何となくイメージできるものの、クレアチンが何なのかわからないという人は少なくないでしょう。

クレアチンはアミノ酸の一種であり、筋肉に存在している物質です。

このクレアチンが代謝されると、クレアチニンと呼ばれるアミノ酸に変わります。

筋肉運動のエネルギー源になるのが主なはたらきですが、腎臓から尿中に排泄されることになります。

しかしながら、腎臓の悪い人は排泄が上手くいかなくなり、血中の濃度が上昇します。

このことから、クレアチニンの濃度は腎臓機能を測定するために役立てられているのです。

クレアチニンの血中濃度が高ければ高いほど、腎機能はダウンしているということになります。

どのように測定するのかといいますと、血液検査を行うことで数値が明らかになります。

健康診断を受けた経験がある人の中には、ご存知だという人も多いでしょう。

診断を受けた結果には区分があり、腎機能のところにクレアチニンという項目があります。

ここの数値の良し悪しにより、自分の腎機能が低下しているか否かがわかるのです。

クレアチニンの数値には基準値があり、男女による違いがあります。

男性の場合は0.5~1.1mg/dl、女性の場合は0.4~0.8mg/dlに設定されています。

基準値をオーバーしている場合には、腎機能が低下していると判断されることになるでしょう。

検査を受けた結果、数値が悪い場合にはさまざまな腎臓病の可能性が考えられます。

場合によっては腎臓以外の病気が疑われますが、腎臓に関していいますと慢性腎炎、急性腎炎、腎不全や尿毒症などが挙げられます。

結果が悪かった場合には腎臓が悪いということになりますし、検査の結果次第ではすぐに治療を受けなければいけないことがあります。

いずれにせよクレアチニンの数値が高い状態を放置していて良いことはありませんので、医師の指示に従い適切な対処をしていく必要があるでしょう。

関連記事

腎梗塞の原因・症状・検査・治療

腎梗塞(じんこうそく)とは、腎動脈が梗塞することにより、腎組織が壊死(えし)する病気のことをいい

記事を読む

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。 この低下した機能をカバーするた

記事を読む

多発性嚢胞腎の原因・症状・検査・治療

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体が入っている袋が形成されてし

記事を読む

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

巣状糸球体硬化症の原因・症状・検査・治療

巣状糸球体硬化症 どんな病気(概要) 巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)と

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

ネフローゼ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎臓には体内にある不要物や有害物を排出する役割があります。 腎臓にある糸球体(しきゅうたい

記事を読む

萎縮腎の原因・症状・検査・治療

萎縮腎(いしゅくじん)とは、腎臓が硬くなり、縮小してしまった状態のことをいいます。 正常な状態

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

辛い腰痛の症状に悩まされている方、原因は腎臓かも?

辛い腰痛の症状に悩まされている人は多いですが、ひょっとすると原因は腎臓にあるかもしれません。

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑