*

腎臓の異常は、どのようなことから気付くことが多いのでしょう

公開日: : 腎臓の病気・人工透析


腎臓の病気は、尿やむくみの症状で気付くことが多いでしょう。

尿に関する異変としては、まず血尿が挙げられます。

パッと見ただけで血が混ざっているとわかるケースもありますが、顕微鏡で見てみないとわからないケースがあります。

次に膿尿の症状があると腎臓の異常が見つかることがあります。

血尿は赤血球が混ざった尿ですが、こちらは白血球が混ざった尿のことをいいます。

白濁した見た目をしていますが、この尿がある場合には腎臓病の疑いがあるのです。

また、通常とは尿量が異なる場合にも、腎臓の異常があるかもしれません。

特に重症な腎臓病の場合には、過度に尿量が少なくなったり、多くなったりするのです。

腎臓が悪い場合の尿にあらわれる異常は上記の通りですが、次にむくみに関して説明しています。

まず、むくみの症状が起こるのは腎機能が下がっているためです。

むくむ場所としては手足、顔、陰部のように見えるところの他、内臓に起こることもあります。

なお、尿に関してもむくみに関してもいえることですが、腎臓病は軽い段階で自覚症状が起こりにくいという特徴があります。

実際にこうした自覚症状が出る場合には、相当に深刻な状態になっていることが多いといわれています。

また、自覚症状として痛みのようにわかりやすいものはないかという人もいるでしょう。

痛みに関して引き起こされることはまずないのですが、腎臓の病気次第ではあらわれます。

たとえば急性腎盂炎などについては痛みが引き起こされるケースがあります。

さらに急性腎盂炎の場合、発熱の症状が起こるのも特徴といえます。

以上のように、腎臓に異常があるかどうかを判断する材料はいろいろとあります。

しかしながら、他の病気を引き起こした場合に起こる症状も多数ありますので、はじめから腎臓が悪いと決め付けるのは良くありません。

体に異変を感じた場合には医師の診察を受け、何が原因で症状が引き起こされているのかを知り、病気の治療に取り組むことが大切です。

関連記事

薬物療法:低下した腎臓のはたらきを補う薬

腎臓病になると多少なりとも腎機能が低下した状態になります。 この低下した機能をカバーするた

記事を読む

薬物療法:腎機能の低下を遅らせる薬について

腎臓病と診断された場合、食事療法の他に薬物療法が行われます。 薬物療法の狙いの一つとして、

記事を読む

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

腎血管性高血圧症の原因・症状・検査・治療

腎血管性高血圧症(じんけっかんせいこうけつあつしょう)とは、病気などが原因となり発症する二次性高

記事を読む

腎梗塞の原因・症状・検査・治療

腎梗塞(じんこうそく)とは、腎動脈が梗塞することにより、腎組織が壊死(えし)する病気のことをいい

記事を読む

腎下垂・遊走腎の原因・症状・検査・治療

腎下垂・遊走腎(じんかすいゆうそうじん)とは、腎臓が正常な範囲を超えて下がる状態のことをいいます

記事を読む

膿腎症の原因・症状・検査・治療

膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじ

記事を読む

腎膿瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

腎膿瘍(じんのうよう)は腎臓に膿(うみ)がたまる病気で、膿がたまる部位によって呼び方が異なり

記事を読む

慢性腎不全の原因・症状・検査・治療

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とは、腎臓の機能が低下していく病気のことをいいます。 腎臓病を

記事を読む

慢性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

慢性腎盂腎炎 どんな病気(概要) 慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)とは、腎盂腎炎(じんう

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑