*

慢性腎炎症候群の原因・症状・検査・治療

公開日: : 腎臓の病気・人工透析

慢性腎炎症候群 どんな病気(概要)

慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)とは、進行するにしたがい腎機能が低下していく病気のことをいいます。
特徴としては持続的な血尿やたんぱく尿があること、腎臓病により引き起こされる続発性の高血圧である腎性高血圧(じんせいこうけつあつ)があること、浮腫があること、腎臓の機能が低下することなどが挙げられます。
徐々に腎臓の機能が落ち込んでいくため、最終的には透析療法を受けなくてはいけない状態に陥ります。
また、この病気は経過により種類が異なるのも特徴の一つといえるでしょう。
急性の腎炎症候群などの治療が不十分であり、慢性化したものがまず1種類、そしてたまたま病院で検査を受けた際に尿に異常があることがわかるのが1種類です。
ただ、検査で尿の異常が認められても腎機能や血圧に異常がなく、別の病気である無症候性たんぱく尿・血尿症候群と診断が下されるケースもあります。
ですがこの場合にも長年をかけて腎臓の機能が下がり、慢性腎炎症候群へと移行するケースもあるでしょう。

慢性腎炎症候群の原因

慢性腎炎症候群は、糸球体(しきゅうたい)の病気が原因となって引き起こされます。
なお、糸球体の病気には原発性のものと続発性のものがあります。
原発性と続発性のうち、慢性腎炎症候群の原因として多いのは原発性のほうであるといわれています。
膜性増殖性糸球体腎炎(まくせいぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)、IgA腎症(あいじーえーじんしょう)、膜性腎症(まくせいじんしょう)、巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)といった原発性の糸球体疾患により慢性腎炎症候群は引き起こされます。
一方、続発性の場合には、糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)、ループス腎炎といった糸球体の病気により、慢性腎炎症候群が引き起こされるのです。
そのほかの慢性腎炎症候群の原因としては、アルポート症候群を挙げることができます。
これは遺伝性の腎炎であり、先天的に慢性腎炎症候群を持った状態になるのが特徴です。

慢性腎炎症候群の症状

主な慢性腎炎症候群の症状としては、尿に関するものが挙げられます。
たとえば血尿やたんぱく尿、頻尿といった症状が引き起こされるのです。
そのほか、体にあらわれる症状としては倦怠感があります。
特定箇所だけだるいというわけではなく、全身がだるい感じがするのが特徴です。
そして、顔にあらわれる症状というのもあります。
たとえば顔がむくんでしまったり、顔色が悪くなったりするのです。
また、食欲がわかなくなる症状も、慢性腎炎症候群になると起こることがあります。

慢性腎炎症候群の検査と診断

慢性腎炎症候群であるかどうか調べるための方法としては、尿検査、血液検査、腎生検を挙げることができます。
尿検査をおこなうとたんぱく尿や血尿がみとめられ、血液検査をすると尿素窒素やクレアチニンの濃度が高まります。
そして腎生検は組織を採取することにより顕微鏡で状態を調べます。
尿や血液の状態のほか、糸球体ろ過率が低くなっていれば腎機能も低くなっているとわかり、慢性腎炎症候群と診断が下されることになるでしょう。
慢性腎炎症候群の治療の方法

残念なことにいまのところ慢性腎炎症候群を完治させるための治療方法は確立されていません。
しかしながらおこなえる治療方法はあり、腎機能低下を遅らせることを目的として治療は受けられます。
たとえば食事療法は慢性腎炎症候群の主な治療方法の一つであり、エネルギーは十分に確保しながらたんぱく質や塩分の制限をおこないます。
そして食事療法のほかには薬物療法も選択されることになります。
副腎皮質ホルモン、免疫抑制剤、抗凝固薬、抗血小板薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬といった種類の薬を適宜使用していくことになるでしょう。
病気が進行し腎機能が低下、腎不全にいたった場合には人工透析の治療を受けなくてはいけません。

関連記事

腎下垂・遊走腎の原因・症状・検査・治療

腎下垂・遊走腎(じんかすいゆうそうじん)とは、腎臓が正常な範囲を超えて下がる状態のことをいいます

記事を読む

辛い腰痛の症状に悩まされている方、原因は腎臓かも?

辛い腰痛の症状に悩まされている人は多いですが、ひょっとすると原因は腎臓にあるかもしれません。

記事を読む

IgA腎症の原因・症状・検査・治療

IgA腎症 どんな病気(概要) IgA腎症(あいじーえーじんしょう)とは、慢性腎炎の一種に含ま

記事を読む

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血

記事を読む

腎臓の健康維持の為の食事の注意点

腎臓病は自覚症状に乏しいため、気付いたときにはかなり悪くなっていたということが少なくありません。

記事を読む

多発性嚢胞腎の原因・症状・検査・治療

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、腎臓に嚢胞と呼ばれる液体が入っている袋が形成されてし

記事を読む

無症候性たんぱく尿の原因・症状・検査・治療

無症候性たんぱく尿(むしょうこうせいたんぱくにょう)とは、持続的にたんぱく尿が出る病気のことをい

記事を読む

急性腎盂腎炎の原因・症状・検査・治療

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂や腎杯(じんぱい)、そのほか腎臓自体に細菌感染

記事を読む

腎臓病、透析の人が食事で注意すべき5つの事

水分の摂取 人工透析を行っているのであれば血液透析、腹膜透析に関わらず水分の摂取は十分に気をつ

記事を読む

膿腎症の原因・症状・検査・治療

膿腎症(のうじんしょう)とは、腎臓の腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)に尿が蓄積する水腎症(すいじ

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑