*

痔の原因・症状・手術・治療法など

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 , , , ,

痔の原因
ここでは、痔について原因や症状・治療や手術の方法・薬や食事など痔についての情報を詳しく説明しています。
痔は、人間が四足歩行から二足歩行になった事で、人類から切り離せなくなった病気と言われ、日本では3人に1人が患っているとも言われている病気です。
痔は、患部の場所が場所だけにどうしても恥ずかしいというのが先にたって、自己判断で市販薬による治療や放置してしまう人が多く、結果として状況を悪化させる場合が非常に多いようです。
このサイトでは、痔に関する原因や症状。
治療や手術の方法などについて詳しく説明していますので、ご参考にしていただきなるべく早く病院で診て貰って下さい。

痔とは…

痔は、体のデリケートな部分の病気なので、人に相談しにくい病気ですが、日本人に多く、3人に1人は経験のある病気だそうです。
意外とポピュラーな痔とは、どのようなものでしょうか。

痔とは、肛門付近に出来る出来物・傷の総称の事です。痔の種類は、症状・タイプ別に、分類されます。
排便中に、痛み・違和感を感じたり、便の中に血が混ざるようでしたら、要注意です。

また、おしりに詰まった残便感があったり、肛門付近に腫れ・出来物を感じたら、痔の疑いがあるので、直ちに専門病院へ行きましょう。
単に肛門の病気と軽視しないで、肛門科の専門医にきちんと診てもらい、再発しないためにも、しっかり治療しましょう。

便秘やお尻のうっ血は、痔になる危険行為です。
毎日の食事に、食物繊維を多く取り入れ、水分をまめに補給するなど、排便を優しく促す習慣を付けて下さい。

毎日使う大切な体の部分だからこそ、清潔に健康に、心配なくすっきり過ごしたいですね!

痔の種類について…

痔とは、肛門周辺に出来た出来物や傷です。一口に痔と言っても、痔の種類は多種多様です。

細かく分類すると、大きく三つに分ける事が出来ます。

一般的に、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)を指し、大人の3人に1人が、痔の病気であるほど、日本人には、ポピュラーで、誰しもが経験のある国民的な病気なのです。

痔の種類の中でも、最も多いタイプの痔核(イボ痔)は、内痔核と外痔核です。痔核の種類が、二つに分かれます。

特に内痔核の患者が多く、肛門の内側にできた出来物をいいます。

裂肛(切れ痔)は、肛門付近が、排便中のいきみや、便の硬さで切れて出血した状態を言います。

痔ろう(あな痔)は、発症率の低い、まれな症状で、肛門周辺の化膿による痔を指します。

痔の種類は様々ですが、早期発見・早期治療による対応が、悪化を防ぎ、予防に繋がるので、きちんとした専門機関での診察をお勧めします。
痔の種類を明確にして、正しい治療をしましょう。

痔の種類について…

痔とは、肛門周辺に出来た出来物や傷です。一口に痔と言っても、痔の種類は多種多様です。

細かく分類すると、大きく三つに分ける事が出来ます。

一般的に、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)を指し、大人の3人に1人が、痔の病気であるほど、日本人には、ポピュラーで、誰しもが経験のある国民的な病気なのです。

痔の種類の中でも、最も多いタイプの痔核(イボ痔)は、内痔核と外痔核です。痔核の種類が、二つに分かれます。

特に内痔核の患者が多く、肛門の内側にできた出来物をいいます。

裂肛(切れ痔)は、肛門付近が、排便中のいきみや、便の硬さで切れて出血した状態を言います。

痔ろう(あな痔)は、発症率の低い、まれな症状で、肛門周辺の化膿による痔を指します。

痔の種類は様々ですが、早期発見・早期治療による対応が、悪化を防ぎ、予防に繋がるので、きちんとした専門機関での診察をお勧めします。
痔の種類を明確にして、正しい治療をしましょう。

いぼ痔の種類について…

日本人の中で男女共に多い痔の種類は、いぼ痔です。

いぼ痔の原因が主に言われているのは、肛門付近の静脈のうっ血です。
いぼ痔にも2種類あり、いぼの出来た場所により、内痔核と外痔核に分かれます。

種類によって、治療も変わってくるので、きちんと専門医に診てもらいましょう。
外痔核の場合、肛門周辺を手で触ったり、見ただけでもすぐに分かるので判断の難しくない病気です。

外痔核は、少し出血があったり、普段の生活の中でも痛みを感じたりします。
外痔核は、柔らかい便を出す事が、第一治療となります。

野菜の多い生活にして、カチコチ便による、無理ないきみを止めましょう。
外痔核は比較的に、完治しやすい病気なので、手術しないですむ場合が多く、生活習慣を正して食生活を見直す事で再発を防げます。

内痔核は肛門内部に出来るいぼ痔で外部に露出して出来ない分、分かりにくい病気です。
初期症状が軽く、痛みが少ないので、気が付かないまま進行してしまう場合が多く、やっかいな痔です。

ひどくなれば、手術が必要になるケースもあり軽視出来ません。
発症しやすいいぼ痔ですが、2つの種類とも毎日の生活と食事で充分に防ぐことの出来る病気です。
規則正しい生活を心掛けて体内リズムを整えましょう。

内痔核の症状について…

いぼ痔は、3人に1人の割合で、経験があるというポピュラーな肛門の病気です。

特に内痔核という、肛門内部に出来る静脈瘤(いぼ痔)は、初期段階では気が付く症状がないので、分かりにくく、注意が必要です。

内痔核の症状は、段階に分けると、4段階に分類されます。

第1段階は、痛みは殆ど感じない。

トイレットペーパーに、少量の出血が付く。

第2段階は、排便の際、出血とはっきりとした痛みがある。場合によっては、脱肛のケースもある。

第3段階は、脱肛が進行して、自力では、戻らないレベルになる。

その都度、押し戻す必要がある。

第4段階は、常時、脱肛状態にある。

そのため、粘液で下着が不衛生になる。痛みよりも、肛門周辺が、痒みやただれを発症しやすくなる。

排便時に時間がかかったり、残便感が残ったり、また違和感が残る排便は、注意が必要です。

痛みはないが、出血が見られる症状がある場合は、要注意でしょう。内痔核の段階が進む前に、一刻も早く病院へ行きましょう。

内痔核の治療法について…

内痔核の治療法に、経過観察をする保存療法と、切除する手術療法があります。

内痔核の殆どは、悪性ではなく、良性のものが多いです。

内痔核が出来てしまったからと、必ず手術しなければならない、という訳ではありません。

病状に応じて、万全な治療法を考えることです。

手術しなくても、軽度・初期の内痔核については、保存療法で治すことが出来ます。

薬は、坐薬や軟膏、肛門付近の血の流れを促す飲み薬で治療します。

日頃の無理な排便のいきみに気を付け、肛門の使用を、安静にすることが大切です。

また、外科的な治療法として、硬化剤を痔核の根元に注入して、血管の間の組織を硬めてしまう注射療法や、痔核自体を、ゴムで縛って、痔核に血が流れないようにして、組織を壊死させて、自然に取れるようにする、ゴム輪結紮法があります。

他にも、痔核を切除して、その傷跡を半閉鎖法でしっかり縫う方法もあります。

この場合だと、傷口に細菌が入らないので、感染による炎症の心配が少ないです。

内痔核は、生活習慣病の一つです。

海藻や繊維食品を毎日食べるようにして、力のかからない穏やかな排便を心掛けましょう。

切れ痔の症状と特徴について…

切れ痔とは、肛門上皮の部分が、裂けたり傷ついたりして出来た肛門外傷の病気です。

切れ痔は、便秘によって、硬い便になってしまった状態のものを、無理に力をこめていきんだりした時になるのが特徴です。

肛門周辺の歯状線より、外側の肛門上皮が切れた状態です。

ここは知覚神経が、発達している部分のため、激しく痛みを伴ったり出血をする症状が出ます。

また、切れ痔の症状は女性に多いのが特徴です。

女性は、便秘になりやすく妊娠や出産を期に腹圧をかけるため切れ痔になりやすいのです。

腹圧をかけたいきみが、痔になる要因でもあるので排便時には気を付けなければなりません。

切れ痔の事を、医学用語で裂肛と呼ぶこともあります。

特徴として、字のごとく、肛門が裂けるような状態になるからです。

排便時の痛みを怖がるため、便意を我慢してさらに便を硬くしてしまう場合があります。

そうなると、排便が困難になり、余計に便が通りにくくなり、症状を悪化させてしまうことになります。

外科的な手術が必要なレベルにならないよう、肛門を安静に保ち、基本的な食生活を見直しましょう。

切れ痔の原因について…

切れ痔になる最大の原因は便秘です。

硬くなった便は、排便時に腹圧をかけて思い切りいきむため肛門付近の柔らかい皮膚の外壁を、傷付けてしまいます。

硬い石のようになってしまった便は、無理な力をかけずに、そっと、ゆっくり排出させることが大切です。

毎日の食生活を見直す必要もあります。

切れ痔になる原因は、便が硬くなることなので食事の内容を改善しましょう。

海藻や食物繊維、ヨーグルトなどの乳酸菌を積極的に取り入れ、腸内環境を整えましょう。

便が硬くなりがちならば、食事の内容の見直しが、生活習慣病である痔の原因解決に繋がるでしょう。

日々の努力が、治りかけては再発するという悪循環を防ぎます。

また、切れ痔の原因は下痢もその一つです。

誰しも経験があると思いますがお腹を下している時勢いよく排便されます。

そのいきんだ勢いの時に柔らかい肛門の粘膜を傷付け炎症を起こすのです。

他にも産まれつきの肛門の狭さというものも関係があるようです。

肛門が狭ければ、排便時に肛門管が切れやすく傷が付きやすいというわけです。

便秘にならない生活習慣を身につけ痛みとストレスのない快適な排便を心掛けましょう。

切れ痔の治療法について…

切れ痔(裂肛)の治療法は、症状・状態によって違います。

軽度の状態ならば、軟膏・生活習慣を正す事で切れ痔の症状が改善されます。

毎日の生活では、肛門に負担のかからない状態を保ちましょう。

同じ姿勢で、長時間座ることは、お尻に重圧ががかかり負担になります。

定期的にお尻を休ませたり円座を使用して重圧を逃しましょう。

食事面が、一番重要な治療法です。野菜中心に食べ食物繊維を豊富に摂取しましょう。

繊維豊富な海藻や、ヨーグルトなどの乳酸菌類も腸内環境を良くして、健康な排便を促すので毎日取ることをお勧めします。

切れ痔の最大の原因は便秘なので硬い便にならないよう、食事を充分に気を付けましょう。

それでも、硬い便の時は、無理矢理いきまずゆっくり慎重に排便してください。

無理に腹圧をかけた排便は、粘膜を傷付けてしまう原因になります。

毎日の習慣と食事に気を付け、専門医の薬を使用すれば症状は改善されます。

手術が必要な程の切れ痔のレベルは、裂ける事が慢性化した狭くなった肛門に適用されます。

内括約筋側方切開術(LSIS)といい、肛門のの広さを、拡張することで便が出やすくなる治療法です。

この手術で、悪循環を繰り返すことがなくなり、症状が改善されます。

痔ろうの症状

痔ろうは、痔の症状の中でももっとも治療が困難な痔です。

一度なってしまうと、保存療法は効かず、自分では治せないため、必ず病院での治療が必要になります。

そして、薬での治療だけでは治せないので手術をしなければなりません。

痔ろうは、肛門と直腸の間にある、歯状線の凹凸部分が、細菌感染で膿みます。

膿が出て良くなっても、膿が出た患部がトンネル状の穴が出来て、空いてしまいます。

肛門とは、別にもう一つ穴が空いてしまう、やっかいな難しい症状の病気なのです。

空いてしまった穴は、手術する以外は、自然にふさがる事はないためトンネルを取り除く手術を行います。

痔ろうの手前の症状で、肛門周囲膿瘍というものがあります。

この状態は、肛門と直腸の間の、小さな凹凸部分にお腹を下した時などの、下痢便が入りこんで炎症を起こして化膿してしまった状態です。

その部分が、炎症と共に腫れて、ひどい痛みと熱が出る場合があります。

膿の排出を繰り返すことで、痔のう管が出来るのです。

決して、自然治癒するものではない病気なので自己判断で我慢せずに必ず肛門科の治療を受けるようにしてください。

日本人と痔

痔の病気は、日本だけではなく、世界的にもポピュラーな珍しくない病気ですが日本人の痔主率は、世界的にも上位です。

外国人より、日本人の痔主率が高いのは、日本人の痔に対する意識が、恥ずかしいものという気持ちが強いからです。

殆どの日本人が、市販薬や自然治癒で自宅で治そうとして、悪化させてしまうのです。

外国人の痔に対する意識は、恥ずかしいという認識よりも、違和感・痛みがあるからすぐ治そうと病院に行くので早期対処ですぐに良くなるそうです。

そういった、考え方・意識の違いが、大きなポイントになります。

早期に治療するかしないかで、悪化を防ぎ、早く治すことが出来るのです。

日本人特有の我慢強い性格が、痛みに耐え動けなくなるギリギリまで、病院へ行かないので悪化という事態を招くのです。

決して我慢せずに恥ずかしい病気という認識を捨てて早期対処で病院へかかりましょう。

痔の種類によっては、手術しないと治らないものもあるので手遅れにならないよう気を付けま

痔の治療薬

痔の治し方として、薬による治療があります。

痔の治療薬は、あくまでも症状を抑える事が目的です。

患部の痛みを和らげることや、炎症を抑えることが主な役割です。

硬い便で便秘になりがちな人には便を軟らかくする薬も処方されます。

痔の治療薬というのは、症状を軽減するだけで痔自体を完治させることは出来ません。

多く使われる薬として塗り薬があります。

塗り薬は、軟膏タイプ・クリームタイプと二種類あり肛門入口付近に出来たいぼ痔や切れ痔に有効です。

これは、直接患部に塗るタイプですが、肛門に薬を挿入して使う注入タイプもあります。

内痔核に効果的な治療薬は坐薬です。

肛門内部に出来る痔に対して直接患部に薬が届くため良く効きます。

挿入後、じわじわ溶けて効果を発揮します。

痔の治療薬は、外用薬だけではなく内服薬も併用することが多いです。

便を軟らかくする薬や痛みや腫れ・炎症をとる薬などです。

肛門付近の洗浄・殺菌・消炎効果のある外用液体の薬も発売されていて痔の予防に効果を発揮します。

痔の治療は、薬だけでは治りません。

薬を併用して症状を軽減させながら基本的な生活習慣や食事内容を改善しましょう。

痔の手術方法

痔の手術方法には痔の種類や症状によって様々です。

塗り薬で治るレベルではないものには外科的な手術が有効です。

イボ痔である内痔核や外痔核に適用される手術方法に痔をゴムで縛る方法の結さつ術があります。
この手術方法だと肛門活約筋を全く傷付けません。

ジオン(消痔霊治療)による痔核注射療法やICG併用半導体レーザー療法は、内痔核に行われる治療法です。

また、痔ろうの手術方法として、たまった膿を切除して出す手術をします。

痔ろう管ごと、丸ごと取り出す方法と、膿がたまっている部分だけ取り出す方法とあります。

どちらも入院が必要ですが丸ごと取り出す手術の方が簡単で時間もかかりません。

デメリットとして、肛門が術後、緩む傾向があります。

痔ろう管の出入り口のみ切除する方法は、肛門括約筋を傷つけないメリットはありますが高度な手術内容で手術時間もかかり再発の恐れもあります。
痔といっても種類が広いので自分で判断せずに適切な治療を受けましょう。

痔と間違いやすい病気

おしりの違和感や肛門周辺の痛みを痔だと思い込み自分で治そうと病院へ行かないケースは、他の病気だった場合とても危険です。

痔と間違えやすい病気の種類をご紹介しましょう。

大腸ガン・直腸ガンの初期症状に、下血・血便があります。

トレットペーパーに血が付いたから切れ痔だと思われがちです。

大腸ガン・直腸ガンは症状のない病気なので症状を感じるようになった頃にはガンが進行している怖い病気です。

イボ痔と間違えられる病気に尖圭コンジロームがあります。

肛門内や付近に小さなイボが出来る病気です。

潰瘍性大腸炎の症状は、血の混じった下痢を繰り返します。

特定医療疾患に認定されている程、難しい病気で再発を繰り返します。

直腸で起きた炎症が、大腸全体に拡大し潰瘍やただれが出来る病気です。

肛門や大腸・直腸に出来たポリープも痔と間違いやすい病気です。

ガンに移行しやすいため、悪性はもちろん良性でも切除する必要があります。

他にも、膿皮症・毛巣瘻・クローン病・皮膚びらんなど痔と間違えやすい病気は沢山あります。

自分で痔だと判断せずに専門医のちゃんとした判断をもらいましょう。

痔痔と食事の関係

痔にならないためのお勧めの食べ物・食事をご紹介します。

毎日、口にするものなので痔と食事の関係を知って便秘にならない排便生活を送りましょう。

便秘になるのは、硬い便と腸の動きの悪さからです。

硬い便にならないためには、野菜を多く食べましょう。

食物繊維の多い野菜は、根菜類やまめ類いも類です。

繊維は、便を軟らかくしてお通じを良くする優れた性質があります。

また、海藻類も繊維で出来ています。

果物の糖質の中にあるペクチンという成分は、便を適度に固める作用があります。

ペクチンは、下痢を繰り返す切れ痔になりやすい人に良いとされます。

ペクチンは、特にリンゴに多くお勧めです。

香辛料は、控えましょう。トウガラシなどに入っているカプサイシンは、ダイエット効果がある程、発汗作用があり血流を良くします。

しかしトウガラシのような刺激の強い香辛料は、消化分解されないため皮膚や粘膜に触れた際、痛みを感じます。

痔と食事の関係は、とても密接ですぐに効果と結果が出てしまう大事な見直しポイントです。

関係を良く学び痔にならない生活、痔を悪くしない生活を心掛けましょう。

痔とタバコやアルコール

痔主になってしまったら控えなければならないものにタバコとアルコールがあります。

タバコもアルコールも、大好きな人には、関係を断つことは大変な事でしょう。

しかし、痔との関係を知って痔に良い生活を心掛けましょう。

タバコには、ニコチンや一酸化炭素が含まれています。

この成分は、自立神経を刺激し血管を収縮させる作用があります。

結果、肛門周辺の血流を悪くしてしまい、うっ血を起こします。

肛門には非常に多くの毛細血管があるので、うっ血状態はとても痔には良くないのです。

痔の時には、アルコールは避けた方が良いと言われるのには、血行を促進して動脈の血流は、良くなりますが静脈は血流が悪くなり結果うっ血するのです。

アルコールは、炎症を引き起こす成分もあります。また、大量に摂取すると、便が緩くなりすぎ下痢を起こします。

下痢は、粘膜を傷付けるため痔の悪化・再発に繋がります。

痔主の人は、大好きなタバコとアルコールでも痔との関係は最悪なのでこれを機に止める・断つ努力をしましょう。

痔改善の為の生活習慣

痔になってしまったら、どのような生活を送ればいいのか悩むでしょう。

痔にとって良い事・悪い事を良く知って痔改善の為の生活習慣を考えましょう。

食生活では、食物繊維の多い食事を心掛けましょう。

また乳酸菌は、腸内活性・整腸作用があるため便通に良い食事です。

硬い便が、便秘になり強い無理ないきみが痔に繋がります。

毎日食べる食事は、痔改善の為の生活習慣に効果的なものでしょう。

タバコやアルコールは、血管収縮作用があるため、うっ血を起こします。

悪化させる強い原因となるので控えたいものです。

痔にとって体を冷やすことも良くありません。

血液循環が悪くなると、うっ血を起こします。

冷え症の人は、手足・お腹が冷えない対策をしお風呂に入ってしっかりと体の芯から温めてください。

また、免疫低下も痔を悪化させる原因になります。

切れ痔の場合、細菌の侵入が怖いので、しっかりと、免疫を上げる生活をして細菌から身を守りましょう。

そのためには、たっぷり休息・睡眠をとり体を休めることが大切です。

痔改善の為に出来る、生活習慣を守って症状の緩和を目指しましょう。

関連記事

記事はありませんでした

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑