*

ヒストプラスマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 感染症, 人獣共通感染症


ヒストプラスマ症は、ヒストプラスマ・カプスラーツムという真菌によって引き起こされる感染症です。
ロバ・ウマなどにも感染し、農業など土壌を扱う職業の人が、土の中にある真菌の胞子を吸い込むことで感染するケースがほとんどです。

ヒストプラスマ症の原因

ヒストプラスマ・カプスラーツム、ヒストプラスマ・ファルシミノースム、ヒストプラスマ・ズボアジという真菌によって起こります。
日本を除き、世界的にみられる真菌で、とくにアメリカのミシシッピ川流域に病気の報告例が多くみられます。

ヒストプラスマ症の症状

ヒストプラスマ症にかかっても、ほとんどの人は症状が出ません。
急性肺ヒストプラスマ症では、一過性のインフルエンザのような症状が出て、自然治癒します。
全身性ヒストプラスマ症では、急性型は小児や免疫不全の人に多くみられ、治療をしなければ死に至ります。
症状は倦怠感やだるさ、発熱などで、症状の悪化は非常にゆっくりなことも急激にすすむこともあります。
口の中に潰瘍ができたり、副腎がおかされてアジソン病を起こすこともあります。
慢性空洞性ヒストプラスマ症では、肺の感染症で、数週間かけて徐々に進行し、結核のように咳や喀血、体重減少などがおこります。
そのほか、眼ヒストプラスマ症といって、血液によって運ばれた病原体が眼に症状をもたらすこともあります。

ヒストプラスマ症の感染経路

ヒストプラスマ症の真菌は、コウモリやヒバリの糞で増えることが多く、土壌に存在する真菌です。
感染するケースは、土壌に含まれている菌の胞子を吸い込むことで起こります。洞窟探検に入ったテレビクルーが感染した例もあります。

ヒストプラスマ症の予防

ほとんどの人は症状がでませんが、エイズ患者や臓器移植を受けた人など、免疫が低下している人は重篤な症状が出ることがあります。
できる限り、土にふれたり、動物や鳥の糞にふれたりしないようにしてください。

ヒストプラスマ症の治療

急性の肺ヒストプラスマ症では薬物治療が必要になることは稀です。
症状の程度よって抗真菌剤をもちいることが多いです。

ヒストプラスマ症の検査

たん、脊髄、尿、血液のサンプルを採取して、真菌を培養して検査を行ないます。
尿や血液からこの真菌が放出するたんぱく質(抗原)を調べることもあります。

関連記事

ハンタウイルス肺症候群(HPS)の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

南北アメリカ大陸で見られる、ウイルス性の肺炎です。 ウイルスはネズミ(シカネズミ)が媒介し、ウ

記事を読む

高病原性鳥インフルエンザの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

鳥インフルエンザは鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染することで引き起こされる病気です。 鳥

記事を読む

皮膚糸状菌症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

皮膚糸状菌症は人獣共通感染症に分類される病気で、人や犬、猫などに感染します。 動物と接すること

記事を読む

コレラを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

コレラとは コレラとは、コレラ菌によって引き起こされる感染症です。 日本におけるコレラの

記事を読む

蠕虫症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蠕虫症というのは蠕虫と呼ばれる寄生虫に寄生されることで発症します。 これはどういった病気な

記事を読む

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症は、その名が示す通りカプノサイトファーガ・カニモルサスと

記事を読む

マラリアの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

マラリアはマラリア原虫よ呼ばれる寄生虫の一種に感染されることで発症する、熱病のことです。 世界

記事を読む

シラミ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

シラミ症はシラミが皮膚に寄生することで引き起こされる感染症です。 ここではその症状や治療に

記事を読む

ノロウイルス感染症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

ノロウイルス感染症とは ノロウイルス感染症(のろういるすかんせんしょう)とは、ノロウイルス

記事を読む

リステリア症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

リステリア症はグラム陽性細菌のリステリア菌が原因となって起こる人と動物共通の感染症です。 人間

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑