*

黄熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 感染症, 人獣共通感染症


アフリカと南アメリカに広がっている病気です。
ウイルスを持った蚊が媒介する感染症で、発症するとインフルエンザのような症状を起こし、ひどいときは黄疸が出ることから黄熱(黄熱病)といわれています。
1000円札の野口英世は、黄熱病の研究者でしたが、自らも感染して亡くなりました。
もともとは、サルの感染症でしたが、ヒトにも感染します。

黄熱の原因

ヒトやサルを宿主として、蚊がウイルス(黄熱ウイルス)を媒介することで感染する病気です。

黄熱の症状

潜伏期間は3~6日程度です。
初期の症状は、インフルエンザに似ており、急な発熱と頭痛、背中の痛み、極度の疲労感、落ち着きのなさなどが起こります。
4日程度で回復する場合もありますが、最初の症状から数時間から数日で、重篤になると、嘔吐や鼻血、下血、黄疸などが起こることもあります。
感染した30~50%程度の患者が亡くなります。

黄熱の感染経路

蚊に刺されることで、ウイルスに感染します。
サルや人が感染していると、そのウイルスが蚊を媒介して広まります。
過去には大規模な流行もありましたが、現代は中央アフリカと中南米の熱帯にのみ流行します。
日常生活ではヒトからヒトへの感染はありません。

黄熱の予防

特効薬はありませんが、生ワクチンによって予防が可能です。
日本では、国際予防接種証明書(イエローカード)の発行の観点から、特定の検疫所のみで接種が可能です。
流行している地域に旅行する場合には、ワクチン接種が必要になります。
ワクチンは、10年間は有効だとされています。
蚊に刺されないことも予防の観点から見ると重要です。
虫よけスプレーや長袖などを用いて、できるだけ蚊に刺されないようにしてください。

黄熱の治療

黄熱病そのものを治療する方法はありません。
出血を止める薬を使用したりする支持療法が中心になります。
ただし、ワクチンは95%の人に有効で、ワクチンによる予防が重要になります。

黄熱の検査

血液中の抗体を調べたり、取り出したウイルスを培養して原因を特定します。

関連記事

ライム病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ライム病は野ネズミや小鳥などが持っている菌を、マダニが媒介することによって起こる病気です。 野

記事を読む

ウエストナイル熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蚊を媒介にしてウイルスに感染することによって起こる、インフルエンザのような症状の出る感染症です。

記事を読む

アメーバ赤痢の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

アメーバ赤痢は感染症のひとつで、世界の広い地域で見られます。 場合によっては死に至る病気で、多

記事を読む

エキノコックス症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

エキノコックス症は主に北海道でみられる感染症で、エキノコックスという寄生虫によってもたらされます

記事を読む

クリプトスポリジウム症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリプトスポリジウム症はクリプトスポリジウム原虫による感染症です。 このクリプトスポリジウ

記事を読む

カンピロバクター症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

カンピロバクターは人間や動物に害を及ぼす細菌のひとつです。 1970年代に入ってから人間への病

記事を読む

パスツレラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

パスツレラ症は主に犬や猫を介して感染する人獣共通感染症のひとつですが、この感染症の存在はほとんど

記事を読む

仮性結核の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

仮性結核は仮性結核菌感染を原因とする、感染症のひとつです。 人間と動物共通の感染症で、さまざま

記事を読む

クリミア・コンゴ出血熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

クリミア・コンゴ出血熱は、ウイルスを持ったマダニにかまれることで起こる急性熱性疾患で、ウイルス性

記事を読む

ブタ連鎖球菌感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

連鎖球菌の一種が原因で起こる感染症です。 2005年6月から8月にかけて、中国四川省において、

記事を読む

リドル症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

リドル症候群とは リドル症候群(りどるしょうこうぐん)とは、主に35歳未満の

精巣腫瘍を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣腫瘍とは 予備知識を得ておこう! 精巣(せいそう)とは、下腹部に位置す

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)とは おむつ皮膚炎(ひふえん)とは、おむつと接触

停留精巣を詳細に:原因,症状,検査,治療など

停留精巣とは 停留精巣(ていりゅうせいそう)とは、一般にいう金玉袋である陰嚢

精巣上体炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣上体(せいそうじょうたい)とはまたの名を副睾丸(ふくこうがん)といい、精子が産

→もっと見る

PAGE TOP ↑