*

姿勢や寝方は腰痛に大いに影響しています

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 骨・関節の病気

腰痛と姿勢の関係について

腰痛を改善するには、正しい姿勢で生活することが大切です。
姿勢は腰痛と密接な関係があります。
悪い姿勢。それは、筋肉や内臓に負担をかける姿勢だということです。
この余計な負担が腰痛を引き起こします。
正しい姿勢でいることが出来れば、筋肉や内臓への負担が減ります。
背筋を伸ばすことには、緩んだ筋肉を引き締め効果があり、腰痛に効果的です。
悪い姿勢から引き起こされた腰痛を患っている人は、腰痛治療によって一時的に症状が改善することはありますが、姿勢が悪いままですと、また腰痛が再発してしまいます。
根本からの改善。その為に姿勢を正すことが大切になります。
中腰や前屈み。これは腰に負担がかかる体勢です。
立っている時は、顎を軽く引いて、背筋を伸ばしましょう。
膝を伸ばすことも大切です。
座る時は、背もたれにお尻を密着させるイメージで、深く腰掛けましょう。
立っている時と同じく、顎を軽く引いて背筋を伸ばして下さい。
悪い座り方は、あぐらや体育座りです。

腰痛と寝具や寝方との関係について

人は一生のうち三分の一を寝て過ごします。
ですから、睡眠と腰痛も大きな関係があります。
睡眠中は体が無防備になっています。
意識がないことにより、睡眠中に腰痛を悪化させることがあるのです。
腰痛を患っている人にとって、寝具の選び方は大切です。
腰痛にとって良い寝具。それは、ふわふわの布団ではなく、適度な硬さを持つ布団です。
腰痛や体に良いと思われがちなベッドや羽布団。
これは、腰にとって良い物ではありません。
体の重みにより、ベッドや羽布団に腰が沈んでしまいやすく、背骨のカーブを崩してしまうのです。
もちろん枕も、背骨のカーブを保つような物が理想的です。
背骨が伸びた状態になるようなものは、腰痛になりやすいので避けて下さい。
腰痛に対して寝方も重要です。
腰に負担をかけない眠り方。これが重要です。
横を向き、膝を少し曲げ、クッションなどを膝に挟む。
これが腰に負担をかけない寝方です。
反対に、仰向けは腰痛によくない影響を与えるので注意が必要です。

関連記事

ガングリオンを詳しく:原因・症状・検査・治療など

ガングリオンとは ガングリオン(がんぐりおん)とは、手首や指などの関節部分に発生する瘤(こぶ)

記事を読む

変形性股関節症を詳しく:原因,症状,診断,治療,手術

股関節の仕組みと変形性股関節症 骨盤と大腿骨の間にある球関節のことを「股関節」と言います。

記事を読む

続発性骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

骨粗しょう症とは 骨粗しょう症(こつそしょうしょう)とは、骨量(カルシウムやコラーゲンなど

記事を読む

特発性大腿骨頭壊死を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術,人工関節

「特発性大腿骨頭壊死」は「とくはつせいだいたいこっとうえし」と読み、血行の悪化に伴って、大腿骨頭

記事を読む

肩関節周囲炎を詳しく:原因,症状,診断,治療,手術,リハビリ,予防

「肩関節周囲炎」は、肩関節の可動域の狭まりや痛みが起こる病気の総称です。 肩関節だけでなくまわ

記事を読む

肩関節唇損傷を詳しく:原因,症状,診断,治療,手術,リハビリ

関節唇は「かんせつしん」と読み、肩の受け皿としての役目をもつ肩甲骨関節窩の輪郭の周囲を取り巻くよ

記事を読む

半月板損傷を詳しく:症状,原因,診断,治療,手術,リハビリ

膝関節の内側と外側にそれぞれひとつずつある三日月型の軟骨組織を「半月板」と言います。 半月板は

記事を読む

ぎっくり腰を詳しく:症状,原因,診断,治療,予防

腰椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症、筋筋膜性腰痛、腰椎分離症、すべり症など、腰痛にはさまざまな種類が

記事を読む

腰痛改善の治療法のまとめ

腰痛改善の治療法について 腰痛の治療で一番大切なことは、運動により筋力を高めることです。

記事を読む

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の骨のことで

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑