*

ストレス解消の色々な方法をご紹介。注意点も参考にストレス発散!

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 疲労・ストレス , , ,

ストレス解消の色々な方法

スポーツ

ストレス解消法で最も有効だと言われているのはスポーツで体を適度に動かすことです。

過度なスポーツや、やりたくもない運動を強制するのは逆効果になってしまいますが、自分の体とペースに見合ったスポーツはストレス解消になる他、健康維持や増進、ダイエット効果などもあります。

また、適度に体を動かすことによって得られた心地良い疲れが、その後の食欲と快適な睡眠をもたらしてくれることでしょう。

ストレス解消に良いスポーツは色々とありますが、気軽で簡単に始められるのがウォーキングやジョギングといった有酸素運動です。

他にも、ヨガや水泳、ゴルフ、エアロビクスなどもありますが、運動は苦手という人は、近所を10分程度散歩するだけでも気晴らしができて、良い気分転換になるでしょう。

大切なのは、スポーツを楽しんで長く続けられることです。

無理な運動やは体を痛めたり、また、健康やストレス解消にスポーツをしなければならないと追い込んでしまうようでは、かえってストレスを増長させてしまうことがあります。

さらに、夜に激しい運動をすると体が興奮してしまい、リラックスできずに熟睡を妨げてしまう場合もあり、これが不眠を引き起こしてしまう要因にもなりかねないので、夜の過度な激しい運動には注意が必要です。

しかし、軽いスポーツであれば、夜に行っても体が適度に温まって心地良く眠りにつくことができます。

ストレス解消の意味でのスポーツは、自身が楽しめたり、気晴らしができることが大切です。

運動によるストレス解消効果は科学的にも確認されており、何でも良いので、自分が楽しいと感じながら、毎日じゃなくても長くゆっくりと続けられるようなスポーツを見つけてみると良いでしょう。

食事やお酒

ストレスを根本から解消するには、日々の食生活が重要になってきます。

ストレスで心理的に不安定な時というのは、つい食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりしてしまうといったケースも少なくないわけですが、これでは根本的な解決にはならず、むしろ悪循環になりがちです。

栄養バランスのとれた食事を心がけ、安定した規則正しい生活リズムによって、自律神経の働きも正常に機能し、体調も整えられます。

また、胃腸を冷やすような食べ物の摂り過ぎに注意しましょう。

胃腸の冷えが慢性化すると、肩こりやむくみ、便秘、月経前症候群といった症状が起こりやすくなり、心理的にも疲れやすくなってしまいます。

さらに、レトルト食品や加工食品を食べ過ぎたり、過剰なダイエットも心身のバランスを乱してしまう要因になります。

最近は、食生活が乱れがちなことからサプリメントに依存する傾向があるようですが、基本的に、必要な栄養素はできるだけ普段の食事から摂取するようにし、ストレスに対する抵抗力を付けていきましょう。

また、お酒は百薬の長とも言われ、そのリラックス効果でストレス解消にも役立ってくれたり、善玉コレステロールを増やして心筋梗塞や狭心症などの虚血性心臓病を予防する効果も期待できます。

ただし、これらはあくまでもお酒の適量を守ってこそ発揮されるものであることを忘れてはいけません。

肝臓での処理能力をオーバーしてしまうようなお酒の飲み方では、肝臓そのものの機能を壊してしまったり、動脈硬化や糖尿病などといった生活習慣病を招く恐れがあります。

気心の知れた仲間と飲む適度なアルコールはストレスの解消に有効的ですが、日頃の対人関係やストレスを忘れるためにアルコールに頼ってしまうような飲み方では、かえってストレスを増長させることもあります。

気分が晴れないだけでなく、肉体的ストレスの原因にもなるので注意しましょう。

アロマ

ストレス解消に良いとされているものの一つにアロマがあります。

そもそもアロマとは、香りや芳香を意味するものですが、近年は、これを利用したアロマテラピー(芳香療法)が注目されています。

自分のお気に入りのアロマオイルを取り入れることで、心身がリラックスし、溜まったストレスが軽減され、健康や美容に役立てることができます。

人間は、ストレスを感じると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経が乱れて免疫力が低下してしまうことがあります。

その結果、睡眠障害や食欲不振など、不快な症状を招いてしまうこともあるので、ストレスを長引かせないように解消させていく必要があります。

アロマテラピーに使用されるエッセンシャルオイルには様々なものがあり、種類によっては効用・効能も異なってきます。

ストレス解消に効果的とされているのは、ラベンダーやイランイラン、ローズ、メリッサなどがあります。

アロマによって心身がリラックスした状態で眠りにつくと、ぐっすり快適な睡眠が得られることでしょう。

しかし、100%天然のアロマオイルは安全なものではありますが、正しい使用方法を知っておかないと、体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

アロマオイルの原液は非常に濃度が高く、一度に大量を使ってしまうと匂いがきつくなり、特に匂いに敏感な方や妊娠中の方、体調が優れない方にとっては注意が必要です。

ストレス解消に良いからと好みでもない香りを無理に嗅いでも、リラックスできるどころか逆効果になってしまったり、アロマテラピーが快適な睡眠を妨げてしまう場合もあります大切なのは、自分の好きな香りでリラックスできて、ストレスも解消されるかどうかなので、まずは数日試してみて、アロマテラピーやその香りが自分に合ってるのかどうかを確かめましょう。

笑顔効果

ストレス解消に最も手軽な方法が、実は笑うことなんです。

ストレスが溜まっていると自然と笑うことも少なくなりがちですが、近年の研究では、そういう特ほどよく笑うことがストレス解消に効果的であると言われています。

笑うということは、休息の神経である副交感神経の反射なので、ストレスとは深い関係にあるのです。

笑顔でいることが多いと免疫機能が向上し、心理的な刺激にもなって交感神経が活発に作用し、同時に副交感神経も刺激され、血行促進や緊張が和らぐといった効果が現れ、両者がバランス良く維持されるとされています。

また、笑うことはお腹から声を発するので、腹筋が働き、内蔵の動きも活発になり、そのため胃腸の働きも良くなって便秘や胃の不快感などの解消に役立ちます。

ストレスを多く感じる人ほど副交感神経に強く働き掛けるので、例え無理に笑った作り笑顔であっても効果的です。

逆に考えてみると、あまり笑わない人の場合、ストレスが溜まりやすいということが言えるかもしれません。

笑顔でいると、自分だけでなく周囲の人にも嫌な思いをさせることがなく、例えストレスを抱えていたとしても、くよくよと深く思い悩んだりしているよりも、笑顔でいる方が精神的にも落ち着くでしょう。

最初は上手く笑うことができないかもしれませんが、笑顔を作ることを心がけていれば、徐々に自然と笑えるようになってくるでしょう。

それでも、無理矢理笑うなんてできないという場合は、コメディ映画やドラマ、お笑い番組などを観るなどして、思いっきり笑ってストレス解消するのも良いかもしれません。

お風呂

お風呂にゆっくり入って1日の疲れを解消するというのは、昔から多くの日本人が行っている日常の一つです。

入浴は単に体を洗ってキレイにするにはもちろん、リラックスして心身の疲れを癒してくれる貴重な時間であり、ストレス解消にも大変効果的です。

また、入浴剤を入れたり、防水用の音楽プレーヤーで好きな音楽を聴いたりしながら入浴タイムを有効に活用するのも、リラックスするための良い方法でしょう。

入浴剤はその香りによって癒されるだけでなく、保湿効果に優れたものも多く、肌荒れや乾燥の予防にもなります。

ただし、入浴は意外と体力を消耗するもので、心臓や血管などに思わぬ負担がかかることもあるため注意が必要です。

人によっては熱いお風呂に入るのが好みという場合もありますが、血管が収縮して血圧が上がったり、体の芯の部分の体温が上昇し過ぎて、かえって寝つきが悪くなるケースもあるようです。

リラックスのためのお湯の適温は38~40度言われており、体に負担がかからないように浴室と脱衣所の温度差をなくしたり、お湯の温度を熱くし過ぎないように工夫してみましょう。

また、薬物治療を受けている人の中には、低血糖を引き起こしやすい場合もあるので注意しましょう。

入浴が心身のリラックスやストレス解消に有効であっても、あまり長い時間お風呂に入っていると、体力を消耗してしまうので、様子を見ながら疲れない程度のタイミングでお風呂を上がるようにしたり工夫することが大切です。

自分で「今日は体調が優れないな」と感じた場合は、入浴時間をいつもより短めにして切り上げたり、半身欲や足湯などをして体温の急激な上昇に気をつけながら入るようにすると良いでしょう。

睡眠

ストレス解消のためには十分な睡眠が大切だということは、多くの人がご存知ですよね。

現代人はストレス環境にさらされる機会が多く、睡眠不足や睡眠の質の低下している傾向にあります。

そうすると、なかなか疲労が回復されず、さらにイライラが募ったり、物事に集中できずにミスをしてしまうことも多くなってしまうでしょう。

我々人間を含む動物は、睡眠を取ることによって体内リズムを維持しており、心身を癒しながら健康を保っています。

しかし、睡眠時間が十分取れなかったり、質の悪いものだったりすると体の免疫力が衰え、病気にかかりやすくなってしまいます。

このように睡眠不足から引き起こされる弊害が様々ありますが、質の良い十分な睡眠を取ることでストレスの解消にも非常に有効です。

つまり、心身の不調の多くは、快適な睡眠によって回復することができるのです。

良い睡眠を取る方法ですが、何かの原因でなかなか寝付けない場合は、スムーズな就寝にもっていけるように工夫する必要があります。

そのためには、まず、規則正しい健康的な生活をおくることが大切です。

栄養バランスのとれた食事を心がけるのはもちろん、適度な運動で体を疲れさせることによって心地良い疲労感が得られ、体は自然と休息を求めて睡眠をとろうとします。

ウォーキングや軽いジョギング、あるいは近所を散歩するなど、気軽に始められる有酸素運動が効果的です。

また、就寝前にカフェインやアルコールの摂取は、睡眠の質を低下させたり、寝つきを悪くさせてしまうので、これらを摂取する時間には注意しましょう。

睡眠時間には個人差があり、平均的な睡眠時間とされている8時間よりも短い場合であっても、日中が快適に過ごせていれば8時間という長さにこだわることはありません。

関連記事

慢性疲労に疲労回復サプリメント

慢性疲労に疲労回復サプリメントをご紹介!

合わせてご覧下さい 慢性疲労を解消する有効な方法を数多くまとめています。 他にも    ・

記事を読む

ストレスが原因で発症する色々な病気

ストレスが原因で発症する色々な病気をご紹介しています。

ストレスと病気の関係 近年は、様々な病気の原因の一つとしてストレスが大きく取り沙汰されるように

記事を読む

ストレスが原因の軽度な症状

ストレスが原因の軽度な症状をご紹介

手足のシビレ 手足にしびれを感じるのは、主に血行不良や神経過敏が大きく影響していると考えられて

記事を読む

ストレスって何

ストレスって何?ストレスの正体を分析します。

現代社会においてストレスは切り離すことができない関係にあるのは多くの方がご存知かと思います。

記事を読む

ストレス潰瘍の症状

ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査についてご紹介!

ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査 こちらでは、ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査などにつ

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑