*

慢性疲労に疲労回復サプリメントをご紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 疲労・ストレス , ,

慢性疲労に疲労回復サプリメント

合わせてご覧下さい

慢性疲労を解消する有効な方法を数多くまとめています。
他にも
   ・・・水素
   ・・・マカの効果・効能
など慢性疲労に有効とされるものがございます。
宜しければ合わせてご覧下さいませ。

マルチビタミン

マルチビタミンとは、その名の通り、複数のビタミンを配合したサプリメントのこと。
つまり、それひとつでたくさんの種類のビタミンを摂取することができるのです。
サプリメント大国であるアメリカでは、このマルチビタミンを中心に、必要なサプリメントをトッピングしていくといいます。

言わば、サプリメントの基本中の基本なんですね。
また、製品によっても違いますが、ビタミンだけでなく各種ミネラルも配合されているものが多いので、文字通りマルチビタミンさえ摂っておけば、最低限必要な栄養素は確保できると考えてもよいでしょう。
ビタミンが体に必要なことは言うまでもないでしょうし、疲労回復に効果があることもよく知られていると思います。
例えば、アスリートやボディビルダーにも、栄養素の摂取と疲労回復のためのサプリメントとして、マルチビタミンを摂っている人は数多くいるものです。

そのことだけを見ても、マルチビタミンが疲労回復に効果があることがわかりますね。
購入するときには、成分表示をよく確認し、ビタミン各種とカルシウムやカリウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、できれば消化酵素などが、バランスよく含まれているものを選ぶといいでしょう。
ただし、手軽に取れるだけに、過剰摂取には気をつけたほうがいいかも知れません。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → マルチビタミン

ビタミンB1

体がだるくて疲れが取れない。
そんな時には、ビタミンB1が不足している可能性が考えられます。
というのも、ビタミンB1が不足すると、体全体に疲労物質がたまりやすくなるのです。

さらに、脳を活発に働かせるためにもビタミンB1は必須ですから、不足してしまうと様々な体の反応も鈍くなってしまいます。
ビタミンB1不足で起きる体の不調の、代表的なものとして、脚気、倦怠感、手足のしびれ、むくみ、末梢神経の麻痺、心臓衰弱などが挙げられます。
また、偏食が多かったり、タバコや酒の飲み過ぎなども、ビタミンB1不足につながりやすいですので注意が必要です。
ビタミンB1を含む食品には、ごま、ほうれん草、かぼちゃ、なす、メロン、玄米などがありますが、ビタミンB1は、8種類あるビタミンB郡の中の一つで、このビタミンB郡はお互いに助けあいながら働く性質を持っていますので、なるべくバランスよく摂取する方が効果的です。

そのためには、サプリメントを用いるほうが良いでしょう。
ただし、ビタミンB郡は水に溶け易く、また体内に留まることができません。
そのため、一気に大量摂取するのではなく、朝昼晩など回数を分けて、小分けに摂るようにしたほうが効率的と言えます。

ビタミンB1のより詳しい話は・・・ビタミンB1の効果・効能 でどうぞ

ビタミンC

ビタミンCが体に良いことは、よく知られていますね。
ですが、疲労回復という点では、今までビタミンCはあまり注目されていませんでした。
しかし、現代人の疲労は、単に肉体的なものではなく、ストレスなど精神的なものが要因になっていること多いものです。
そして、そのストレスの解消にビタミンCが大きく関係すると言われて言ます。

また、ビタミンCは単独で働くだけでなく、肉体的な疲労を回復させると言われるビタミンEや、骨を作るカルシウムなど、他の栄養素の吸収を手伝うという働きもしています。
つまり、ビタミンCが不足していれば、どんなにビタミンEやカルシウムなどを摂取しても、体に吸収されにくくなってしまうのです。
このことからも、ビタミンCの重要性をお分かりいただけると思います。

ただし、これは他のビタミンにも共通したことですが、ビタミンCは大量に摂取しても一定量を超えると、尿などで体外に排出されてしまいます。
ですから、効率良く摂るためには、朝昼晩など回数を分けて、少量ずつ摂取するようにしてください。
また、先程もお話した、ビタミンEやカルシウムなどの栄養素も一緒に摂取するようにすると、効果が倍増します。
特に喫煙する人は、ビタミンCが壊れやすいので、より積極的に摂取してください。

ビタミンCのより詳しい話は・・・ビタミンの効果・効能>ビタミンCの効果・効能 でどうぞ

ビオチン

ビオチンとは、ビタミンHとも呼ばれ、水溶性のビタミンB群の中の一つです。
このビオチンは、肌に栄養を与える働きと老廃物の処理を行い、肌荒れを防ぐ成分として知られています。
さらにビオチンには、ブドウ糖や脂肪酸やアミノ酸の代謝をよくするという働きがあります。
これによって、疲労回復効果が期待できるのです。

他にも、糖尿病の緩和や、脱毛の予防効果もあるとされていますが、一番の特徴は美肌効果やアトピー性皮膚炎の改善など、お肌に関する効果と言えます。
ですから、疲労回復とお肌のお手入れが同時にできるという点で、女性には嬉しい栄養素といえそうですね。
通常、ビオチンは普通の食事をしていれば不足することはないと言われていますが、最近はビオチン不足の人も以前より増えてきているという話もありますから、サプリメントを上手に活用するといいでしょう。

最初にお話した通り、ビオチンはビタミンB群の中の一つですから、単独で摂るよりはビタミンB群全体をバランスよく摂取する方が、お互いに助けあいながら働く効果を期待できます。
また、ビオチンは、一時に大量に摂取しても体外に排出されやすいため、タイムリリース加工という体内で長時間活躍できるように加工されたものを選ぶ方がいいでしょう。

ビオチンのより詳しい話は・・・ビタミンの効果・効能>ビオチンの効果・効能 でどうぞ

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、体の中のあらゆる細胞に存在し、私たちが生きるためには欠かせない働きをしていると言われる補酵素です。
つまり、コエンザイムQ10が足りなくなると生死に関わるほど、重要なものということができます。
このコエンザイムQ10には、食事で摂取した、糖や脂肪、それにアミノ酸などを、エネルギーに変えるという働きを持っています。

逆に言うと、コエンザイムQ10が不足してしまうと、栄養素をうまくエネルギーに変換することができず、エネルギー不足の状態になるわけです。
すると、体が疲れやすくなり、集中力や思考力までも低下してしまいます。
ですから、必要なエネルギーを生み出し、疲労回復させるためにもコエンザイムQ10は重要なのです。
また、コエンザイムQ10には、強力な抗酸化作用がありますから、細胞の酸化を防ぐことによるアンチエイジング効果も期待できます。

アンチエイジングといっても、単に見た目だけのことではなく、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などを防ぐことにもつながってきますので、健康のためにも重要なものです。
それに、若々しい状態を維持できれば、それ自体が疲労回復にも役だってくれますね。
コエンザイムQ10のサプリメントも、日本国内のものから海外のものまで様々なものが出ていますから、成分表示などをよく確認して、十分に含有されているものを選んでください。

コエンザイムQ10のより詳しい話は・・・ビタミンの効果・効能>コエンザイムQ10の効果・効能 でどうぞ

ミネラル

ミネラルとは、ビタミン同様、五大栄養素の一つで、微量栄養素と呼ばれることもあります。
主なミネラルには、カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、亜鉛、銅などがあります。
ミネラルの主な働きは、食物の消化・吸収、それにエネルギーを生み出して代謝を促進する酵素の働きを助けること。

つまり、ミネラルが不足すると、酵素も十分に働くことができなくなるのです。
疲労に関係するとされているミネラルは、筋肉痛にはマグネシウム、疲れやすさには鉄、ナトリウム、リン、ヨウ素、ストレスにはカルシウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素、ナトリウムなどがあり、他に亜鉛が不足するとからだ全体の元気がなくなるといわれています。
ミネラルは、体内に4パーセントしか存在しません。

また、ビタミン同様、体内では合成できませんので、食品やサプリメントなど、外部から摂取するしかないのです。
バランスよく摂取することを考えると、サプリメントが手軽で効率的でしょう。
ビタミンとミネラルが配合されているサプリメントも多いですし、酵素のサプリメントと併せて摂ることも効果的だと思われます。
ただし、ミネラルの場合は、過剰摂取すると中毒症や過剰症をを起こす恐れがありますので、容量と用法には注意してください。

ミネラルのより詳しい話は・・・ミネラルの効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

梅が体に良いことは広く知られていますが、疲労回復にも大きな効果があります。
梅には、多くの有機酸が含まれているのですが、その中でもクエン酸が、食物の吸収や分解をするエネルギー代謝で、重要な働きをしているのです。
それは、疲労の原因となる乳酸が体内に溜まってしまうことを抑える働きです。

乳酸は疲労物質とも呼ばれ、運動や労働をしたときなどに出てくるもの。
これが溜まってしまうと、筋肉の痛みやだるさの原因になり、肩や首のコリにもつながっていきます。
梅に含まれるクエン酸は、乳酸を抑制し、さらに乳酸を体外に排出して、疲労がたまらないように働いてくれるのです。
また、梅には血液サラサラ効果もありますので、血行も良くなり、体の隅々まで栄養素が行き渡りやすくなりますから、その点でも疲れをためず、疲労回復に役だってくれることでしょう。

他に、肩こりや下痢、食欲不振、冷え性などにも効果が期待できますから、梅もまた、積極的に摂りたいものです。
もちろん梅干しなどもいいのですが、梅の成分を凝縮した梅肉エキスを飲む方が、さらに効果的です。
実際に梅肉エキスを飲んで、疲労回復が早くなったり、スタミナがついたなどの効果を実感している人も多いですので、ぜひ試していただきたいと思います。

カムカム

カムカムとは、グアバと同じくフトモモ科の果物で、あらゆる植物の中でも、最もビタミンCを多く含む、ペルー原産のスーパーフルーツです。
ビタミンCといえば、レモンが思い浮かびますが、カムカムに含まれているビタミンCは、なんとレモンの約60倍。
美容と健康に、とても効果的な果物と言えます。

また、クエン酸も大量に含まれているため、疲労回復効果はかなり期待できそうです。
ビタミンCを多く含むだけあって、カムカムはかなり酸っぱい果物ですから、そのまま食べることは難しいようです。
そこで、甘みをつけてジュースやアイスクリーム、ジャムなどに加工されています。

しかし、日本でそれらを入手することは難しいですから、サプリメントで摂取するということになりますね。
カムカム単独のサプリメントもありますし、マカなどと混合されているものも出ていますから、色々とためしてみるといいかも知れません。
また、カムカムにはビタミンC以外に、ポリフェノールなどの抗酸化物質も含まれていますので、総合的にカラダに働きかけ、アンチエイジング効果も期待できます。
疲れを取るだけでなく、体を若返らせてくれますから、その効果は、とても楽しみといえるでしょう。

カムカムのより詳しい話は・・・カムカムの効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

カルニチン(L-カルニチン)

カルニチン(L-カルニチン)は、脂肪燃焼に効果的な成分として知られているものですが、最近は、その疲労回復効果にも注目が集まっています。
カルチニンには、体内でのエネルギー代謝を良くするという効果があります。
エネルギー代謝がよくなるということは新陳代謝も良くなり、その結果、体内の疲労物質の排出にも効果があるのです。

疲労物質が体外に出てしまえば、文字通り疲れが取れ、元気が回復できますね。
ですから、カルチニンを摂取すると、体のだるさや気分の憂鬱さが解消されることを、しっかりと実感できることでしょう。
実際に、カルチニンが疲労回復に効果があることは、スポーツの世界でも研究され、実証されています。
スポーツにおいては、疲労回復はパフォーマンスにも大きく影響しますから、かなり重要な研究テーマといえるもの。

そこで、実証されているのですから、その効果は本物といえるでしょう。
もちろん、サプリメントも多数販売されています。
カルチニンがメインとなっているもの、不足しがちな他の栄養素と一緒に配合されているもの、また、プロテインの中に配合されているものなど、各種ありますので、期待する効果に合わせて選ぶといいでしょう。

クエン酸

クエン酸といえば、レモンやオレンジなどの柑橘類、それに梅干しやお酢などに含まれている、酸っぱい成分ですが、最近はクエン酸の疲労回復効果に注目が集まっています。
私達の体内には、クエン酸回路と呼ばれるものがあり、この回路が上手く働いていれば、体力は増強され、体内も弱アルカリ性の疲れにくい体になります。
ところが、クエン酸回路の働きが悪くなると、疲労物質である乳酸がたまりやすくなり、疲れが取れないという状態になってしまうのです。

この、クエン酸回路のエネルギーになるのがクエン酸です。
そのため、クエン酸が不足するとクエン酸回路の働きがうまくいかなくなって疲れが溜まってしまうということですね。
クエン酸は、乳酸や余分な脂質を分解し、燃焼させることで疲労回復に役立ってくれます。

また、またミネラルの吸収を助ける働きをしたり、さらにそのミネラルの酸化も防ぐため、活性酸素から体を守るという効果も期待できます。
いわゆる、老化防止効果ですね。
このため、クエン酸とカルシウムなどのミネラルを一緒に摂ると効果的です。
また、クエン酸だけを大量にとってもクエン酸回路はうまく機能しないようですので、ビタミンB群と組み合わせて、バランスよく摂取することが大切です。

高麗人参(朝鮮人参)

高麗人参(朝鮮人参)といえば、昔から万能の霊薬として知られている、漢方の滋養強壮剤です。
高麗人参の効果は幅広く、心筋の強化や冠状動脈硬化の予防と治療、狭心症、胃酸欠乏、急性と慢性の肝炎、、神経衰弱、滋養強壮など、多岐に渡っています。
中枢神経系を調整する作用もあるのですが、これによって大脳皮質の、興奮と抑制のバランス機能を増強してくれます。

そして、神経の乱れを回復させることで、肉体や脳の疲労への抵抗力を高める、つまり疲労しにくい体質にしてくれるというわけです。
さらに、有害物質に対する防御能力や、免疫機能を高める機能もありますから、その点でも病気になりにくい、強い体を作るのに役だってくれるでしょう。
また、心臓血管系の調整作用や、ホルモンの分泌を活発にする、代謝を高めるなど、万能の霊薬という呼び名にふさわしく、全身を健康にしてくれる効果が、かなり期待できます。

高麗人参の中でも、紅参(コウジン)と呼ばれるものが、もっとも薬効が高いとされていますので、この紅参が主成分となっているサプリメントを選ぶとよいでしょう。
最近は価格の安い高麗人参のサプリメントも出ていますが、あまりにも安いものは効果も期待できないようです。
成分表示などをよく確認して、本当に効果が期待できるものを選ぶようにしてください。

高麗人参のより詳しい話は・・・高麗人参の効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

ニンニク

ニンニクと言えば、昔から疲労回復や滋養強壮に効果があることで知られています。
他にも、コレステロール値を下げたり、高血圧の改善、動脈硬化の予防、血液をサラサラにする効果、抗ガン作用、免疫力を高める、殺菌、抗菌など、その効果効能は多岐に渡っています。

また、ニンニクは古くからその効果を知られていて、4500年以上前に、エジプトのピラミッド建設際、労働者の疲労回復のために使われたという記録も見つかっているようです。
これほど、疲労回復には大きな効果を持つニンニクですが、日常で取り入れようと思うと気になるのが、そのニオイ。
最近は、口臭や体臭など、ニオイに敏感な人が増えてきていますから、体にいいことはわかっていても気軽には食べにくいものですよね。
特に、女性はなおさらでしょう。

満員電車やエレベーターに乗った時のことを考えると、ついつい敬遠したくなると思います。
ですが、にんにくの成分を抽出したサプリメントなら、ニオイを気にせずに、その疲労回復効果を実感することができます。
最近では、卵黄と組み合わせたニンニク卵黄や、他の疲労回復に有効成分と組み合わせているものなど、酒類も増えていますから、飲みやすくて自分の体質に合うものを選び、続けてみてはいかがでしょうか。

ニンニクのより詳しい話は・・・にんにくの効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

ビール酵母

ビール酵母とは、その名の通り、ビールを製造する時に使われる酵母で、ビールを発酵させるのに欠かせないものです。
発酵を終えた酵母は、栄養分を豊富に吸収していて、疲労回復や滋養強壮、栄養補給などの効果があることが確認されています。
ビール酵母の成分は、約半分がタンパク質やアミノ酸で、約30%が食物繊維となっていて、ビタミンB群、各種ミネラル類、核酸、グルタチオンなど豊富な栄養成分が含まれています。

このビタミンB群やアミノ酸が疲労回復に効果的で、そのために注目をあつめるようになりました。
他にも、コレステロールの低下作用やカルシウムの吸収促進作用による骨粗鬆症の予防、腸内環境を整えて便秘を改善する効果、免疫力の増強、それにアンチエイジング効果など、様々な形で私たちの体を健康な状態に整えてくれます。

ビール酵母は、自然の恵みと呼ばれるほど、様々な栄養素がバランスよく含まれていますので、毎日の食生活が不規則な方や、緑黄色野菜が不足している方には、特にオススメしたいものです。
サプリメントも、ビール酵母単独のもの、他の成分と組み合わせているものなど色々な種類があり、価格も様々です。
基本的には、金額の高いもののほうが効果も期待できそうですが、続けないと意味がありませんので、そこは無理のないものを選ぶようにしてみてください。

ビール酵母のより詳しい話は・・・ビール酵母の効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーと言えば、女王蜂のエサとして有名ですが、働き蜂のなんと40倍も長生きするという、女王蜂の驚異的な生命力を支えているものです。
ローヤルゼリーには、疲労回復や滋養強壮、血圧、コレステロール、血糖値などの低下、脈硬化の予防、免疫力強化、食欲不振、栄養補給、冷え性、抗腫瘍、アンチエイジング、肌荒れ、シミ、そばかすなど、かなり広範囲に渡っています。

ただし、人を対象とした厳密な臨床試験で、ローヤルゼリーの効果を実証したものはまだないといわれていますので、今後の研究が待たれるところです。
とはいえ、1950年代に、ローマ教皇が老衰で危篤状態に陥った時、ローヤルゼリーを投与したことで驚異的な快復力を示したという実例がありますから、ローヤルゼリーにそれだけの力あることは、ほぼ間違いないでしょう。
ローヤルゼリーのサプリメントも、カプセルや錠剤、それにドリンクなど、様々なものが販売されています。

ただ、ローヤルゼリーそのものは決して美味しいものではありませんので、ドリンクタイプのものは味が問題になるかも知れません。
その意味では、カプセルや錠剤の方が抵抗なく飲めるのですが、栄養価の面ではドリンクタイプの方が優れているともいわれています。
また、最近はローヤルゼリーの他に、有効成分を配合しているものも出ていますので、成分表示などをよく確認して、続けやすいものを選んでみてください。

ローヤルゼリーのより詳しい話は・・・ローヤルゼリーの効果・効能や特徴・摂り方 でどうぞ

関連記事

ストレスが原因の軽度な症状

ストレスが原因の軽度な症状をご紹介

手足のシビレ 手足にしびれを感じるのは、主に血行不良や神経過敏が大きく影響していると考えられて

記事を読む

ストレスって何

ストレスって何?ストレスの正体を分析します。

現代社会においてストレスは切り離すことができない関係にあるのは多くの方がご存知かと思います。

記事を読む

ストレス潰瘍の症状

ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査についてご紹介!

ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査 こちらでは、ストレス潰瘍の症状・原因・治療・検査などにつ

記事を読む

ストレスが原因で発症する色々な病気

ストレスが原因で発症する色々な病気をご紹介しています。

ストレスと病気の関係 近年は、様々な病気の原因の一つとしてストレスが大きく取り沙汰されるように

記事を読む

ストレス解消の色々な方法

ストレス解消の色々な方法をご紹介。注意点も参考にストレス発散!

スポーツ ストレス解消法で最も有効だと言われているのはスポーツで体を適度に動かすことです。過度

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑