*

爪甲下出血の症状・原因・治療について

公開日: : 最終更新日:2015/12/01 皮膚


爪甲下出血は、その名が示すように爪の下に生じた出血のことを言います。
ここではその症状や原因について見ていきましょう。

爪甲下出血(爪下血腫)の症状と原因

爪甲下出血は、なんらかの外的な衝撃によって爪のしたの皮膚が出血した状態となります。

押される、あるいはぶつけるなどすると起こる症状で、血豆に近い状態です。

運動などで足の爪に負担がかかることでも生じることがあり、自覚がないままできてしまうことも珍しくありません。

黒い斑点が広がらなければほかの病気ではないため、それほど心配はありません。

爪が伸びるとともに自然に消失するので、治療しないケースも多々あります。

どの爪にできるかなど状況によって変わりますが、1ヶ月ほどで改善されるのがほとんどです。

爪甲下出血では爪の色が変わりますが、それは爪の奥で内出血が生じて爪と肌の間で血栓が形成されるからです。

打撲などによって生じる青あざに近いものだととらえるとわかりやすいでしょう。

黒色に変化した箇所が少しずつ広がっていく、あるいは爪周辺にも色素斑ができている場合は、爪の悪性黒色腫の疑いがあるため、早めに医師に相談することをおすすめします。

爪甲下出血(爪下血腫)の治療

出血が軽いものであれば特に治療の必要はなく、爪の生え替わりによって消失するのをまつだけで問題ないでしょう。

爪にもよりますが、生え替わりには半年~1年ほどかかります。

たくさんの血が溜まっている場合は、痛みが生じることもあります。

痛みをなくす、もしくは緩和させるには血を抜く必要があります。

よく行われる方法が、消毒処理した針で爪に穴をあけて、血を抜くというものです。

爪自体には神経が通っていないため、穴を空けても痛みなどはありません。

熱したクリップなどをつかって自分で行う人もいますが、痛みをともなううえに出血することもあって危険なので、皮膚科で処置をしてもらうことが大切です。

痛みがひどい場合は、麻酔が用いられることもあります。

関連記事

軟性線維腫の症状・原因・治療について

軟性線維腫は皮膚上にできる腫瘍のひとつです。 ここではこの軟性線維腫について見ていきましょう。

記事を読む

Q熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

Q熱はコクシエラ バーネッティ(Coxiella burnetii)の感染によって起こる人間と動

記事を読む

進行性指掌角皮症の症状・原因・治療について

進行性指掌角皮症はいわゆる手あれのことで、水仕事などをよくする人に起こりやすい症状です。 進行

記事を読む

しもやけ・あかぎれの原因・予防と対処について

しもやけ・あかぎれの原因とは? しもやけの原因はずばり「皮膚の血行不良」です。 寒くなり、体

記事を読む

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が出現します

記事を読む

伝染性膿痂疹の症状・原因・治療について

伝染性膿痂疹は接触によって飛び火のように広がることから、「とびひ」とも呼ばれています。 伝染性

記事を読む

マラセチア毛包炎の症状・原因・治療について

マラセチア毛包炎は皮膚の常在菌によって引き起こされる皮膚病です。 自覚がないまま、この皮膚病を

記事を読む

手湿疹の症状・原因・治療について

手湿疹は女性、特に主婦に多く見られる皮膚病です。 そのため、別名主婦湿疹とも呼ばれています。

記事を読む

帯状疱疹の症状・原因・治療について

帯状疱疹は水ぼうそうの原因ともなる水痘・帯状疱疹ウイルスの影響で起きる病気です。 それでは帯状

記事を読む

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の症状・原因・治療について

毛孔性苔癬(毛孔性角化症) は皮膚病のひとつで、小児期や思春期に起こりやすい病気として知られてい

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑