*

薄着の習慣で風邪予防!

公開日: : 最終更新日:2015/09/19 肺・気管支の病気


風邪をひかないカラダを手に入れるには、薄着を習慣化することをおすすめします。

今回はなぜ薄着習慣が風邪予防にいいのかを解説していきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

薄着を習慣にすることで起こるカラダの変化

薄着を心がけていると、体温の調節機能が改善し、気温の変化にカラダが柔軟についていけるようになります。

また、自律神経も整い、風邪に対する抵抗力もアップするのです。

一方、日頃から厚着ばかりしていると、こうした恩恵が受けられないだけでなく、体温の調節が上手くいかず気温の変化に順応できなくなりますし、自律神経のバランスも整いにくく、風邪に対する抵抗力も失われてしまいます。

どのぐらいの薄着をすればいい?

暑いと感じるほど着込んでいるのは論外です。

黙っていて不快な暑さや寒さを感じない程度の薄着にしておくと良いでしょう。

また、冬場は外と中の気温差が大きく、外に行くときにはアウターを着込む人がほとんどです。

この状態で中に移動すると、暖房がきいていて暑いと感じることがあります。

着込んで過度に暖かい状態を放置していると、体の熱を放射する反応が強くなり、反対に冷え込みやすくなってしまうのです。

そしてこれにより体温が下がってしまうと、風邪に対する抵抗力がダウンしてしまいます。

以上のことから、寒い外から暖かい室内へと移動した際には、アウターを脱いで不快な暑さを感じないようにしましょう。

子どもの場合はどうする?

保護者が小さい子どもが着る服を選びますが、大人と同じ感覚だと着る枚数が多過ぎる場合があります。

子どもは大人と比較して体温が高いですし、元気いっぱいに動きまわるのが特徴です。

一つの目安として大人より着る枚数を一枚減らしたほうがいいといわれることが多いですが、参考情報として頭に入れておくと良いでしょう。

おわりに

既に述べたように、厚着の習慣がある人は薄着の習慣がある人に比べ、風邪をひきやすいのが特徴です。

頻繁に風邪をひくのが気になっている人の場合、厚着習慣になっていないか見直してみましょう。

関連記事

器質化肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎に症状がよく似ていますが、器質化肺炎は肺胞腔に炎症がおき、肺胞腔の線維化や一部で肺胞間

記事を読む

膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こう

記事を読む

過敏性肺炎の原因・症状・検査・治療

肺炎は通常、ウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染・発症する病気なのですが、過敏性肺炎(かびん

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

肺動脈性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肺動脈性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するには、息をして大気中の酸素を肺から体内に取り込

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多く

記事を読む

肺胞たんぱくの原因・症状・治療

肺胞たんぱく症(はいほうたんぱくしょう)とは、肺胞内にたんぱく様物質が溜め込まれ、正常なガス交換

記事を読む

乾布摩擦と冷水摩擦で風邪予防!

風邪対策に良いとされている健康法に、乾布摩擦と冷水摩擦があります。 この2種類の健康法はど

記事を読む

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることも

記事を読む

妊娠高血圧症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

妊娠高血圧症候群とは 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

細気管支炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

細気管支炎とは 細気管支炎(さいきかんしえん)は、主に生後18ヶ月未満の子ど

漂白剤誤飲を詳細に:症状,対処法,応急処置,治療,予防など

漂白剤誤飲とは 漂白剤誤飲(ひょうはくざいごいん)とは、洗濯用やキッチン用の

上腕骨顆上骨折を詳細に:原因,症状,検査,治療など

大人と比較して、子どもに多い骨折の種類に上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっ

キーンベック病(月状骨軟化症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

キーンベック病(月状骨軟化症)とは キーンベック病(きーんべっくびょう)とは

→もっと見る

PAGE TOP ↑