*

「風邪は万病のもと」と言われるのは何故?

公開日: : 最終更新日:2015/09/17 肺・気管支の病気


ことわざに「風邪は万病のもと」とあり、見聞きしたことがある人も多いでしょう。

ただ、どうしてこのようにいわれているのか、理由まではご存じないという人もいるのではないでしょうか。

ここではなぜ、風邪は万病のもとといわれているのかを解説しますので、興味がある人は以下の内容をご確認ください。

1個目の理由

一口に風邪といっても、さまざまな種類の症状が引き起こされることがあるのは、このページをチェックしているアナタもご理解いただけていると思います。

しかしながら、風邪の諸症状というのは、風邪に特有のものではありません。

風邪と同様の症状を起こす病気は数多くあり、なかには命にかかわるようなものまであります。

具体例を挙げますと、悪性腫瘍、急性肝炎、急性腎炎、血液疾患などといったものがあり、風邪にソックリな初期症状を引き起こします。

このように、数多くの病気の症状が風邪に似ているために、万病のもとといわれているのです。

2個目の理由

この理由のほうが納得していただきやすいと思いますが、風邪はたくさんの病気に発展する危険性があります。

風邪をひいてこじらせてしまうと、二次感染といって肺炎、気管支炎、中耳炎、副鼻腔炎などが起こり得ますし、アレルギーを起こした場合にはアレルギー性鼻炎や気管支喘息などを招くことにもなりかねません。

注意しなければいけないこと

風邪は万病のもとといわれる理由は以上の2個ですが、コワイのは風邪と自分で決め付けてしまうことです。

また、風邪と自己判断したあと、長引いているのに「風邪ぐらいで病院にかかりたくない」といって我慢をするのも良くありません。

実際には風邪ではない別の病気が隠れているのを見逃してしまったり、二次感染をしてしまったりする危険性があるからです。

風邪の場合は1週間ほどで治る場合が多いので、長引くようであれば別の病気を疑ったり、二次感染を防いだりすることを目的に、病院へ行くことが大切といえるでしょう。

まとめ

●「風邪は万病のもと」といわれる理由は、別のたくさんの病気(万病)が似た症状を引き起こすこと、別のたくさんの病気(万病)に発展する恐れがあることの2個。

●風邪はたいてい1週間ほどで回復する。

長引く場合はほかの病気の可能性があるだけでなく、二次感染のリスクがあるため、病院で受診をすることが大切。

関連記事

好酸球性肺炎の原因・症状・検査・治療

好酸球は白血球の一部で、ある種の寄生虫に対して体を守る免疫機能を担っていますが、この好酸球が肺に

記事を読む

風邪ひいた時はお風呂は入って良いのか?悪いのか?

風邪をひいた場合にお風呂には入ったほうがいいのでしょうか。 それとも、入らないでおいたほう

記事を読む

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりまし

記事を読む

COPDの症状・原因・治療

COPDとは、慢性的に気道が閉塞状態になる病気(慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎など)

記事を読む

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁

記事を読む

慢性血栓塞栓性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するためには、息をすることで肺から大気中の酸

記事を読む

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。

記事を読む

無気肺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

無気肺とは 無気肺(むきはい)とは、肺内の空気が極端に減少したり、肺内に空気が入っていない領域

記事を読む

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌

記事を読む

アメーバ性肝膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

アメーバ性肝膿瘍とは 原虫(げんちゅう)の赤痢(せきり)アメーバによる消化管の感染症

膵胆管合流異常を詳しく:原因・症状・検査・治療など

膵胆管合流異常とは 膵臓(すいぞう)で分泌される弱アルカリ性の消化液のことを膵液(す

無気肺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

無気肺とは 無気肺(むきはい)とは、肺内の空気が極端に減少したり、肺内に空気が入って

手根管症候群を詳しく:原因・症状・検査・治療など

手根管症候群とは 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手根管という手首の

空気嚥下症(呑気症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

空気嚥下症(呑気症)とは 空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは、主に精神面の問題によ

→もっと見る

PAGE TOP ↑