*

かかってしまってからの風邪対策

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 肺・気管支の病気


「気をつけていたつもりなのに風邪をひいてしまった・・・」という場合、早く治すにはどうしたらいいか知りたい人もいるでしょう。

ここではひいてしまったあとの風邪対策について解説していますので、気になるという人は以下の内容をチェックしてみてください。

体力の消耗を抑える

風邪をひいてしまった場合には、可能であれば安静にしましょう。

十分な睡眠をとることにより、エネルギーを温存することが可能です。

室内環境を整える

風邪のウイルスは低温・乾燥の環境を好みますので、部屋のなかの温度や湿度を適切に保つことが大切です。

具体的には、室内温度は20~25℃、湿度は60~80%を維持するのが好ましいでしょう。

温かいものを摂る

風邪をひいた場合には温かいスープなどを飲みましょう。

これにより体をなかから温かくすることができ、風邪対策として効果的です。

水分補給をしっかりと行う

発熱の症状がある場合はとくに、汗が多く出て脱水症状を引き起こしやすくなります。

水分補給は十分にして、脱水を防ぎましょう。

栄養補給をしっかりと行う

発熱の症状がある場合はエネルギーの消耗が激しくなります。

消化のいい良質なたんぱく質、ビタミン類、ミネラル類などを補給してください。

不足はサプリメントでカバーするのもアリです。

市販薬を使用する

せき、くしゃみの症状が強く出ていると、体力の消耗が激しくなります。

市販薬で症状を緩和することにより、体力の消耗を少なくできるだけでなく、治りを早くすることにも繋がります。

我慢せずに病院へ行く

症状がツライ場合には、ひたすら耐え続けるだけでなく、病院へ行きましょう。

治りを早くしてくれる薬が手に入りますし、点滴などの処置が受けられます。

おわりに

風邪は軽症で治るまでの期間が短いため、基本的に自然に回復するのを待っていれば問題ありません。

ただ、こじらせてしまうと二次感染するリスクがありますので、症状がひどいようであれば最後に挙げたように病院へ行くことが大切です。

関連記事

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も

記事を読む

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、

記事を読む

お年寄りの肺炎の特徴を知って予防対策!

肺炎は以前から多くの人に起こる病気でしたが、近年では遂に日本人の死因トップ3に入るほどになりまし

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウ

記事を読む

最も気をつけたい子供の肺炎とお年寄りの肺炎

子供の肺炎 肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大

記事を読む

風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいい

記事を読む

膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こう

記事を読む

「風邪」というのは病名?

まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。 びっくりしたかもしれませんが、病院

記事を読む

器質化肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎に症状がよく似ていますが、器質化肺炎は肺胞腔に炎症がおき、肺胞腔の線維化や一部で肺胞間

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

肘内障を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肘内障とは 日常生活の中で、こどもが急に肘を痛がって曲げなくなる病気のことを、肘内障

→もっと見る

PAGE TOP ↑