*

肺胞たんぱくの原因・症状・治療

公開日: : 肺・気管支の病気

肺胞たんぱく症
肺胞たんぱく症(はいほうたんぱくしょう)とは、肺胞内にたんぱく様物質が溜め込まれ、正常なガス交換ができなくなる状態に陥る病気のことをいいます。
肺胞(はいほう)は、内部に空気が入っている小さい袋状の部分のことです。
薄い壁に覆われていますが、この壁には細い血管が存在しています。
この血管をとおる血液に肺胞の中にある空気を供給したり、血液の中にある二酸化炭素を肺胞内に受け入れる役割を担っています。
私たちは息をすることで生きていますが、肺胞はそのために必要不可欠な部分なのです。
肺胞たんぱく症は珍しい部類の病気に入りますが、タバコを吸う30~50歳の人に起こっている割合が高いのが特徴です。
また、男女比では男性によく認められている病気でもあります。
肺胞たんぱく症は自然治癒する人もいますが、悪化する人もいます。
悪化した場合には肺繊維症(はいせんいしょう)と呼ばれる肺が硬くなって縮小する(これを繊維化という)病気が起こる恐れがあり、さらに繊維化が進行すると細菌や真菌が原因の感染症を合併するリスクが増大します。
そのほか、肺に穴があいて空気が漏れ出す気胸(ききょう)により、肺が縮小する恐れもあります。

原因

肺胞の中に充満するたんぱく様物質により、ガス交換に障害が起こることが原因です。
このたんぱく様物質はたんぱく質とリン脂質で構成されています。
たんぱく様物質は肺胞内につくられるというのは前述したとおりですが、Ⅱ型細胞と呼ばれる肺胞壁を構成する細胞の仕業によるものという見方がされています。
ただし、たんぱく様物質がどうしてつくられるのか、明確なことは現状においてわかっていません。

症状

肺胞たんぱく症になるとまずはじめに引き起こされるのが息切れです。
軽くスポーツをしたときなどに息苦しさを感じます。
進行すると普段は簡単に歩けていた坂道や階段ののぼりおりでも息苦しくなるのです。
息切れの症状が引き起こされる原因は、血中の酸素濃度が下がっているためです。
息切れの症状が悪化すると食欲不振の状態に陥り、体重減少を招くことも少なくありません。
息切れ以外の症状だと咳(せき)や発熱も引き起こされることがあります。
また、息切れの症状は血液の病気があるとひどくなることもあり、感染症がある人だと発熱の症状が引き起こされることが多いのが特徴です。

検査と診断

肺胞たんぱく症かどうかを確かめるための代表的な検査方法は、胸部X線検査です。
この検査で写真撮影をすると、肺胞たんぱく質の場合は肺の全体におよぶ微細な粒状の陰影が認められます。
こうした特徴のある陰影が認められたら、生理的食塩水を使った洗浄を行います。
これは陰影があるところの気管支にファイバースコープを挿入して調べますが、黄白色をした液が回収された場合には、診断がつくことになるでしょう。

治療の方法

肺胞たんぱく症は、全体の2割程度の人が自然治癒するのが特徴です。
ただ、放置しておくわけにはいきませんので、無症状であっても経過観察を行っていく必要はあります。
また、悪化したり症状が引き起こされる患者に対しては、生理的食塩水を使った洗浄を行います。
そのためにはまず全身麻酔の状態にし、洗浄にはカーレンスチューブと呼ばれる管が用いられます。
なお、洗浄は左右一度にするのではなく、一方ずつ行われるケースもあります。
それから、1回だけで終わるのではなく複数回洗浄し、黄白色の液を除去していく場合もあります。
複数回の洗浄が行われる場合には、1週間程度の期間をあける形になるでしょう。
この治療方法が上手くいった場合には、たんぱく様物質がなくなり、肺胞たんぱく症が再発する可能性も大幅に低くなると考えられています。
なお、肺胞たんぱく症といっても続発性の場合は、原因となっている病気の治療が優先されます。
さらに先天性の場合は骨髄移植、肺移植が選択されるケースもあります。

関連記事

風邪に効く!民間療法を調べてみた!

民間療法は医療ではなく、家庭で編み出され伝えられてきた治療方法のことをいいます。 風邪に良

記事を読む

非結核性(非定型)抗酸菌の原因・症状・治療

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう)とは、結核菌の仲間で

記事を読む

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

風邪に効くツボで風邪対策!

ツ ボ押し健康法の中には、風邪対策に適しているものも複数あります。 今回は何種類か風邪にいい

記事を読む

過敏性肺炎の原因・症状・検査・治療

肺炎は通常、ウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染・発症する病気なのですが、過敏性肺炎(かびん

記事を読む

「風邪」というのは病名?

まず最初に結論を述べますが、風邪は病名ではありません。 びっくりしたかもしれませんが、病院

記事を読む

クラミジア肺炎の原因・症状・治療・検査・予防

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)とは、細菌の一種であるクラミジアにより発症する肺炎のことをい

記事を読む

リンパ脈管筋腫症(肺リンパ脈管筋腫症)の原因・症状・治療

リンパ脈管筋腫症(りんぱみゃくかんきんしゅしょう)・肺リンパ脈管筋腫症(はいりんぱみゃくかんきん

記事を読む

市中肺炎(院外肺炎)の原因・症状・検査・治療

病院の外で感染して発症する肺炎で、病原体の種類により、細菌性肺炎、非細菌性肺炎、非定型肺炎の3つ

記事を読む

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどう

記事を読む

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)とは 先天性甲状腺機能低下症(せんてんせ

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑