*

非結核性(非定型)抗酸菌の原因・症状・治療

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 肺・気管支の病気

非結核性(非定型)抗酸菌症
非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう)とは、結核菌の仲間である抗酸菌(こうさんきん)により引き起こされる感染症の中で、結核ではない病気のことをいいます。
以前は非定型抗酸菌症という呼称が用いられていましたが、いまは非結核性抗酸菌症という呼称が用いられるのが一般的になっています。
非結核性(非定型)抗酸菌症と一口にいっても複数の種類が存在し、健康な状態の肺に感染する一次型のものと、結核後遺症や気管支拡張症といった病気におかされた肺に感染する二次型のものが挙げられます。
非結核性(非定型)抗酸菌症は、この頃多くなってきている病気であり、劇的な効果を発揮する薬が存在しないことから、患者数は増加の一途を辿り、深刻な状態に陥る人も少なくありません。
特に二次型の非結核性(非定型)抗酸菌症は、高齢の人に引き起こされやすいため、注意が必要です。
なお、結核ではないものと前述しましたが、結核との相違点は人にうつらないこと、病気の進行が早くないこと、抗結核薬による効果が望めないことなどが挙げられます。

原因

この病気を引き起こすのは、非結核性抗酸菌です。
そして非結核性抗酸菌と一口にいっても多くの種類が存在しているのですが、非結核性(非定型)抗酸菌症を引き起こすMAC菌(アビウム・マイコバクテリウム・イントラセルラーレ)と、マイコバクテリウム・キャンサシーなどです。
なお、全体の8割程度はMAC菌(アビウム・マイコバクテリウム・イントラセルラーレ)が原因で、マイコバクテリウム・キャンサシーは全体の1割程度、残りの1割はほかの非結核性抗酸菌となっています。
肺に抗酸菌が定着し、肉芽腫(にくげしゅ)を形成することで感染しますが、病気として引き起こされる仕組みなどは、いまのところ明確にはなっていません。
抵抗力が低下している人や肺の病気を患っている人に引き起こされやすいのですが、健康状態になんの問題もない人でも発病する恐れのある病気です。

症状

慢性的に徐々に肺をむしばんでいくのが非結核性(非定型)抗酸菌症の特徴ですが、自覚症状に乏しく、この病気特有の症状もありません。
ただし、進行すると症状があらわれるようになり、咳(せき)、痰(たん)、血混じりの痰が出る血痰(けったん)、肺や気管支から血が出る喀血(かっけつ)、全身の倦怠感、さらに病気が進行すると発熱、食欲不振、体重減少、呼吸困難などの症状が引き起こされるのです。
なお、軽症で済むことが珍しくなく、その理由は結核より抗酸菌の毒が強くないことが理由と考えられています。

検査と診断

非結核性(非定型)抗酸菌症と診断するためには、一度だけ痰から抗酸菌が検出された程度では足りません。
ある程度の検出頻度と抗酸菌の数が必要になりますし、臨床所見と一致していなくてはならないのです。
それから、結核と区別する必要もありますし、肺真菌症、肺がん、肺炎などを否定しなくてはいけません。
また、胸部X線検査や胸部CT検査などを行い、画像の異常陰影が認められることも確認します。
こうして非結核性(非定型)抗酸菌症と診断されることになるのです。

治療の方法

結核の場合と同様の抗菌薬を併用する治療方法がとられます。
これは多剤併用療法(たざいへいようりょうほう)といって、一般的に3~5種類の薬を組み合わせて同時に使用していく形です。
選択される薬の種類や効果は、非結核性(非定型)抗酸菌症を引き起こす菌種によって異なります。
ただ、薬の効果はあまりよくなく、1~2年間に渡り多剤併用療法を継続しても完治しないこともあります。
また、薬の副作用が引き起こされるリスクもあるほか、使用を途中でストップすると再び悪化することもあるのです。
さらに、治療が終わったあとにまた排菌するケースもあります。
なお、病変部分が限定されている場合には、薬を併用する治療後に手術で病変を除去することにより、完治できる望みがあります。

関連記事

風邪に効く漢方薬のご紹介!

市販の漢方薬には風邪に良いものもあります。 漢方薬は即効性が見込めますし、副作用の心配が比

記事を読む

器質化肺炎の原因・症状・検査・治療

間質性肺炎に症状がよく似ていますが、器質化肺炎は肺胞腔に炎症がおき、肺胞腔の線維化や一部で肺胞間

記事を読む

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん

記事を読む

最も気をつけたい子供の肺炎とお年寄りの肺炎

子供の肺炎 肺炎は大人だけがなるものではなく、子供もなる恐れのある病気なのです。 ある程度大

記事を読む

サイトメガロウイルス肺炎の原因・症状・検査・治療

サイトメガロウイルス肺炎(さいとめがろういるすはいえん)とは、ウイルスの一種であるサイトメガロウ

記事を読む

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこ

記事を読む

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、

記事を読む

肺炎の検査と治療について

肺炎かもしれない場合の検査には何があるのか、どういった治療が行われるのかについて解説していきます

記事を読む

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のこ

記事を読む

インフルエンザ・風邪と肺炎の違いと関連はあるのか?

症状が似ている風邪、インフルエンザ、肺炎ですが、どういった点が違うのでしょうか。 また、これら

記事を読む

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

遺伝性出血性末梢血管拡張症(オスラー病)とは 遺伝性出血性末梢血管拡張症(オ

精巣損傷を詳細に:原因,症状,検査,治療など

精巣損傷とは 精巣(せいそう)は睾丸(こうがん)ともいい、下腹部の陰嚢(いん

日光角化症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

日光角化症とは 日光角化症(にっこうかくかしょう)とは、太陽光などの紫外線を

汗疱を詳細に:原因,症状,検査,治療など

汗疱(かんぽう)とは、手のひらや手指、足の裏に小さい水疱(すいほう)が多発する病気

不整脈を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

不整脈とは 健康な心臓は一定間隔の規則正しいリズムで動いており、1分間で60

→もっと見る

PAGE TOP ↑